Huawei nova 4 スペック 画面埋め込み カメラ トリプルカメラ搭載

Huawei nova4が正式に発表されております。

novaシリーズというのは日本でも格安スマホというジャンルを中心に非常に有名な機種となっております。

novaシリーズはキャリアからも販売されており、非常に低価格なスマホとなっており、結構売れているモデルの一つとなっております。

 

nova4のデザイン

こちらがデザインとなっております。左上の黒い点はカメラです。

ノッチというものがなくなり、画面にカメラが埋め込まれたという形になります。

画面比率というのは91.8%にもなるということで、かなり期待できるのではないでしょうか。

GALAXY S10でもこのような見た目になると予想されており、今後発売されるスマホではこのような点がついているようなスマホがいろいろ販売されるのではないでしょうか。

点の部分にカメラがあり、いわゆるカメラがディスプレイに内蔵された形になると予想されます。

このようなディスプレイをパンチディスプレイといいますが、パンチディスプレイというのは、GALAXYシリーズでも採用されております。

GALAXYより前に搭載されているということも評価できるポイントかと思います。

Huawei人気はすごい

今Huaweiの人気は日本ではかなりの人気です。その理由はスペックの割に価格が安価だということです。

価格を安価に抑えられた海外スマートフォンというのは、今日本市場をかなり脅かしている存在になっていることは、知っている人も多かと思います。

日本市場の中でもHuaweiというのは、ドコモ、au、ソフトバンクへのスマホを提供しており、キャリアモデルにも進出しております。

SIMフリー市場では日本市場トップのシェアを誇り、Huaweiは世界的に見ても2番目にスマホを販売しているメーカーとなっているのです。

それくらい世界的に見ても人気の高いメーカーとなっているのです。しかしながらHuaweiバッシングもあり、アメリカからはHuaweiの締め出しを食らっており、今後の動向が非常に気になる部分ではあるかと思います。

そういうこともあり、日本でもHuaweiを自粛する動きをとっているキャリアもありそうですね。

ドコモからはHuaweiから発売されているルータの販売に関してかなり懸念事項としてあげられていたと報じられたりしております。

そういうこともあり、今後日本での動向も気になる部分ではありますね。

日本には2019年初旬には発売してもらいたい

日本市場での発売も可能性としてはありえるのではないでしょうか。日本市場では格安スマホというものがあり、そちらのほうで取扱が開始される可能性が十分に考えられます。

novaシリーズはすでに格安スマホでの取扱があるため、十分可能性はあるわけです。

新しいnovaシリーズの中でもトリプルカメラを搭載するなど非常に期待できるモデルの一つとなっております。

またここまで全体が画面に覆われているスマホというのは、まだ日本では販売されておりません。

Huaweiという今若干問題になっているメーカーとなっておりますが、日本市場での発売は行ってもらいたいですね。

発売されるとなると格安スマホというジャンルとしての発売になる見込みです。

今回グローバルで発表されているnova4に関しては、スペックも結構高めに設定されております。

そのため価格もそれなりの価格帯となる見込みですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました