• HOME
  • ブログ
  • ドコモ
  • ドコモショップは年末年始の営業はせず休業に 働き方改革の影響 ただしショッピンモールなどは運営実施

ドコモショップは年末年始の営業はせず休業に 働き方改革の影響 ただしショッピンモールなどは運営実施


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

ドコモは年末年始の2018年12月31日〜1月3日までの営業を休業すると発表しました。

これは働き方改革の一環となっており、いわゆる4連休となります。

すでに2017年度からはドコモショップは月1度の定休日をもうけるなどすでに働き方改革としての取り組みを行っているといえるかと思います。

ベースは4連休ただし対応は店舗ごとに異なる

ベースは4連休となりますが、休業日の設定は店舗ごとに異なります。

そのため一律4連休になるというわけではなさそうです。

営業時間のみの変更になる店舗もあると思われます。またこれは期間中にウェブサイトで確認を行い来店することをオススメしたいと思います。

またこちらショッピングモールなど継続して年末年始に営業を行っている店舗ではまた対応が異なるようなので、そのあたりの注意も必要となります。

年末年始くらい休むべき

確かに年末年始くらいは休むべきだと思います。故障などがあれば非常にこまるために年末年始の営業も行っていたわけですが、よっぽどの故障がない限り通常のスマホ購入などのために年末年始に店舗に行く必要はないかと思います。

それこそ自分が休みのときにいけばいいのです。とはいうものの最近はショップもかなり混雑しており、機種変更も満足に出来ないという店舗が非常に多いことも間違いありません。

そのためドコモの取り組みとしてはドコモオンラインショップへの誘導が取り組みの一つとして挙げられるのです。

ドコモオンラインショップは24時間営業のドコモ公式のオンラインショップとなっており、ドコモオンラインショップへの誘導施策の一つとして事務手数料の完全撤廃が挙げられます。

店舗で購入すると機種変更や新規、MNPに関して事務手数料が取られます。

機種変更でも2000円(税抜き)を取られるため、ドコモオンラインショップへ誘導することにより、その分が実質値下げとして扱われるわけです。

今後年末にかけて学割施策も始まり、さらにネットから購入する人も多いことは間違いないでしょう。

こちら学割施策が出てきました。このように学割を利用することにより、非常にお得に購入することが可能となっております。

メリットがかなりあるので、非常に便利ですよね。スマホの購入ならドコモオンラインショップを利用してもらいたいと思います。

こちらも合わせてご確認ください。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA