2020年 学割 U25 ドコモ au ソフトバンク 割引 キャンペーン


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

2020年の学割に関して紹介したいと思います。

昨今学割というのは、年々早くなってきており、前は年明けの1月中旬くらいから学割キャンペーンを行っておりましたが、最近は学割に関していうと学割キャンペーンは12月中に開始されることが多くなってきました。

そのため2020年も12月から学割の施策がスタートすると思われます。

学割の施策がスタートするとどのようなメリットがあるのでしょうか?

学割の時期にはどのようなキャンペーンが開催されるのでしょうか?この時期に契約するとかなりお得に契約することが可能となっており、かなりメリットがあるかと思います。

学割は年々早くなっており、基本的には5月31日まで続きます。そのため学割を考える上でお子様がスマホなどを購入するということを考えるといつ契約するのがいいのかということが一番検討する要因かと思います。

スマホの購入はオンラインショップを利用する

スマホの購入はオンラインショップを利用することをオススメしたいですね。

<ドコモ>


ドコモオンラインショップは事務手数料がすべての契約で無料になります。

非常にお得な会社となっております。事務手数料が無料になるのはドコモオンラインショップだけです。

<au>


au Online Shopは自宅まで送料無料で送付してくれます。

au Online Shopも契約する人が非常に多いオンラインショップです。

<ソフトバンク>

ソフトバンクオンラインショップのメリットというのは、iPhoneでしょう。

iPhoneの購入を行うのであれば、ソフトバンクオンラインショップが非常にオススメです。

<ワイモバイル>


<UQmobile>

こちら各社のオンラインショップとなっております。

オンラインショップを利用する人が年々増えており、利便性がましております。それに伴いオンラインショップ限定施策というものも出てきております。

オンラインショップ限定施策を使えばショップで購入するよりもお得に購入できるケースもかなりあります。機種変更の場合だとそれがより顕著だと思います。

2020年の学割を予想

それでは2020年の学割を予想したいと思います。

まずは過去の振り返りからです。

【ドコモの学割割引金額】 最大1年間、基本使用料から1,000円/月割引
【ドコモの学割適用条件】 新規契約、機種変更、料金プラン変更等お手続きの際に、以下1~3の適用条件を満たすこと
1. Xi契約で「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)*2 」または「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」への新規加入
2. 「データSパック(小容量) 」「データMパック(標準)」「ウルトラデータLパック」「ウルトラデータLLパック」「シェアパック5~15」「ウルトラシェアパック50・100」(上記シェアパックの子回線を含む)のいずれかのご契約
3. 1と2のお申込み時点で、ご利用者が25歳以下であること

こちらドコモの施策となっておりますが、過去にはこのような施策もありました。

auの学割は、ピタッと学割、フラット学割となっており、ピタッと学割なら毎月500円の値引きの恩恵を受けることができました。

フラット学割というのは、3980円〜20GBの通信を楽しめるという感じです。

このように各社基本料金かもしくは通信料金が安くなるという施策がメインとなっております。

学割をメインに考えるのであれば、毎月の維持費を下げるということが目的だと思います。

ただし各社1年のみの学割施策となっており、1年が経過すると残念ながら毎月の利用料金というのは上がってしまいます。

正直なところそれはかなり辛いことですよね。

それでは2020年の学割はどのようになるのかみていきましょう。

2020年の学割はどうなる?

2020年の学割というのは、通信費と端末代金が完全に分離されると思われます。すでに各社分離プランというものをかなり出してきており、総務省もこの分離プランにしないと通信費がかなり高額になると予想しているのです。

そのため通信費は2019年で結構安価になると思われます。

ただし通信費を下げるとどういうことになるのかというと端末代金が値上がりするわけです。

端末代金が値上がりすると正直なところスマホがあまり売れません。

しかしながら現在国の施策がそうなっているので、端末代金というのは値上げしていく方向になっていることは間違いないでしょう。

いわゆる実質価格というものがなくなるのです。となれば2020年の学割は端末代金の値下げが行われる可能性が高いと思われます。

この時期というのは端末代金が非常によく売れる時期となっております。

そのため実質価格化が一部される可能性もあるわけです。結果的にそうしないとスマホの価格が高止まりする可能性があるからです。

端末が売れないとメーカーも美味しくないわけで、やはりメーカーにも協力するという意味で、スマホの価格は下げてもらいたいところですね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA