2019年発売のiPhoneで指紋認証機能が復活の予定 画面埋め込みに?


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

2019年に発売されるiPhoneで指紋認証機能が復活する見込みです。

指紋認証機能というのは、iPhone8までは採用されておりましたが、それ以降はFaceIDとなってしまっております。

2018年に発売されているiPhoneではFaceIDがすべてのモデルに採用されております。

iPhoneXs、iPhoneXsMAX、iPhoneXRのすべてのモデルがFaceIDに変わりました。

販売不振が続く?

iPhoneXs、iPhoneXsMAX、iPhoneXRの3つのモデルでは販売不振になっているとも言われております。

生産を減らしたりと対応されているようですが、実際にその販売不振も影響しているのか、2019年モデルでは復活する指紋認証機能が復活する可能性があります。

指紋認証機能というのは、今までのiPhoneならボタン式いわゆるホーム画面にボタンが置いてありましたが、これがディスプレイ内蔵式になる可能性もあるようです。

ディスプレイ内蔵式になるとどうなるのか?ということですが、画面の見た目はそのままに指紋認証機能の利用が可能になるということになります。

そのため画面の大きさは今まで通りということで、大きさも今までと変わりません。

すでに日本ではディスプレイ内蔵の指紋認証機能が搭載されたAndroidスマホの販売も行われており、Appleがそれに追随する可能性というのは非常に高いです。

GALAXY S10に搭載の予定

画面埋め込み型というのは、GALAXY S10に搭載される予定になっているようです。

GALAXY S10というのは2019年の初頭にも販売される機種ということもあり、日本でも販売される見込みです。

今までGALAXYシリーズというのは背面に指紋認証機能がありましたが、GALAXYシリーズというのは先進的な機能を搭載するというイメージが最近ではついてきております。

そのGALAXYシリーズで採用されるということであれば、Appleで搭載される可能性も十分ありえるかと思います。

GALAXY Sシリーズよりも後に販売されるiPhoneなら搭載してもらいたいですよね。

それでもFaceIDになれたユーザーというのは実際に利用するでしょうか。そのあたりがちょっと気になりますね。

2019年に販売されるハイエンドモデルには指紋認証機能の搭載というのは十分にありえるという話かと思います。

引用元:forbesjapan

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA