2020年 学割 U25 U18 ドコモ au ソフトバンク 割引 キャンペーン

2020年の学割に関して紹介したいと思います。

昨今学割というのは、年々早くなってきており、前は年明けの1月中旬くらいから学割キャンペーンを行っておりましたが、最近は学割に関していうと学割キャンペーンは12月中に開始されることが多くなってきました。

そのため2020年も12月から学割の施策がスタートすると思われます。

学割の施策がスタートするとどのようなメリットがあるのでしょうか?

学割の時期にはどのようなキャンペーンが開催されるのでしょうか?この時期に契約するとかなりお得に契約することが可能となっており、かなりメリットがあるかと思います。

学割は年々早くなっており、基本的には5月31日まで続きます。そのため学割を考える上でお子様がスマホなどを購入するということを考えるといつ契約するのがいいのかということが一番検討する要因かと思います。

スマホの購入はオンラインショップを利用する

スマホの購入はオンラインショップを利用することをオススメしたいですね。

ドコモオンラインショップは事務手数料がすべての契約で無料になります。

非常にお得な会社となっております。事務手数料が無料になるのはドコモオンラインショップだけです。

au Online Shopは自宅まで送料無料で送付してくれます。

au Online Shopも契約する人が非常に多いオンラインショップです。

ソフトバンクオンラインショップのメリットというのは、iPhoneでしょう。

iPhoneの購入を行うのであれば、ソフトバンクオンラインショップが非常にオススメです。

こちら各社のオンラインショップとなっております。

オンラインショップを利用する人が年々増えており、利便性がましております。それに伴いオンラインショップ限定施策というものも出てきております。

オンラインショップ限定施策を使えばショップで購入するよりもお得に購入できるケースもかなりあります。機種変更の場合だとそれがより顕著だと思います。

こちらが各社オンラインショップとなっています。こちらも合わせてご確認いただければと思います。

auの2020年学割が11月1日から開始

auの2020年学割が11月1日から開始されます。思ったよりもかなり早い段階から学割の開始とります。正直なところびっくりですよね。

年々学割の時期が早くなってきているわけですが、そこまで早くなくてもいいのでは・・・と思います。

学生なら最大1400円の値引きを受けることができる学割の施策となっています。

非常にこれはメリットがあるのではないかと思います。一番オトクなのはNetflixパックではないかと思います。その価格はなんと3480円となっており、非常に低価格で利用することができます。実際には家族割プラスに加入する必要があり、2契約以上家族の学割が必要となりますが、それでも価格は非常に安価に提供されているかと思います。auデータMAXプランというのは、価格も非常に安価なため、かなりこれはオススメできるかと思いますね。

2020年の学割を予想

それでは2020年の学割を予想したいと思います。

まずは過去の振り返りからです。

【ドコモの学割割引金額】 最大1年間、基本使用料から1,000円/月割引
【ドコモの学割適用条件】 新規契約、機種変更、料金プラン変更等お手続きの際に、以下1~3の適用条件を満たすこと
1. Xi契約で「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)*2 」または「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」への新規加入
2. 「データSパック(小容量) 」「データMパック(標準)」「ウルトラデータLパック」「ウルトラデータLLパック」「シェアパック5~15」「ウルトラシェアパック50・100」(上記シェアパックの子回線を含む)のいずれかのご契約
3. 1と2のお申込み時点で、ご利用者が25歳以下であること

こちらドコモの施策となっておりますが、過去にはこのような施策もありました。

auの学割は、ピタッと学割、フラット学割となっており、ピタッと学割なら毎月500円の値引きの恩恵を受けることができました。

フラット学割というのは、3980円〜20GBの通信を楽しめるという感じです。

このように各社基本料金かもしくは通信料金が安くなるという施策がメインとなっております。

学割をメインに考えるのであれば、毎月の維持費を下げるということが目的だと思います。

ただし各社1年のみの学割施策となっており、1年が経過すると残念ながら毎月の利用料金というのは上がってしまいます。

正直なところそれはかなり辛いことですよね。

それでは2020年の学割はどのようになるのかみていきましょう。

2020年の学割はどうなる?

2020年の学割というのは、通信費と端末代金が完全に分離されると思われます。すでに各社分離プランというものをかなり出してきており、総務省もこの分離プランにしないと通信費がかなり高額になると予想しているのです。

そのため通信費は2019年で結構安価になると思われます。

ただし通信費を下げるとどういうことになるのかというと端末代金が値上がりするわけです。

端末代金が値上がりすると正直なところスマホがあまり売れません。

しかしながら現在国の施策がそうなっているので、端末代金というのは値上げしていく方向になっていることは間違いないでしょう。

いわゆる実質価格というものがなくなるのです。となれば2020年の学割は端末代金の値下げが行われる可能性が高いと思われます。

この時期というのは端末代金が非常によく売れる時期となっております。

そのため実質価格化が一部される可能性もあるわけです。結果的にそうしないとスマホの価格が高止まりする可能性があるからです。

端末が売れないとメーカーも美味しくないわけで、やはりメーカーにも協力するという意味で、スマホの価格は下げてもらいたいところですね。

ソフトバンクの学割は3ヶ月無料となるか

ソフトバンクの学割は3ヶ月無料となる可能性があります。契約から3ヶ月間無料で利用することが可能です。毎月の支払いがざっくり5000円くらいの場合は5000円値引きが最高で3ヶ月間続くということです。それだけで15000円ほどのメリットがありますよね。

3ヶ月間無料で利用できるということは、その間に50GBなどのプランを試してもらいたいという狙いもあるようです。

そして50GB以上の利用を促して、今後最大の容量のプランに継続して契約できるようにという狙いがあると思われます。

ある意味うまくやっているかと思います。ただし3ヶ月間の無料だけではなくせめて半年くらいの割引にしてもらいたいですね。

それくらいならかなりのメリットがあります。本来ならそれくらいしてもらいたいところですが、実際は3ヶ月程度ということでしょう。

今後50GBの契約を継続して利用している人に対してのいろいろな恩恵も検討されており、ソフトバンクは大容量プランに契約するということがある意味当たり前になりつつあります。外出先での動画視聴などができるということでの恩恵というのはかなりあるかと思いますね。

大容量プランにすることで、ほぼ使い放題というところで売り出しているソフトバンクなので、今後も同様のプランを継続して販売し続けるかと思います。

2019年も3ヶ月間利用料金が無料という施策は続きましたので、2020年も同じになると思われます。

3ヶ月無料ということで、加入は非常にしやすくなります。

学割開始日時は年々早くなる

学割開始の日時というのは年々早くなっています。おそらく年々早くなっている理由は少しでも早く新規契約を取りたいということの現れです。

新規契約を取りたいというのはこの学割のシーズンにスマホを購入しようと思う人がかなり多いのです。

スマホを購入しようと思う人ならこの時期の購入が一番オトクに購入することができますからね。

また12月ごろから開始するということで、12月というのも年度末決算ということで、安価にスマホを購入することができる時期となっております。

またボーナスも入り財布も緩んでいる時期なのです。この時期にキャンペーンを行うということで、少しでも早く契約してもらいたいというキャリアの思い入れがこの時期に出てくるのです。

学割が年々早くなっておりますが、ボーナスの時期の購入しやすい時期に買うほうがいいのかもしれませんね。

ドコモから分離プランが登場し学割にどう影響するのか

ドコモ 2019年 新料金プラン ギガホ ギガライト 最低維持費 値引き 通信費がかなりお得に

2019年12月2日

ドコモから新料金プランというものが出てきました。

そのため新料金プランに対する施策というものはどうなるのか楽しみです。

端末の補助も基本的にはなくなっていると思われますが、端末を購入しないと基本的に学割というものは成立しません。

新料金プランを新規で加入してもらうような施策というものは必ず必要になるわけです。

学割というのは、3月が一番の商戦となりますが、4月から学校が始まるということに向けて購入する人が多く、初めてスマホを手にするというお子さんも多いのです。昨今のスマホは10万円程度するものが当たり前になってきましたが、やはり学割の時期に一番よくでるのはiPhoneです。

iPhoneでも安価なiPhoneの販売が目立つこの時期ですが、新規契約に対してはかなりの施策を入れてこないと売れない可能性が高いですね。iPhoneを売りたいのであれば、キャリア側もiPhoneを販売するなんらかの施策は入れてくるでしょう。

分離プランが出てきたということで、分離プランの毎月の利用料金の値引きを1年間などにするのでしょうかね。それが一番妥当かと思います。

通信費からの割引がメインに

今までもそうでしたが、やはり通信費からの割引がメインになると予想されます。2020年になると分離プランというのが、かなり浸透しているものと思われます。

分離プランというのは、通信費と本体代金の分離を行い、端末購入時のセット割引というものを避けるような狙いがあります。

このような割引をキャリアは行えなくなっています。

各社様々な割引施策を出しておりますが、基本的に通信費に対しての割引となります。

学割も当然ながら例外ではありません。ただしセット割引がつけれないとなると、端末購入すると学割を適用させようと思ってもどういう割引にするのか不明点というのはありますね。

端末を購入し、学割を行い通信費からの値引きとなると実質的なセット割引となるからです。

今後そういったことも考える必要があるかと思います。

総務省により、割引施策が鈍化に

スマホの割引の上限は2万円 MNP時の違約金は1000円に 乗り換えしやすく

2019年10月21日

総務省が規制を強化してきております。そのため学割における割引施策に関しては2019年より鈍化するのではないかと見ております。

割引施策が鈍化するとそれだけ販売台数に影響するわけですが、実際のところ学割というのは、新入生をメインにスマホの販売を行うための施策となっており、新入生にとっては、安いから買うのではなく、欲しいから買うのです。

欲しいから買うという選択肢があるのであれば、学割施策を利用して購入しても問題ないでしょう。

正直なところ年間のスマホの維持費が高額になっているということを考えると、割引施策も重要なのではないかと思います。

割引施策が鈍化することで、本来の意味での学割を利用しない予定だった人も購入する可能性があり、本当なら安価な施策は出したいはずです。

総務省は本当に痛い施策を打ってきていると思います。

メインになるのはiPhone11の販売

2020年の学割というのは、メインになるのはiPhone11の販売ではないかと思います。

すべての会社がiPhone11の販売にはかなり力を入れると思います。iPhone11の販売にかなり力を入れるということは、iPhone11に関しての施策というものが増えるかと思います。その中でもソフトバンクに関していえば、iPhone11の販売に関しては結構不振に感じます。ドコモ、auはそれなりにiPhone11の販売を行いましたが、iPhoneの販売というのは、ソフトバンクからするとある意味お家芸なのでは?とも思います。それが2019年モデルのiPhoneの販売に関してはかなり苦戦しているわけです。そういう意味ではiPhone11の販売台数を増やすような施策をしてくることは間違いないと思います。
最近のiPhoneは2年以上利用する人が多くなっており、3年もしくは4年程度利用していただけるとかなり儲かりますからね。
そういう意味でもiPhone11の販売に力を入れていくことは間違いないでしょう。

ワイモバイルはどうなる?

ワイモバイルは以下のサイトに具体的に掲載しております。

https://ymobile.site/archives/57

こちらをあわせてご確認いただければと思います。ワイモバイルの学割も非常にいい学割となることが予想されます。各社この時期というのは、かなり安価に色々なものを提供してくれるため、かなりの人が契約を行います。学割というのは、学生がそのキャリアに対してどう感じるかというところも含まれますし、親御さんにとっては、毎月の維持費を少しでも抑えたいという気持ちもあるかと思います。

最近の子供ならiPhoneを持ちたいという人も多いかと思いますが、ワイモバイルではiPhoneのラインナップもあるため、今のタイミングでiPhoneを所持することもオススメしたいですね。

ワイモバイルは学生に強いというイメージもありますので、学割に対してはかなり力を入れてくるのではないかと予想しています。学割は今後学生生活をしていく上で左右するものなので、学割のイメージが強いところと契約する人がかなり増えるかと思います。ワイモバイルというのは、最近では広い範囲の方々に受け入れられるキャリアとなっています。MVNOではなく基本的にソフトバンク回線となっていますので、扱いとしてはMVNOとは異なります。そのため回線品質も高いため、利用する人もかなり増えてくるのではないかと予想されます。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA