• HOME
  • ブログ
  • Android
  • OPPO R19 /PRO /NEO スペック 発売日 2019年モデル カメラはディスプレイ内蔵に

OPPO R19 /PRO /NEO スペック 発売日 2019年モデル カメラはディスプレイ内蔵に


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

OPPO R19と呼ばれる次のモデルの詳細が徐々にわかってきたようです。2019年にも発売される予定になっているということで、期待している人も多いと思います。

R15の次はR17となっており、次のモデルはR19になる可能性が高いということです。

OPPOと呼ばれるメーカーは日本ではまだそれほど馴染みのないメーカーとなっておりますが、先進的な技術を取り入れているメーカーとも言われており、日本でもR17と呼ばれる機種をUQが採用するなど、これから日本への進出も間違いなく行われると思われる機種の一つとなっております。

このOPPO R19ですが、次に発売されるモデルの詳細が徐々に明らかになってきているようですね。

OPPO R19はどんな機種になる? スペックは?

こちらがOPPO R19の見た目としてはディスプレイ内部にカメラが出てくると思われます。

最近2019年には間違いなく流行っていくと思われますパンチカメラとなっております。

そのためノッチがなくなり、非常にすっきりとした見た目になることは予想できるかと思われます。

とはいうもののこのようなコンセプト画像もあり、こちらはノッチが存在します。

ノッチというのは当たり前になりつつあり、正直なところどうなっていくのか今のところ未知数ですね。

個人的にはノッチがあっても構わないわけですが・・・

また指紋認証技術というのは、ディスプレイに内蔵されることはほぼ間違いないと思われます。

ディスプレイに内蔵される指紋認証技術というのは2019年にもかなりの数のスマホに搭載されると思われます。指紋認証のほうがロック解除はしやすいですからね。

背面に指紋認証があったとしてもロック解除をするのは結構面倒です。やはり前面にロック解除があったほうが間違いなくロック解除はしやすいですね。

2種類のモデルが発売されるかもしれない

R19は引き続き複数のモデルが発売されるかもしれません。

R19 NEO
R19 PRO

この3種類です。この3種類のモデルが発売されることにより、それぞれのスペックの違いというものも出てくると思われます。

PROモデルが一番上位のモデルになると思われます。

Qualcomm Snapdragon 710を搭載したPROモデルそしてNEOはSnapDragon 660を搭載しております。

若干のスペックの違いとなっております。

次に発表されるモデルならSnapDragon720そしてSnapDragon670になる可能性もあるかと思います。

基本的にはスペックというのは徐々に良くなっていきますからね。

今後SnapDragon720 730あたりの開発も進んでいるということなので、低価格でありながら高性能のCPUを搭載しているモデルの発売もあるかもしれません。

こちらがそのモデルとなっております。非常にこちらも期待したいCPUの一つであることは間違いないでしょう。結局のところ新しいCPUというのはそのスマホの動作に影響するため、CPUにいいものが入っているとそれだけで動作が快適になるものです。

カメラには期待していいかも

このOPPOですが、カメラには定評があるようです。Find Xと呼ばれる機種を発表したときもそうですが、非常に面白い形状となっております。

R19でこのような形状になるかどうかわかりませんが、カメラに関してはなにかおもしろいものを搭載してくる可能性があります。

こちらがそのカメラですが、いわゆるスライドするカメラが搭載されており、前面などにはカメラなどが一切ありません。新しい形状のものとなっているのです。

このようにカメラなどに関するメーカーのこだわりが非常に見える機種となっており、Rシリーズでもこのような面白い形状のモデルが発売されるかもしれません。

カメラは本当に面白いので、期待していいのかもしれません。

UQモバイルからの発表はあるかもしれない

UQ mobileからの発表はあるかもしれません。

すでにOPPOの機種の販売を行っており、UQ mobileから発売される可能性は非常に高いでしょう。

それをかわきりに他のメーカーからの発売も今後は期待したいところです。

日本市場において、どんどん中国製のスマホが出てきております。

iPhoneの人気はあまり変わりませんが、今後その勢力図というのが変わっていく可能性というのは間違いなく出てくるかと思われます。

UQはauのサブブランドとして非常に人気の高いキャリアの一つとなっております。時間帯と場所によってはauよりも通信速度が早くなるなどかなり優秀だと思います。

このOPPOに関していえば2018年からの取扱を開始しており、今後取扱を伸ばしていくものと思われます。

OPPOは低価格でありながら非常にスタイリッシュかつ最新の技術を取り入れているスマホとなっているため、取り入れてもかなり販売が望めるということなのでしょう。このOPPOも格安スマホとして日本に登場し、サブブランドで取り扱われるのは今回が初めてとなります。

次のモデルでもかなり期待されると思われます。R19という次のモデルの取扱もUQから行ってもらいたいですね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA