Apple iPhone 5G 予定 いつ頃になるの? 高速通信を楽しみたい

現在5Gと呼ばれる通信技術が出てきていることを知っていますか?

5Gと呼ばれる通信技術に関していえば、日本では2019年から商用を開始する見込みとなっております。

2019年の秋ごろから商用を適用するということで、GALAXY S10などに5Gのモジュールが入ると予想されております。

5Gになると通信速度は飛躍的に向上し、通常のWi-Fiなどよりも通信速度があがります。

現在運用されている4Gよりも100倍ほど通信速度が早くなるとも言われており、非常に期待されている技術です。

iPhoneは2020年まで見送り

iPhoneは2019年モデルの開発を現在も行っているものと思われますが、5Gには今後対応する予定にはなっているようです。

とはいうもののそれは2020年ということになります。

iPhoneの販売は9月ごろとなっておりますので、2020年の9月ごろに初めてAppleが対応したiPhoneを販売するということになります。

現在販売されているモデルがiPhoneXsとなっておりますので、次に発売されるモデルはiPhone11になると思われますので、iPhone11sの頃になるのではないでしょうか。

今のところわかっている各社の5Gに関してですが、5Gに対応しているスマホに関しては大容量のRAMを搭載しているモデルが非常に多いです。

その理由は一旦RAMに通信されたものを蓄えておくのでしょう。5Gの通信速度は4Gの100倍とも言われており、100倍早くデータのダウンロードを行うとなれば、それを退避しておく容量をそれなりに確保しておくということもあり、大容量のRAMを搭載する必要があるわけです。

現在iPhoneのRAMの容量はiPhoneXsMAXで4GB程度となっており、RAMの容量としてはそれほど多いというわけではありません。

Androidでは8GB程度のRAMを搭載したモデルも多数販売されており、iPhoneのRAMの容量に関してはそこまで多いとはいえません。

となると今後5Gに対応させるためには6GB以上のRAMの容量は間違いなく必要になるかと思われます。そういうことを考えるとiPhoneのRAMの容量を1年程度で大容量にすることは難しいのでは?と考えられます。

そのためiPhoneのRAMの容量を6GB以上できれば8GB以上にするのは、2020年になるということです。

iPhoneはかなりの人が興味を持っている端末です。

本来なら2019年の日本の5Gの商用運用に合わしてほしかったわけですが、2020年になるとその1年後という形になります。それは少し残念な感じですね。

iPhoneの5Gのモジュールはクアルコムからの提供?

iPhoneに搭載される5Gのモジュールというものはクアルコムから提供される見込みになっております。

2019年に入りクアルコムとAppleが和解したと報じられています。

実はこの2社は争っていたのですね・・・知らなかった人も多いと思いますが、クアルコムがAppleに対して、省電力化に関する技術で特許侵害に関することで訴訟を起こしていたのです。

訴訟を起こされているということは、当然ながらクアルコムとしてはAppleへのモジュールの提供というものは行われません。

当然といえば当然のことですが、それに伴いiPhoneに5Gが搭載されないかもということが継続して報じられておりました。

それが今回和解されたことにより、iPhoneにも5Gが提供される可能性が非常に高まってきました。

5Gが提供される時期ですが、2020年にも提供される可能性が非常に高いですね。

2019年時点ではクアルコムから発売されているSnapDragon855と呼ばれるCPUにX50やX55と呼ばれるモデルも装着することにより、5G通信は可能です。

ただしAppleはCPUがSnapDragonと呼ばれるCPUを搭載しておらず、Aシリーズと呼ばれるCPUを搭載しています。

そのため単純にそのままでは5G通信が出来ないと思われていました。今回和解になったことで、クアルコムから5Gのモジュールが提供される可能性が非常に高いことから、2020年には5G通信に対応する可能性が非常に高いと思われます。

日本での5Gのサービス開始状況

日本では5Gサービスの開始は2020年4月ごろから順次開始されると思われます。

2019年から徐々にテストを開始していく予定になっており、5Gになると次世代高速通信となり、かなり期待している人も多いと思います。

次世代高速通信になると当然ながら今よりも高速に通信することが可能です。

2019年までは4G通信が主体でしたが、2020年以降は5Gが主体になっていくのです。

はじめは4Gも5Gも通信できるスマホがメインかと思いますが、徐々に5G対応のスマホが増えていくと思われます。

数年もすると5Gのシェアがかなり増えることが予想されます。2025年くらいには5Gサービスが当たり前になっていることでしょうね。

iPhoneが5GになればRAM容量は飛躍的に向上の予定

iPhoneが5Gになれば、RAMの容量というのは飛躍的に向上すると思われます。

iPhoneはAndroidスマホと比較してもRAMの容量に関してはそこまでの大容量ではありませんでした。

それが5G対応モデルになるとRAMの容量は飛躍的に向上すると思われます。それが通信を一時的に蓄えておくエリアにRAMにが利用されるからです。

通信速度が上がるということは、通信速度を上げるために高速通信のチップが搭載されます。

そして通信されたものを一時的に蓄えておくエリアというものが必要になるわけですが、それにRAMが利用されるわけです。

そのためiPhoneが5Gになれば、RAMの容量が増えることが予想されるのです。RAMに通信されたものをためておくということが必要となります。

iPhoneの2020年モデルではかなりの大容量のRAMが搭載されるモデルが発売されるでしょう。

RAMが増えるということは、通信以外でもいい影響がたくさんありますので、かなり期待したいですね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA