2021年 学割 U25 キャンペーン 価格 割引 ドコモ au ソフトバンク UQ


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

2021年の学割を予想したいと思います。

学割というのは基本的に、各社の思想というのは学割を利用することにより子供から同じキャリアを使わせて将来に渡ってのブランディングを行うというものです。

学割を利用することで、契約時のメリットがかなりあることは間違いありません。

また学割は2016年ごろまでは年をまたいでの学割施策でしたが、年々学割が発表される時期が早まってきております。

そのため学割はその年の前年の12月から開始されるケースが増えてきております。

もともとソフトバンクが前倒しで学割を発表しておりましたが、それに追随するようにドコモ、auが前年からの前倒しの発表となっております。

2021年の学割に関しても2020年の12月ごろから開始されることは間違いありません。

それではどのような学割になるのでしょうか。

学割は基本料金値引きがメイン

学割というのは基本料金の値引きがメインになると思われます。基本料金の値引きというのは、たいていの場合1年に渡り続くものが多いと思います。

1年間学割を利用することができれば毎月の通信費もしくは基本料金から500円〜1500円程度値引きが発生します。

ただし学割といっても1年程度の割引にとどまるケースが多いと思います。

容量アップなどのプランの場合は25歳になるまでというような感じかもしれませんが、25歳になるまで容量アップいわゆるギガをプレゼントしてくれるかもしれません。

とはいうものの最近各社大容量プランがメインとなっており、正直なところそこまでのギガを使い切らない可能性も十分にありえるわけです。

ギガを使い切らないということは、容量アップのキャンペーンはそこまで嬉しくないキャンペーンなのかもしれませんね。

それこそ家族でスマホを利用している場合、たいていの場合父親はサラリーマンをしていると思います。正直なところ外出先でYouTubeなどの動画ばかりを見ているなんてことはないかと思います。

そのため、実際にそのギガを使い切らない可能性も高いわけです。それならそういうプランに加入するかどうかはわかりません。

学割の時期は2020年の夏モデルが値引きで販売される可能性も高い

学割の時期というのは、冬モデルが出揃っている頃です。そのため冬モデルが出揃っているということで、それらのモデルが安価に販売されている可能性も十分にありえると思います。

学割の時期は端末価格の値下げが行われるということは普通にあることだと思いますので、値引き購入できる可能性が高いでしょう。

また学割の時期はiPhoneが発売されて間もないということで、一番安価なiPhoneの値下げが行われる可能性も十分にありえます。

iPhoneは学生にとっては非常に人気の機種となっており、iPhoneを欲しがる学生というのも非常に多いのです。

iPhoneはある意味販売ツールとなっており、各キャリアはいかにiPhoneを販売していくかそして自社の回線を利用してもらうかというところにかなり力を注ぐものと思われます。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA