iPhone11 /MAX アイフォーン11 スペック 予想 まとめ 価格 発売日


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

iPhone11に関しての情報をお伝えしていきたいと思います。

iPhone11というのは、2019年に販売されるモデルとなっております。

2019年に発売されるということで、iPhoneXsやiPhoneXsMAXの後継モデルにあたります。

iPhone11という名称になるのかまだわかりませんが、基本的にはiPhoneイレブンと呼ばれるモデルになる可能性は非常に高いと思われます。

少しずつ情報も出てきており、どのようなモデルになるのか予想したいと思います。

2018年モデルと同様に3つのモデルが販売

2018年モデルでは3種類のiPhoneが販売されました。

iPhoneXr
iPhoneXs
iPhoneXsMAX

この3つのモデルの販売が行われました。

2020年も同様に3つのモデルの販売が行われる予定となっております。

また2018年モデルではiPhoneXrのみが液晶を搭載しておりましたが、2019年モデルでも液晶が搭載されるモデルが1つだけ販売されるといわれております。

残りの2つのモデルは有機ELが採用される見込みとなっております。

ということは、iPhoneXrの後継モデルが1台、iPhoneXsの後継、iPhoneXsMAXの後継モデルのトータル3台が販売されると言われております。

CPUはA13が搭載

今までAシリーズと呼ばれるCPUが採用されております。今後もAシリーズのCPUが採用される見込みとなっております。

AシリーズのCPUでも最新のA13が採用される予定となっております。

こちらに2018年モデルに関しての記事がありますので、こちらを掲載しておきます。

A12の時点でA11からのレベルアップは果たしておりますが、当然ながらA12よりも30%程度は高速な処理になると思われます。

Aシリーズというのは、A12の時点で7nmという非常に細かいプロセス・ルールにて製造されており、プロセス・ルールに関しては7nmを継続するものと思われます。

A13でも7nmのプロセス・ルールにて製造されることは間違いないでしょう。

7nmの次は5nmになると思われますが、それが搭載されるのは2020年以降になるものと思われます。

カメラはトリプルカメラを搭載

カメラはトリプルカメラになるという情報があります。

現在ハイエンドモデルを中心にデュアルカメラよりもカメラを持ったモデルの販売が実施されております。

カメラ性能に関してはかなりの人が興味を持っているものと思われます。

カメラ性能が高いモデルというのは、やはりそこが中心になり、かなり売れると思われます。

確かに複数のカメラを持っているモデルというのはかなり販売台数を伸ばしております。

2019年ではGALAXY S10でもトリプルカメラを搭載すると言われております。

XPERIAシリーズでもトリプルカメラが採用される可能性があるとも報じられており、2019年に販売されるスマホではカメラ性能に関しては期待できるモデルがかなり多いことは間違いないでしょう。

指紋認証がディスプレイ埋め込みに

指紋認証機能がディスプレイに埋め込みになる可能性が非常に高いことがわかりました。

現在販売されているiPhoneの認証技術というのは、FaceIDですが、FaceIDだけではなく指紋認証機能も復活するというのです。

指紋認証のほうがロック解除をしやすいということがその原因の一つとなります。

ロック解除をしやすいため、指紋認証が復活するのです。FaceIDではマスクなどをしている状態ではロック解除出来ませんからね・・・

使い勝手が向上するという意味では非常にオススメしたい機能の一つですね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA