ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換え MNPをする人が非常に多くいる


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

最近ソフトバンクショップとワイモバイルのショップが合体されていることを知っていますか?

ワイモバイルというのはソフトバンクのサブブランドとなっており、価格などもかなり安価に維持することができるショップとなっているのです。

そのためソフトバンクを利用していながらもワイモバイルのスマホやサービスを目にする機会というのが増えているという現状があるのです。

ソフトバンクというのは、基本的に最新の新しい機種を取り扱うショップとなっており、ワイモバイルというのは廉価版モデルを中心に扱うキャリアとなっております。

基本的にはソフトバンクというのは、iPhoneなどの最新モデルを取扱いワイモバイルはiPhoneでもiPhone7の取扱しかありません。

そのため最新のiPhoneがほしい人はどうしてもソフトバンクを契約する人が多いわけです。

それではソフトバンクからワイモバイルへ乗り換えるということはどういうことでしょうか?

割引が初年度1年しかないものが多い

通信費や通話の割引というのは初年度1年のみしか割引を行ってくれないことが非常に多いです。

それは各社ともほぼ共通となっており、契約した初年度は結構お得に維持することが可能なのです。

そのため1年を超えてスマホを維持しようと思うのであれば、間違いなくもったいなくなってしまいます。

要するに1年経過すると維持費が上がるわけです。維持費が上がるということは、今までの維持費と全く異なるためにどうしてもこの維持費がどうにかならないか?とソフトバンクショップに相談する人も出てくると思われます。

そのため1年を経過したあたりにソフトバンクショップに相談に来られた人がワイモバイルへの乗り換えをすすめることがあるようなのです。

ワイモバイルも1年の割引

ワイモバイルに関しても初年度1年だけの割引などがついていることが多いと思います。

そのためワイモバイルへSIMだけ乗り換えて、今利用している機種をそのまま利用するということをするようです。

そうすることで、トータル的な維持費を下げることが可能です。

ここで違約金が発生しますが、ワイモバイルをまた1年所持することで、その違約金分に関しては相殺することが可能になるわけです。

人によっては1年ではなく2年目にワイモバイルに乗り換えるということをする人もいるようですね。

このように1年置きに施策をしているキャリアへ乗り換えるということを定期的に行う人が非常に多いように感じます。

ワイモバイルの割引が終わればソフトバンクにMNP

そしてワイモバイルのサービスが終わればソフトバンクにMNPを行う人も出てくるのです。

ワイモバイルからソフトバンクへのMNPは1年以上経過していればMNPにかかる費用は必要ありませんので、そういう意味ではソフトバンクに戻ってきやすいわけです。

そうすることで、ソフトバンクとワイモバイルといったりきたりする人も出てくるということです。

そのほうがトータル的な維持費だけを見るとお得になるわけです。

ワイモバイルは格安ブランドとなっておりますが、実際の電波はソフトバンクとなんらかわりません。

そのため、ソフトバンクからワイモバイルへの乗り換えに関して気にすることはないかと思います。

オンラインショップで検討

こちらそれぞれのオンラインショップとなっております。オンラインショップでそういうことを行うことも可能となっております。

ぜひオンラインショップを利用して乗り換えを行うということも検討してみてください。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA