ドコモ au ソフトバンク 2019年 夏モデル 秋モデル 最新機種 オススメ スマホは?

2019年の夏に発売されるモデルを紹介したいと思います。

2019年夏モデルは各社から発表され、ドコモ、au、ソフトバンクの3社はすべての機種が出揃いました。

今回各社共通で販売されたスマホというのはXPERIA 1でした。

XPERIA 1はソニーから発売されたフラッグシップとなります。

期待している人はかなり多いことは、間違いないと思います。

ドコモから発売されるなら予約がおすすめ

こちら実際に発表された機種のモックとなります。見た目はXPERIA 1の見た目がかなり大きいことがわかるかと思います。

ドコモから発売される新モデルですが、せっかくなら予約をすることをおすすめしたいですね。

予約をすることで、間違いなく人より早く購入することが可能となっております。

こちらドコモオンラインショップとなっております。

こちらから予約を行うことも可能となっており、予約をするならドコモオンラインショップが一番ラクで便利です。

すでに知っている人も多いかと思いますが、ドコモオンラインショップでの購入は事務手数料が無料となります。

これはかなりありがたい施策ですね。

ドコモオンラインショップで発売前に予約を行うと発売日に自宅にスマホが届きます。

それも非常にありがたいメリットかと思います。予約購入をする場合というのは、基本的に特典がついていることが多いです。

ここ最近のスマホの予約購入はざっくりですが、5000円〜2万円ほどのものが予約特典としてついているのです。

XPERIAシリーズなら5000円分のギフト券がついていたり、GALAXYシリーズなら過去にはVRなどのおまけもついてきました。かなりメリットのある予約特典がついてくるのです。

実際にスマホを利用する場合にそのおまけを利用する場合というのは結構多いと思います。GALAXYシリーズのVRなどは楽しんだ人もかなり多かったと思います。

正直なところこのおまけが欲しくて予約を行うわけですが、予約購入するほうが間違いなくお得に購入することができるのです。

こちら動画にて解説しているページとなっております。こちらも合わせてご確認ください。

ドコモ夏モデルの発表会を正式発表

ドコモが夏モデルの発表会を正式に発表しました。

https://www.nttdocomo.co.jp/product/promotion/19_docomo_collection/

こちらがURLリンクとなっております。

ドコモが正式に発表し、夏モデルへの期待がかなり高まってきたと思います。

また2019年6月1日からドコモオンラインショップではホームページのリニューアルも行われます。

そういうこともあり、かなり楽しみですね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

XPERIA 1 ONE

XPERIA 1というモデルが発売される見込みです。

XPERIA XZ4 動画で解説 見た目や画面サイズ デザインはどうなるの?

2019年1月11日

こちらXPERIA 1に関して動画で解説している記事となっております。

CPUと呼ばれるコンピュータに搭載される頭脳は最新のSnapDragon855が採用される見込みになっております。

このSnapDragon855というのは、日本で販売されるハイエンドモデルには搭載される予定のCPUとなっております。

RAMの容量に関しても6GBとなっており、今までと比較しても容量が高いです。

前モデルであるXPERIA XZ3でのRAMの容量は4GBでした。それからすると1.5倍のRAMの容量となります。

1.5倍のRAMの容量となっておりますので、2019年に発売されたとしても2年は余裕で利用できるモデルになることは間違いないでしょう。

ROMの容量に関しては64GBとなっており、iPhoneなどでは512GBものROMを持ったモデルの販売も行われておりますが、ROMの容量がここまで大容量なのはMicroSDがないからです。

MicroSDも搭載されます。512GBという非常に大容量のMicroSDを搭載することになりますので、動画などを大量に入れても問題はありません。

ROMの容量も128GBとなっており、こちらもかなりの大容量モデルとなっています。

Androidスマホの特徴は後から内蔵ストレージをアップすることができるということです。それだけでもかなりメリットがありますね。

昨今はそれでもROMの容量が上がってきている機種が徐々に増えていますね。

カメラのレンズはトリプルカメラとなります。トリプルカメラを搭載しているモデルというのは、非常にきれいな写真などを撮ることができるということで、かなり重宝されることは間違いないと思います。

XPERIA XZシリーズではPREMIUMモデルにのみデュアルカメラを搭載しておりました。それが普及モデルであるXPERIA 1にも複数のカメラが搭載されるということはかなりメリットがあるのではないでしょうか。

3つのカメラのレンズになるということで、どのようなカメラになるのかということですが、まだ未定です。通常であれば広角、望遠、通常となるわけですが、カラーセンサーとモノクロセンサーというものをXPERIA XZ2 PREMIUMでは搭載しております。

そのためその延長になる可能性も十分にありえます。

XPERIA 1に関してはこちらの動画でもまとめているので、一度こちらの動画も含めてご確認いただければと思います。

SO-02L ドコモ XPERIA ACE エクスペリアエース スペック 予約 発売日 デザイン 購入 オススメ

2019年5月31日

こちらに2019年2月に入ってからの情報を掲載しておきます。ドコモからはSO-02Lという名称で販売されそうです。

こちらで予約キャンペーンも記載しておりますので、ドコモオンラインショップから購入してみてはいかがでしょうか?

XPERIA XZ3の名称がSO-01Lなので、それの次ということで、SO-02Lになる見込みです。

XPERIA 1は前評判も非常に高いモデルとなっておりますので、期待している人も多いと思います。XPERIAシリーズの購入を行うのであれば、ドコモが一番オススメでしょうね。

ドコモとauから発売される見込みですが、ドコモ版とau版というのはさほど違いはないかと思います。

ベースは同じとなっていると思いますね。また日本専用モデルということもあり、地デジの搭載は間違いないでしょう。

Androidスマホでは地デジが搭載されることは当たり前になってきており、地デジの搭載というのは、基本的にAndroidならではのことです。

地デジを楽しめるということは本当にありがたいですね。

実質的なPremiumモデルとして登場するXPERIA 1です。今までPremiumシリーズに触れたことのない人でも十分楽しめる機種となっておりますので、XPERIA 1は買いの機種であることは間違いありません。

ドコモモデルはSO-02Lとなりますが、他社からも同様のモデルの発売は行われる可能性が非常に高いですね。

実質的にSO-02LというのはPremiumモデルという位置づけとなっておりますので、各社Premiumモデルという位置づけのものは儲かるためにどうしても売りたいことは間違いないと思います。

SO-02Lの価格設定が非常に気になるところではありますが、価格は10万円を超えるとも予想されております。相当高額なモデルになることは間違いないでしょう。

SO-01Lの価格設定というのが、10万円を切る価格帯でしたが、残念ながら10万円を超える価格帯になることは、間違いないと思います。

GALAXY S10とGALAXY S10+

GALAXY S10シリーズが2機種発売される可能性も十分にあります。GALAXY S10というのはGALAXY S9の後継となっており、いろいろな情報も出ております。

すでにいくつかの画像なども流出しており、こちらを確認いただければと思いますが、まずはGALAXY S10というのは右上にパンチディスプレイというものがあります。

そのパンチディスプレイと呼ばれるディスプレイが搭載される予定になっております。

それは見た目の話なので、少し中の話にいってみたいと思います。

GALAXY S10というモデルでは5Gに対応したモデルの販売も行われる予定になっているようです。

5Gに対応したモデルというのは、2019年の初旬ではまだそこまで販売されることはないでしょう。

日本でも5Gに対応したモデルというのは、そこまで多く発売するとは思っていないでしょう。実際にサービスn開始は2019年の秋頃ということで、それに対応したモデルの発売は秋頃がメインになると思われます。

GALAXY S10は5Gに対応したモデルというのは1つだけ販売されると思われますが、5Gに対応したモデルは2019年の初旬ならまだそこまで注目を浴びることはないでしょう。

GALAXY S10 5Gのスペックはこちらのリンク先から見ていただけるかと思いますが、GALAXY S10 5Gは日本でまだ5Gのサービスが開始されていないということもあり、販売される見込みは少なくなるかと思います。

2019年の秋ごろからプレサービスというものが開始されるかもしれません。その時にGALAXY S10 5Gの貸出などが行われる可能性は十分にありえるかと思います。

今のところGALAXY S10 5Gは販売されないと思います。

前面のパンチディスプレイが気になると思いませんか?

こちらGALAXY S10の前面ディスプレイとなっておりますが、前面ディスプレイに関していえばパンチディスプレイになっております。

前面のパンチディスプレイというのはデュアルカメラが搭載されるということのようです。前面にもデュアルカメラが搭載されるということで、背面のカメラだけでなく、前面カメラにもかなり期待したいです。

こちらの画像を見てもらいたいのですが、背面には4つのカメラが搭載される予定となっており、背面のカメラに関してもかなり期待したいです。

基本的にカメラというのは、普段からよく利用するものです。最近カメラの数が非常に増えてきておりますが、カメラが4つというのは本当にすごいですね。

4つのカメラを搭載するモデルというのは、今のところほぼありません。

GALAXY A9 ギャラクシーA9 2018 スペック クアッドカメラ搭載 性能は?

2018年11月27日

こちらのモデルくらいではないでしょうか。非常に少ないモデルとなっております。

このように4つのカメラを使ってみたいというユーザーがかなり増えてくるのではないでしょうか。

GALAXY S10+などの 2019年モデル 発表 デザイン 画面サイズ スペック カメラはトリプル 1TBのROMのモデルも

2019年6月3日

最新のGALAXY S10及びGALAXY S10+の情報をこちらに記載しておきます。

基本的にはこの2つのモデルが販売されると思われます。

GALAXYシリーズというのはドコモウィズ専用のモデルも販売している経緯もあり、ひょっとすると同様のものが出てくる可能性があります。

GALAXY BUDSを予約で全員にプレゼントという施策を実施しているということは非常に嬉しいですね。

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL

富士通からドコモウィズ対象機種が発売されるかもしれない

2018年の冬モデルではシャープからAQUOS Sense2というモデルの販売が行われました。

そのため、2019年の夏モデルでは富士通がドコモウィズ対象のモデルの販売を行う可能性が十分にあります。

基本的にはAQUOS Sense2と呼ばれるモデルというのは、カメラなどの定評も非常によかったわけです。

それに追随する形で富士通からも発売される可能性があるのです。

富士通は最近ミル規格などのモデルも販売しており、今までのハイスペック路線から若干ニッチな路線に変更してきております。

ARROWS Beシリーズとして最近は廉価版のモデルにも力を入れていると思われます。

廉価版といったところで、かなり使えるモデルになっているのです。

docomo With お得 ドコモウィズ ドコモで機種変更 1500円の値引きを毎月受けつつ SIMフリー端末を利用

2019年4月24日

こちらドコモウィズに関してのページとなっております。ドコモウィズは非常に安価に維持できることから最近かなりの人が契約をしているようですね。

iPhone6sなどの販売も行っており、iPhone6sの売上もかなりいいようです。この分野でも富士通は今後頑張っていくものと思われます。

それはそれでかなり期待出来ますよね。

ドコモウィズは今後分離プランの提供によりなくなるかもしれません。

そうなると富士通はどのようなモデルを販売してくるのでしょうか。そのあたりも少し気になるところですね。

AQUOS Sense2の後継モデルとなるモデルの発売はさすがにないと思います。

AQUOS R3の発売

AQUOS R3が各社から発売されます。

AQUOS R3はau及びソフトバンクからは発表されております。

AQUOS R3はドコモからも発売されるでしょう。

AQUOSシリーズというのは非常に人気の高いシリーズとなっているため、かなり売れるのではないかと思っております。

シャープの機種というのは、それなりに売れているモデルとなっており、今回はPRO IGZOというものを採用します。

CPUにもSnapDragon855を採用しており、かなりいい感じに仕上がっているモデルとなっております。

カメラもデュアルカメラを搭載しており、動画専用と静止画専用の2つのカメラを保持しているモデルとなっています。

XPERIA 10/10Plus/L3などの機種が登場するかもしれない

通信費との完全分離プランが発表されました。

ドコモ 2019年 新料金プラン ギガホ ギガライト 最低維持費 値引き 通信費がかなりお得に

2019年6月5日

こちらが分離プランとなりますが、2019年6月1日以降の施策となっておりますので、2019年6月1日以降に販売されるモデルになると思われます。

それに伴いソニーは廉価版のスマホを発表する可能性があるようです。

その時にXPERIA 10そしてXPERIA 10 PlusXPERIA L3の3つのモデルの発表を行いましたが、これらのいずれかのモデルの発売を同時に行うかもしれません。

それでは3つのモデルのスペックを見ていきましょう。

モデル名 XPERIA 10
寸法 156 x 68 x 8.4 mm
重さ 162g
OS Android 9.0
画面サイズ 6.0インチ
画面占有率 79.21 %
解像度 FHD+ 縦横比率21:9
ディスプレイ 液晶
プロセッサ Snapdragon 630
RAM 3GB
内蔵ストレージ 64GB
microSD 最大512GB
前面カメラ 800万画素
背面カメラ 1300万画素 F2.0 Pixel size: 1.12 μm/500万画素 F2.4 Pixel size: 1.4 μm
WiFi 802.11 a, b, g, n, ac
Bluetooth 5.0
Payment NFC
カラーバリエーション ネイビー、ブラック、シルバー、ピンク
バッテリー容量 2870mAh
認証センサー 指紋認証(サイド部分)
LTE GSM:850, 900, 1800, 1900 MHz
UMTS:850, 900, 1700/2100, 1900, 2100 MHz
LTE (FDD):Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 12, 13, 17, 25, 28, 29, 66
その他 防水非対応、USB-C

画像引用元:itmedia

XPERIA 10 Plusのスペック

モデル名 XPERIA 10 Plus
寸法 167 x 73 x 8.3 mm
重さ 180g
OS Android 9.0
画面サイズ 6.5インチ 4K有機EL
画面占有率 81.13 %
解像度 FHD+(1080 x 2520) 縦横比率21:9
ディスプレイ 液晶
プロセッサ Snapdragon 636
RAM 4GB
内蔵ストレージ 64GB
microSD 最大512GB
前面カメラ 800万画素
背面カメラ 1200万画素 F1.75 Pixel size: 1.25 μm/800万画素 F2.4 Pixel size: 1.12 μm
WiFi 802.11 a, b, g, n, ac
Bluetooth 5.0
Payment NFC
カラーバリエーション ネイビー、ブラック、シルバー、ゴールド
バッテリー容量 3000mAh
認証センサー 指紋認証(サイド部分)
LTE GSM:850, 900, 1800, 1900 MHz
UMTS:850, 900, 1700/2100, 1900, 2100 MHz
LTE (FDD):Bands 1, 2, 3, 4, 5, 7, 12, 13, 17, 25, 28, 29, 66
その他 防水は非対応

XPERIA L3のスペック

モデル名 XPERIA L3
寸法 154 x 72 x 8.9 mm
重さ 156g
OS Android 8.0
画面サイズ 5.7インチ
画面占有率 81.0%
解像度 HD+ (720 x 1440) 縦横比率18:9
ディスプレイ 液晶
プロセッサ MediaTek Helio P22 MT6762 8コア 2.0GHz
RAM 3GB
内蔵ストレージ 32GB
microSD 最大512GB
前面カメラ 800万画素
背面カメラ 1300万画素 F2.2 Pixel size: 1.12 μm /200万画素 F2.4 Pixel size: 1.75 μm
WiFi 802.11 a, b, g, n
Bluetooth 5.0
Payment NFC
カラーバリエーション シルバー、ブラック、ゴールド
バッテリー容量 3300mAh
認証センサー 指紋認証(サイド部分)
LTE GSM:850, 900, 1800, 1900 MHz
UMTS:850, 900, 1700/2100, 1900, 2100 MHz
LTE (FDD):Bands 1, 2, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 28, 29
その他 防水なし

こちらが3つのモデルのスペックとなりますが、スペック的にはこの3つのモデルのスペックがそこまで高いというわけではありません。

それでもスペック的には廉価版のスマホとしてはちょうどいいのです。

L3の価格はグローバルモデルの価格で25000円ほどとなっており、ドコモの分離プランからするとちょうどいいわけです。

そういうことを考えるとこれら3つのモデルの発売の中でいずれかのモデルが発売される可能性というのは十分ありえます。

XPERIA 10 Plusというのは、XPERIA 1と画面サイズ的にかぶる可能性があるので、販売されないかもしれませんが、それ以外のモデルに関しては十分可能性はあるのです。

XPERIA 10というのは、廉価版モデルという位置づけとして販売されるかもしれません。

分離プランの登場でドコモウィズプランはなくなる

今後分離プランというものがドコモから出てきます。この分離プランというのは通信費との分離ということになります。

通信費と本体代金が分離されるプランが登場するということで、ドコモウィズプランというものはなくなる可能性が非常に高いです。

今後分離プランが登場することにより、普通の契約で行う通信プランがドコモウィズと同様の価格帯になる可能性が非常に高いのです。

ドコモは通信費を4割下げるということを公言しており、2019年4月にも新しいプランを投入する見込みのようです。

そのため新しいプランというのは、近々お目見えするわけですが、毎月1500円を通信費から割り引くプランとしてドコモウィズというものが出ております。

docomo With お得 ドコモウィズ ドコモで機種変更 1500円の値引きを毎月受けつつ SIMフリー端末を利用

2019年4月24日

こちらがドコモウィズに関して説明しているページとなっております。こちらをご確認いただければと思いますが、ほぼすべての料金プランで現行より、1000円以上の値引きが行われるのであれば、ドコモウィズがなくなってもおかしくはありません。

分離プランにすることで、通信費を下げるということは、十分に考えられることなのです。

2年以上継続して同じ機種を持ち続ける人にとってはかなり美味しいプランになることは間違いないでしょうね。

分離プランを導入することを前提にスマホを購入するということで、スペックが高いモデルの販売は今後難しくなるかと思います。

P30 PROの発売は期待

Huawei P30 /P30 Pro スペック HW-02L カメラ 価格 ドコモ 日本 格安スマホ UQからの発売は?

2019年5月16日

こちらP30に関する記事となっておりますが、P20というモデルは2018年にドコモから発売されました。

それに伴いP30というモデルの開発も現在行っているわけですが、P30というモデルというのは、今後ドコモから発売される可能性も十分にありえます。

P30というモデルはHuaweiのフラッグシップモデルということもあり、非常に期待されるモデルの一つでしょう。

スペック的にはGALAXY S10やXPERIA 1のようなモデルとそれほど変わらないレベルにまで成長していることは間違いないと思います。

P30というモデルはかなり人気が高くなるモデルの一つかと思います。

とにかくカメラ性能に関してはピカイチなモデルになることも予想される為、カメラをメインに検討している人ならこのP30というモデルもありではないかと思います。

P30 PROというのは、P20 PROの後継ということも考えるとドコモから発売される可能性というのは非常に高いでしょう。

最近ではHuaweiのルータの販売も行われており、Huaweiはいろいろ世界的に叩かれているものの、コスパは非常に優れている機種となっているのです。

P30シリーズの中でもPROシリーズのスペックは非常に高く、かなりオススメできるモデルの一つなのです。

カメラ性能は正直なところ他社と比較してもおそらく抜群にいいでしょう。カメラ性能がいいスマホというのは、これからも発売され、XPERIAシリーズやGALAXYシリーズでも3つのカメラを搭載し、かなり期待している人も多いと思いますが、Pシリーズというのは今回本当にカメラ性能はP20よりも当然ながらかなりいいです。

Google Pixel3a Pixel3aXLがやってくる?

Googleは新しいPixelを2019年5月8日に発表しました。

Google Pixel3a Pixel3aXL スペック 発売日 価格 日本 2019年 ドコモ ソフトバンク 夏モデルとして登場?

2019年6月4日

それも日本で発売開始されるのでしょうか。ひょっとすると夏モデルという位置づけでの販売ではなく、Pixel3aに関しては、Pixel3の後継モデルという位置づけでしょうか。

基本的に性能があがることは間違いありません。すでに発売されているGooglePixel3も十分性能が高かったのですが、さらにそれよりも性能があがる可能性が高いということで、かなり期待できるモデルの一つになる可能性があります。

Google Pixel3aという名称のモデルが発売される予定になっているようですが、Google Pixel3aGoogle Pixel3と比較してもさほど変わらないモデルとなっています。

Google Pixel3RAMの容量は4GBでしたが、Google Pixel3aでもRAMの容量は4GB程度にとどまると予想されております。

Google Pixel3aGoogle Pixel3との差別化は難しいため販売されない可能性もありえますが、基本的に新しいモデルになると古いモデルよりも売れるモデルになるため、実は各社取扱は行いたいと思います。

Google Pixel3をドコモから販売していた実績もあり、Google Pixel3aは売れるモデルになると思います。

最新の情報では廉価版になるとの情報もあり、廉価版として販売された場合は、分離プランにはもってこいの機種になることは間違いないでしょう。

廉価版といっても5万円程度はするモデルとなっておりますので、それなりに高額なモデルとなります。

機種代金が安価なほうが最近は人気が高いので、スペックよりも価格重視という人もかなり多いと思われます。

ソフトバンクからは正式にキャリアモデルとして発表されました。

AQUOS R3の発表が行われる

AQUOS R3の発表がありました。

AQUOS R3 アクオスR3 スペック 価格 発売日 ドコモ au ソフトバンク シャープ

2019年6月12日

こちらを確認してみてください。

最新のスペックであるSnapDragon855を搭載しており、スペック的には非常に高いスペックとなっております。

RAMも6GBを搭載しており、外部ストレージも128GBとなっており、かなり高めの外部ストレージの容量となっております。

AQUOS ZEROという製品の発表が行われたため、Rシリーズの発売は見送られるかと思いましたが、AQUOS R3として販売されたことは少し驚きです。

シャープは以前からAndroidのメーカーとなっており、業界での信頼性も高いです。そういうこともあり、今回のAQUOS R3に関しては期待したいところです。

メーカーからAQUOS R3の発表が行われたことに伴い、今後キャリアから発表されることは間違いないでしょう。

かなり楽しみですね。

GALAXY S10はauからも発売予定

GALAXY S10はauからも発売される予定になっています。GALAXYシリーズというのは、日本だけでなくグローバルモデルで発売されておりますので、かなり期待できるモデルの一つとなっています。

auからGALAXYシリーズが発売されるとスタートダッシュキャンペーンというものが出てくることは間違いないでしょうね。

ドコモでも同様にスタートダッシュキャンペーンというものが出てくると思われますので、かなり期待したいところではあるかと思います。

新プランがドコモから出てきますが、auはすでに分離プランを導入しており、新しいプランが出てくるということはないといっていましたが、おそらく追随したようなプランが今後出てくることは間違いないと思います。

auモデルもドコモモデルも基本的には同じ仕様として発売されます。

よってどちらが上とか下とかはありません。この2つのモデルは同じモデルとなるでしょう。

GALAXY S10 /S10+ 保護ケース カバーの購入 手帳ケース オススメ

2019年6月12日

すでにケースの販売もGALAXY S10は販売されております。

2019年 夏モデルでは新料金プランに対応したモデルのみの発売に?

こちら新料金プランのシミュレータになっています。

こちらから新料金プランになればどのような料金の支払いになるのかということがわかるかと思います。

新料金プランを利用することにより、外出先でも動画などをかなり見ることができる「ギガホ」とあまりネットをしないという「ギガライト」と呼ばれる2つのプランが紹介されております。

新料金プランは6月1日からとなっており、6月1日には新料金プランのモデルのみが発売される予定になっております。

ということで、それまでの新モデルの発表はないと思われます。新モデルを6月1日までに発売すると月々サポートやドコモウィズに対応したプランを出す必要があるからです。そのため6月1日まで料金プランは待つでしょうね。

ドコモ 2019年 新料金プラン ギガホ ギガライト 最低維持費 値引き 通信費がかなりお得に

2019年6月5日

こちらに新料金プランのことが記載されている記事がありますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

今回は新しいスマホが続々と登場されます。その時に若干ですが、安価に発売するプランも出てくる予想なので、どれくらい端末購入時の割引になるのかというところも期待したいですね。

2019年夏モデルで販売される機種は基本的に新料金プランの料金が適用されます。

新プランの料金が適用されることで、端末の端末購入サポートがなくなり、購入する時に高いと思うかもしれません。それでもトータル的には維持費が下がっているケースもあるかと思いますので、そこは検討していただければと思いますね。

新料金プランに伴いトータル維持費は2019年5月31日までとさほど変わらない

ドコモから発売された新モデルというのは2019年6月1日以降となっており、新料金プランが適用されたモデルとなりました。

それに伴い、新料金プランへの以降を検討している人もかなり多いと思いますが、実際には、スマホの割引がなくなったことにより、トータル維持費が高くなってしまうというケースも出てきているようです。

それは本当に本末転倒ではないかと思います。

通信費削減のために出てきた新料金プランですが、スマホへの割引がなくなることにより、新料金プランを適用させて購入した場合というのは、残念ながらトータル的な維持費が高くなるという、非常に残念なことになっているようですね。

そのため今回2019年5月にかなりの駆け込み需要があったようです。駆け込み需要のほうがお得に契約できると考えた人が多かったようですね。

確かに私もそう思いますが、駆け込み需要で購入された方というのは、すべてドコモウィズをメインに検討された方でしょうね。それ以外は残念ながら高額な維持費になってしまいます。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA