安く販売して行政指導を受けるソフトバンクがかわいそう スマホ代が安い


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

ソフトバンクが端末購入補助にて行政指導を受けるというニュースが出てきております。

理由としてはスマホの販売価格を上回る端末補助を行ったというものです。それは総務省のガイドラインに違反しているというものです。

総務省のガイドラインには端末代金を上回る補助を出してはいけないものです。今回対象になったのは、ガラケーからスマホに機種変更をすることで、35760円の値引きを受けることができるというキャンペーンを9月6日から提供しているものに対してさらなる割引がある、1年おトク割とガラケースマホ割などのキャンペーンを併用することで、端末代金よりも安価に販売するケースがあるというものです。

安く販売することの何がいけないのかわからない

このガイドラインは割引により安くスマホを販売することを禁止しているガイドラインとなっております。

このガイドラインが作成された影響というのは、いろいろありますが、一番の影響はMNPによる高額キャッシュバックが社会問題となりました。

それに伴いMNPをする人が急増し、MNPを行って購入すると現金がもらえるなどということからこのスマホを安売りしてはいけないとなりました。

スマホを安売りすることにより、既契約の人の毎月の支払いが高止まりしているということも影響の一つとなっております。

それなら毎月の支払いを少しでも安くして安売りをなくしなさいというものでした。

ここからは完全に私の考えですが、日本は資本主義です。スマホを安売りしてでも毎月の回線費用から費用を回収するというビジネスモデルに対して文句をいう国の指導は行き過ぎかと思います。

とはいうもののスマホなどは国民のライフラインにもなっており、ほとんどの人が何らかの通信機器は所持している現状を考えると1人あたりのコストを下げるように国が要請するということはわからなくもないです。

また日本では大手3社が大半の契約を保有しており、競争の原理が働きにくいということもあります。しかしながらMNPなどをすることで、他社から契約を奪うという行為に対しては完全に競争の原理が働いており、個人的に見ても全く問題ないと思います。

そういうことを考えるとどうもこの指導というものは納得いきません。

総務省の指導によりキャッシュバックがかなり減った

昔は携帯乞食と呼ばれる方々がMNPにより大量の現金をGETしていた時代もありましたが、今はかなりそういうこともなくなりました。

それは総務省の指導の元そうなっていったわけですが、本当にそれでいいのでしょうか?

競争の原理からMNPをすることで、他社からの契約を奪うということがあっても当然ながらしかるべき措置だと思います。

総務省の指導としてはそれは間違っていると思います。

その理由としてMNPをしてでも契約する人というのは、端末がセットでついてきますから、スマホを製造しているメーカーからするとスマホが1台でも売れるわけです。

売上にはかなり貢献していると思います。また販売代理店に関しても携帯が売れるということで、インセンティブが入ってくるので、実はメーカーとしてもユーザーとしても代理店としてもすべてが回っている仕組みなのです。

それが総務省がそういったガイドラインを出したことにより、メーカーはスマホが売れない、ユーザーは新しいスマホにふれることが出来ない、インセンティブの入ってこない代理店の売上は下がるといったいわゆる負のスパイラルが出来上がってしまったのです。

本当にそれでいいのでしょうか?

それこそ3月などは客でごった返して契約するのに何時間も待たないと契約が出来ないという自体に陥っていました。

それが今は閑古鳥がないているといいます。それではメーカーもかなり辛いですよね。

総務省は中古を推進しているというが・・・

もともとのスマホの販売台数が減ってきているため、中古市場に回る台数が減ってきているということも事実です。

販売台数が少なくなるとそれだけ中古市場にスマホが回ってきません。それはすべての人がスマホを売るということはしないからです。

スマホを売ることをする人だけが中古市場へは貢献するわけですが、台数がそれほど売れないということなので、中古市場への流通はあまりしませんよね・・・

トータル的にみて総務省のやっているということは負のスパイラルを作っている原因の一つかと思います。

実際にスマホが売れることでメーカーの人たちもメシを食っているわけです。今のものが売れない時代にキャンペーンをしないと正直なところモノが売れません。

キャリアもキャンペーンなどをうっているわけですが、実際にはMNPによる高額キャッシュバックの旨味を忘れることが出来ない人は残念ながらスマホの購入は間違いなく買い控えているでしょうね。

今後もまだまだこのガイドラインは継続されるので、消費者としてもメーカーとしても痛い時代が続くものと思われます。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA