AQUOS ONE ZERO2? 2019 ZEROの後継モデルのスペックを予想 どんな機種になるの?

AQUOSシリーズというのはシャープが発売しているスマホですが、次に発売されるモデルというのはAQUOS ONEになるのでしょうか。

AQUOS ZEROというモデルが発売されており、それの後継にあたるモデルとなっております。

2019年にも発売されると思われますので、どのようなスペックになるのか予想してみたいと思います。

AQUOSシリーズでは最新のスペックを準備する可能性が高い

AQUOSシリーズの中でもフラッグシップモデルになると思われますので、スペック的には最高のスペックを採用する可能性が非常に高いと思われます。

まずはAQUOS ZEROのスペックを見ていきましょう。

AQUOS zero
寸法 約73×154×8.8mm
重さ 約146g
OS Android™ 9.0
ディスプレイ (画面が完全な長方形として算出したサイズと解像度)
約6.2インチ WQHD+(1,440 × 2,992ドット)
有機ELディスプレイ
プロセッサ Qualcomm® Snapdragon™845(SDM845)2.6GHz(クアッドコア)+ 1.7GHz(クアッドコア)オクタコア*
*Performance core 最大周波数(シングルコア):2.80GHz
Efficiency core 最大周波数(シングルコア) :1.77GHz
RAM 6GB
内蔵ストレージ 128GB
前面カメラ 有効画素数 約800万画素 CMOS
背面カメラ 有効画素数 約2260万画素 CMOS

こちらがZEROのスペックとなっております。こちらから推測するとかなりハイスペックなことがわかるかと思います。

2018年に発売されたモデルの中でもかなりのハイスペックなモデルということがわかるかと思います。

それでは次のモデルがどのようなモデルになるのか予想してみましょう。

AQUOS ONE AQUOS ZERO2の発売は2019年に

今このタイミングでAQUOSシリーズの最新モデルが発売されるということであれば、2019年の冬モデルで登場する可能性が高いと思われます。

日本では、基本的にスマホのモデルチェンジごとに新しいモデルが販売されるのです。

そのため、このAQUOS ZEROの後継モデルの発売はおそらく2019年の秋ごろになると予想されます。

2019年に標準搭載される可能性の高いCPUというのはSnapDragon8150となっております。

Snapdragon 8150 スナドラ8150 CPU 2019年 発売されるスマホに搭載予定

2018年11月28日

こちらのCPUが搭載される可能性が非常に高いと思われます。

このCPUというのは、2019年に発売されるスマホに標準搭載されるCPUです。とはいうものの一番上位のグレードにのみ搭載されるものとなっており、2019年に発売される予定のXPERIA XZ4やGALAXY S10などに採用される可能性が非常に高いと思われます。

このCPUを搭載している機種というのは、スペックは一番高いものになると思われます。

またAQUOSシリーズの最新モデルでは8G以上のRAMが搭載される可能性も非常に高いですね。

2018年の時点で6GBのRAMを搭載しており、すでに大容量なのですが、2019年は5Gも開始されることからさらに大容量のモデルが出てくることも可能性としては十分ありえます。

AQUOSシリーズは様々な機種が発売されかなり人気モデルに

AQUOSシリーズというのは様々なモデルが発売されており、非常に人気の高いモデルになっています。

廉価版からハイエンドモデルまでAQUOSシリーズというのは様々な機種を販売しております。

AQUOS ZEROというものは一番のフラッグシップモデルとなっており、人気はかなりのものだと思います。

AQUOSシリーズは様々なモデルを出しているということからシャープの技術力の高さがわかるかと思います。

AQUOSシリーズは今後も様々なモデルをいろいろ販売していくものと思われます。

また販路を海外に持ったということもシャープの成長戦略には必要な要素です。鴻海に吸収されたことによりどうなるかと心配でしたが、やはり日本製のスマホというのはかなり人気も高く、世界的な評判もいいということがわかるかと思いますね。

AQUOS ONEはAQUOS ZEROの後継だが、AQUOS R3の後継ともいえる

今回紹介しているAQUOS ONEという機種ですが、AQUOS ZEROの後継モデルかと思いますが、スペック的にはAQUOS R3を継承するかと思います。

AQUOS R3はドコモ、au、ソフトバンクの3社に対して販売をしておりますが、AQUOS ZEROというのはソフトバンクのみに販売しているモデルとなっております。

そのため正直なところそこまで販売台数を伸ばす機種ではないことは、間違いないかと思います。

AQUOS ONEというのは、ベースの機種としてのAQUOS ZEROの後継となるわけですが、スペック的にはすべてがアップされると思われます。

そのためAQUOS ONEで搭載される部材というのは、AQUOS R3で搭載される部材をいろいろ利用するかと思います。

AQUOSシリーズというのは、最近は各社に販売されるモデルとソフトバンクで発売されるモデルというのは差別化されています。

AQUOS ONEに関してもAQUOS R3とは異なる何か差別化された部分があるかと思います。具体的にはどこかと言われると難しいかもしれませんが、差別化されていることは間違いないでしょうね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA