Apple iPhoneに搭載される5Gは2020年まで見送りの予定


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

現在5Gと呼ばれる通信技術が出てきていることを知っていますか?

5Gと呼ばれる通信技術に関していえば、日本では2019年から商用を開始する見込みとなっております。

2019年の秋ごろから商用を適用するということで、GALAXY S10などに5Gのモジュールが入ると予想されております。

5Gになると通信速度は飛躍的に向上し、通常のWi-Fiなどよりも通信速度があがります。

現在運用されている4Gよりも100倍ほど通信速度が早くなるとも言われており、非常に期待されている技術です。

iPhoneは2020年まで見送り

iPhoneは2019年モデルの開発を現在も行っているものと思われますが、5Gには今後対応する予定にはなっているようです。

とはいうもののそれは2020年ということになります。

iPhoneの販売は9月ごろとなっておりますので、2020年の9月ごろに初めてAppleが対応したiPhoneを販売するということになります。

現在販売されているモデルがiPhoneXsとなっておりますので、次に発売されるモデルはiPhone11になると思われますので、iPhone11sの頃になるのではないでしょうか。

今のところわかっている各社の5Gに関してですが、5Gに対応しているスマホに関しては大容量のRAMを搭載しているモデルが非常に多いです。

その理由は一旦RAMに通信されたものを蓄えておくのでしょう。5Gの通信速度は4Gの100倍とも言われており、100倍早くデータのダウンロードを行うとなれば、それを退避しておく容量をそれなりに確保しておくということもあり、大容量のRAMを搭載する必要があるわけです。

現在iPhoneのRAMの容量はiPhoneXsMAXで4GB程度となっており、RAMの容量としてはそれほど多いというわけではありません。

Androidでは8GB程度のRAMを搭載したモデルも多数販売されており、iPhoneのRAMの容量に関してはそこまで多いとはいえません。

となると今後5Gに対応させるためには6GB以上のRAMの容量は間違いなく必要になるかと思われます。そういうことを考えるとiPhoneのRAMの容量を1年程度で大容量にすることは難しいのでは?と考えられます。

そのためiPhoneのRAMの容量を6GB以上できれば8GB以上にするのは、2020年になるということです。

iPhoneはかなりの人が興味を持っている端末です。

本来なら2019年の日本の5Gの商用運用に合わしてほしかったわけですが、2020年になるとその1年後という形になります。それは少し残念な感じですね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA