Huaweiは2019年度中に クアッドカメラ搭載のスマホを販売する見込み


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

Huaweiは2019年度中にクアッドカメラを搭載するモデルを発売する見込みとなっております。

クアッドカメラというのは4つのカメラということで、背面に4つのカメラを搭載するモデルが発売される可能性があるのです。

Huaweiは日本でトリプルカメラモデルの販売

日本ではすでにトリプルカメラを搭載したモデルの販売を行っており、カメラの画質に関してはかなりいいものだということで、非常に評判もいいです。

こちら日本ですでに販売されているP20 Proとなっております。

こちらのモデルですでに3つのカメラを搭載しており、これよりもカメラの数が多くなるということで、かなり期待できると思われます。

世界的にはSamsungがすでに4つのカメラを持つモデルの発売を実施しており、4つのカメラに関してはかなり期待している人も多いでしょう。

こちらがGALAXY A8となっており、4つのカメラを持つスマホです。

このようにSamsungにすでに水を開けられた感が非常に強いHuaweiですが、2019年にはかなり期待できそうです。

2019年に発売するスマホには10倍のズーム機能が搭載されたモデルの発売となるようです。

ただしHuaweiとしてはエントリーレベルのスマホではなく、ハイエンドモデルに搭載するということを発言しており、高額なスマホに4つのカメラを持つモデルの採用の可能性が秘奥に高いです。

5Gの計画もある

5Gという次世代通信規格に対応する可能性も高いですね。

5Gというのは非常に高速に通信を行うことが可能な通信規格であり、日本では2019年10月ごろから商用運用の開始を行う可能性が非常に高いです。

Samsungなども5G対応のスマホを販売する予定になっており、5G対応のスマホというのは2019年にはかなり発売されると予想されます。

Huaweiも例外ではありません。ただしエントリーレベルではなくハイエンドモデルになるでしょう。

Android Oneの発売はなし

Huaweiは今後Android Oneの開発を行っていないことがわかりました。

Android Oneというのは、日本ではワイモバイルを中心に販売されているスマホとなっております。

Android Oneのスマホはスペック的にはミドルレンジのスマホですが、OSのアップデートが定期的に行われ、基本的にすぐに最新のモデルになるものとなっております。

ミドルレンジのモデルということで販売しないのかそのあたりは不明ですが、Android Oneに関しては残念ながら販売の可能性はありません。

ひょっとするとそれも今だけということなのかもしれませんので、ひょっとすると2020年ごろには発売が開始されるかもしれません。

引用元:androidpit

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA