ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

Android10.0 AndroidQ 新機能 便利 オススメ 変更点 販売日はいつのなるの?

Android10.0というAndroidの新しいバージョンが2019年にも発売されると思われます。

Android10.0は「Q」と呼ばれる可能性が非常に高いことがわかりました。

Qの正式名称は何?

今のところキッシュの可能性が高いといわれております。

英語名では「Quiche」となっております。

そのため「Q」というのはキッシュの可能性が高いということです。

実際はこちらは名称だけの話なので、Android9.0の次のモデルということで、実際の比較は行いたいと思います。

それではAndroid10.0に搭載される機能はどのような機能が搭載されるのでしょうか。

まずは予想も踏まえてお伝えしたいと思います。

Android10.0に搭載される機能

Android10.0に搭載される予想機能ですが、複数台のカメラを操作する機能というのは追加される可能性があるでしょう。

2018年からスマホでもデュアルカメラを搭載する機種というものがどんどん増えており、複数といってもそれ以上のカメラを搭載する機種というものが出てきております。

これらの複数のカメラを制御する機能を搭載するということはやはりメーカーにとっても結構な負担かと思われます。

それらの機能をOSレベルで制御できるのであれば、メーカーとしては非常に助かるかと思います。。

Android10.0くらいになるとそれらの機能が搭載される可能性も十分にあるかと思います。

続いては認証機能の強化もあるかと思います。

指紋認証機能などはすでにOSレベルで対応されているかと思いますが、それ以外の認証機能に関してOSレベルで追加される可能性も十分にありえます。

各社が独自に認証機能を開発するとなるとかなりの工数が発生するのです。

そういう意味では新しいバージョンではそれらの機能がOSに内蔵される可能性も十分にありえるわけです。。

OSに標準搭載されると開発コストはかなり下がるものと思われます。

Androidを広める上ではいろいろなメーカーに開発してもらいたいわけですから、標準搭載される可能性も十分にあるでしょうね。

最近はこのバイオメトリック認証に頼る認証でもセキュリティが甘いと言われるケースもあります。

いわゆるピースサインをした状態でそのピースサインで採取された指紋でセキュリティが突破出来たという事例はいくらでもあるわけです。

スマホというのは個人情報の宝庫となっており、そういうことで情報が流出するほうが問題あるわけです。

そういうことを考えるとある程度セキュリティチェックは行っておくほうがいいかと思いますね。

パンチカメラに対応する可能性も非常に高いと思われます。現在のAndroid9.0ではノッチに対応しております。

iPhoneXでノッチを採用するとそのノッチを真似したようなAndroidがいろいろ出回っております。

そういうことを考えるとノッチに対応されたモデルがAndroid9.0なのであれば、Android10.0ではもっと厳しい認証にするべきですよね。

やはりこれらの対応を行う上で難しいかもしれませんが、新しい認証機能というものを開発してほしかったですね。

次世代通信規格5Gへの対応

次世代通信規格5Gに対応しています。日本では2019年の秋ごろから一部のユーザーによるテスト運用が開始されると言われております。

まずは、東名阪でのサービス開始になると言われており、5G通信になることで4G通信の100倍の通信速度になります。あくまで理論上の話なので、実際にはここまで高速にはならないかもしれませんが、4Gよりは確実に高速通信を行うことが可能です。

2020年の春ごろには5Gへのサービス開始となる予定となり、それまでに5Gに対応したスマホを販売する計画もあるようですね。

2019年の夏モデルでは5Gに対応したスマホの販売というのは、行われておりませんでしたが、2019年冬モデル、2020年春モデルでは5Gに対応したモデルの発売も行われると思われます。

Galaxy S11やGalaxy Note10などの最新機種は5Gへの通信が可能な機種として発売される予定です。

OSが標準で対応することにより、5G通信するためのソフトウェア的な対応を各社行う必要はなく、OSレベルでの対応ということにより、メーカーの負担は減る見込みです。2020年時点では、5G対応のスマホもまだそこまで多くはないと思いますが、2020年冬モデルあたりからかなり増えてくると思われます。

ベゼルレスディスプレイへの標準対応


画像引用元:https://www.gizmodo.jp/2018/05/vivo-apex.html

ベゼルレスディスプレイにOSレベルでの対応が可能となります。昨今ベゼルレスと呼ばれるディスプレイが、本体の端っこまできているスマホというものが非常に多いです。

Galaxyシリーズなどでは、早い段階からベゼルレスなどを採用しておりましたが、昨今各社がベゼルレススマホをかなり出してきたことから、
標準での対応という形になったのかと思います。

ベゼルレスになると、メリットとしては大画面でありながら本体サイズをコンパクトに抑えることが出来るということが最大のメリットです。

本体の大きさがこれ以上大きくならずに、ディスプレイサイズだけを大きくするとどうしてもベゼルレスということになるかと思います。

今後もベゼルレススマホというのは増えていくでしょうね。それにしても数年前では考えられないような技術力だと思います。

折りたたみスマホにOSレベルでの対応

折りたたみスマホというものがここ最近発売されていることを知っていますでしょうか。

折り畳めるスマホ Galaxy Fold スペック 7.3インチ トリプルカメラ搭載

2019年8月18日

Galaxy Foldのようなスマホのことかと思いますが、このようなスマホの折りたたんだということをOSレベルで検知してくれるのです。

今後Galaxy Foldのようなスマホはかなり発売されるでしょう。

2019年に発売されたGalaxy Foldはどうも不具合が多く販売停止になる可能性も高いですが、Galaxy Fold含めHuaweiも同様のスマホの販売を行っており、OSレベルでに対応が行われるのであれば、今後はGalaxy Foldのような機種というのは、間違いなく増えると思います。

折りたたみスマホは日本では、まだ発売されておりませんが、折りたたみスマホは今後日本でも主流になっていくのではないかと思います。

スマホを折りたたむということ自体は、有機ELディスプレイのおかげかと思います。有機ELディスプレイが非常に薄い素材のため、折りたたむことが出来るということです。

OSレベルでの対応ということで、メーカーは開発コストを抑えられるということは、かなりありがたいですね。

期待したい機能

セキュリティアップデートは随時行ってもらいたいと思います。基本的にAndroidというのは自己完結する必要があるのです。

自己完結というのは新しい機能にセキュリティホールなどがないかなど自分である程度判断してOSのアップデートを行うとかそのような機能があるのか?ということです。

Android10.0ではアップデートを行うにしても責任をもってアップデートをしてもらうべきだという結論に達しております。

スケジュールに関して足らない機能というのは、スケジュールではなくそれを管理する機能ではないでしょうか。

続いては、他のガジェットとの連携機能です。

個人的にはAppleWatchと連携してもらいたいと思っています。

他のガジェットとのデータ連携というのは正直なところ必須な機能の一つかと思います。

他のガジェットとの連携という意味ではいろいろあるかと思いますが、Androidスマホとの連携もしてもらいたいですね。

OSレベルでのダークモードというものを搭載予定

ダークモードというものが搭載される可能性があるようです。このダークモードですが、MacOSなどでも採用されており、全体的にくらいイメージを出すモードとなっております。

このダークモードが搭載されると、結構目に優しいので個人的にはありがたいですね。

iPhoneでも同様にダークモードというものは搭載されております。

今までというのは、基本的には明るめの背景などがメインでした。ただしこのダークモードがあれば、夜に画面を見てもそこまで明るくない為非常に便利です。

寝る前などにスマホの画面を見るとどうしても明るくて暗くしている人も結構多いと思いますが、そのようなことを心配する必要はありません。

ダークモードが搭載されれば、そのままの状態でもきっちり画面を見ることが可能となるのです。

このモードがあれば、かなり助かると思う人は結構多いのではないでしょうか。

iOS13でもダークモードと呼ばれるモードが採用される見込みとなっています。

iOS13含めてすでにMacでは同様のモードが採用されており、ダークモードを採用することで、バッテリー消費が非常に少なくなるとも言われております。

そのためiOS13のようなダークモードを利用したいという声はかなり出ているようですね。

次に搭載される機能というのは、非常に気になるものです。Androidは最近iPhoneとほぼ同じバージョンアップを繰り返しており、この2つのモデルでの違いというものがほぼなくなりました。あとは個性がどうかということです。この個性というのはなかなか難しいですね。

メーカーの味付けなどもありますので、どうなるのかはメーカーが販売してみないとわからない部分も多いかと思います。

XPERIAシリーズのAndroid10.0への対応状況

XPERIA XZ2以降のモデルはAndroid10.0への対応は行われるようです。

Android10.0対応のXPERIA
XPERIA XZ2
XPERIA XZ2 Compact
XPERIA XZ2 Premium
XPERIA XZ3

これらのモデルではAndroid10.0への対応が行われる予定になっています。

ということは、XPERIA 1も例外なくAndroid10.0への対応は行われるということです。

XPERIAシリーズというのは、日本でもかなりの人が所持しているAndroidスマホとなっています。

XPERIAシリーズは所持している人が多いことから、最新へのOSアップデートを待っている人もかなり多いはずです。最新OSへのアップデートを行うことで、最新機能を利用することが出来ますので、期待しているわけです。

XPERIA XZ2以降のモデルを持っている人は期待して待っていたいところです。

最新のOSのほうがセキュリティ的にも優れているためほしいと思う人はかなり多いのではないでしょうか。

Android10では操作性が変更

・ピルをタップ:ホーム画面を表示
・ピルを長押し:Googleアシスタントの起動
・ピルを短く上にスライド:タスクの展開
・ピルを長く上にスライド:アプリの引き出しを表示
・ピルを右にスライド:タスクをスクロールする
・ピルを右に素早くスライド:最後に開いたタスクを表示
・ピルを左にスライド:戻る

Android10.0では戻るボタンなどが排除される見込みです。左にスライドで戻るというアクションになる見込みです。

アクションが変更になることで、使い勝手がよくなる部分もあれば、そうでない部分もあります。

今後は戻るが左にスライドで実現出来るということは、間違いなく戻るボタンが排除されたスマホがメインになってくることは間違いないでしょうね。

Android10ではジェスチャーコントロール機能などが搭載?

Google Pixel4では スマホにタッチすることなく 動かすことが出来る 非常に便利な機能が搭載

2019年7月31日

こちらAndroid10が搭載される予定になってるGoogle Pixel4ですが、ジェスチャーコントロールが搭載される予定となっています。

ジェスチャーコントロールというのは、便利なようで実際には利用されるのかどうかは気になるところだと思います。

日本でも独自にジェスチャーコントロール機能というものが搭載された機種がありましたが、どこまで使われているのかは不明です。

特にスマホとなれば、手に持って操作することが前提になっておりますので、ジェスチャーコントロールに関して言えば、使われないと思ったほうがいいのかもしれませんね。

遠くにスマホをおいてなにかを視聴するなどという操作があれば、いいのですが、実際にはジェスチャーコントロールを利用するのは、購入後すぐだけで、それ以降は利用しづらい機能の一つとなると思います。

それでもAndroidは徐々に機能を増やしており、今後どのような機能が開発されていくのか非常に楽しみですね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA