通信費 分離プランとはなにか 支払いはそれほど変わらないような気がする


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

最近通信費の分離と言われておりますが、通信費の分離というのはどういうことでしょうか?

分離にしないと分かりづらいということで、最近は分離プランをメインに考えているようですね。

分離プラン適用で支払いがわかりやすくなる

分離プランが適用されるということで、消費者にとってのメリットというのは支払いがわかりやすくなるということです。

分離プランを適用するということは、通信費と端末の代金がそれぞれ分離されるということです。

今までは今のような料金体系が多かったのです。

分離プラン前の例

通信費:5000円
端末代金:4000円
通信費からの割引:−2000円
端末代金の実質価格:2000円

上記の条件の場合

5000円+4000円−2000円=7000円

これが支払いトータルになるわけです。通信費の割引というものが端末を購入するときに発生する割引です。

実際に通信費からの割引は24ヶ月続くことが一般的で24ヶ月以降は通信費からの割引が発生しません。

また通常端末代金の支払いというのは、24ヶ月間払うわけですから、2年経過した後の料金というのは通信費のみの5000円となるわけです。

そのため2年経過すると端末代金の支払いがなくなるわけですが、通信費としての支払い5000円となり、通信費からの割引の恩恵を受けることが出来なくなります。

これが通信と端末代金の分離になっていない例となっております。

分離プラン

それでは分離プランに関してお伝えしたいと思います。分離プランというのは、通信費からの割引というものはありません。

通信費とスマホの本体代金は分離されているのです。

通信費との分離されるプランの場合通常通信費が安価になる可能性が非常に高いと思われますので、以下のような料金プランになると思われます。

通信費:3000円
端末代金:4000円
端末代金の実質価格:4000円 割引がないので、実質価格という概念がなくなると思われる。

この場合は毎月の支払いは以下の通りとなります。

3000円+4000円=7000円

これが毎月の支払いです。端末代金は通常24ヶ月支払いが発生するので、実は24ヶ月間の支払いはおそらく分離プランでも分離前のプランでも同じになると思います。

端末代金を購入したことにより、通信費からの値引きというものがなくなりますので、その分毎月の支払いとしては通信費いくら、端末代金いくらという形でわかりやすい料金体系になると思われます。

そして2年が経過したときには端末代金の支払いがなくなりますので、3000円だけが支払い対象となる可能性が非常に高いわけです。

そのため2年間経過した後の通信費の支払いは3000円となるわけですね。

端末分離プランが長期間持つ人にとってはありがたいプランになる可能性が高い

このように長期間スマホを維持しようと思う人なら分離プランのほうがお得になる可能性が非常に高いと思います。

通信費が下がるということで、確かに通信費を下げるということは可能かと思います。

ただし端末の実質価格というものがなくなると思われますので、実質価格がなくなり端末本体の価格がそのまま支払いにONされる形になる可能性が非常に高いと思われます。

最近はスマホの価格もかなり値上がりしており、24ヶ月を分割で購入したとしても毎月の端末の支払いが5000円を超えるような機種もかなり出ているのです。

そのため、通信費の値下がりがおきたとしても実際には1万円近くの支払いが発生する可能性があるかと思います。

ただし2年後には通信費のみとなるわけなので、2年経過した後は通信費のみの支払いとなり、結構安価に維持できる可能性があります。

それが本当にトータル的にみていい判断なのでしょうか?

分離プランで通信費が下がっても・・・

分離プランが適用され、通信費が下がったとしても正直なところ端末が売りにくくなる状況になると思われます。

分離プランが適用され、2年以上維持した場合に通信費だけの支払いになり値引き処理がないのであれば、スマホを購入しようとは思わない人も多いと思います。

また分離プランが適用され、スマホの実質価格というものがなくなる可能性が高いため、実質価格という概念がなくなり、スマホの価格がかなり高額に見えてしまうということになります。

トータルの維持費はさほど変わらないと思われますが、スマホの価格が実質価格なら5万円ほどの機種でも実際の価格は10万円と言われると躊躇する人も多いでしょう。

実質5万円なら分割したらなんとか支払うことができると考えていた人も10万円なら我慢しようと思う人も結構出てくるのです。

このように分離プランが決していいわけではありません。分離プランにすると購買意欲が下がってしまう可能性も非常に高くなるわけです。

購買意欲が下がって正直いいことはありません。メーカーとしてはスマホは売れてナンボと考えていると思いますので、分離プランが導入されるとどうなるのか本当に先行き不透明です。

スマホのメーカーにとってはこの選択肢というのは正直なところやめてほしいと思っているのではないでしょうか。

スマホが今後売れにくくなる時代になる

この分離プランなどというのは、いわゆる国の指示によるものが多いわけですが、以前MNPなどを規制したことがありました。

MNPを規制するということで、残念ながらスマホが売れないという状況になりました。

これに伴い販売代理店もかなり苦しい立ち位置となったわけです。学割の時期などは相当な減額となったわけです。

これが分離プランとなれば、相当スマホが売れにくくなる可能性が高いと思われます。

スマホが売れないというのは業界全体としてもかなり苦しいと思いますが、総務省は何をしているのか?とも思いますね・・・

各社分離プランを投入していくため、今後わかりやすくはなるわけですが、スマホが売れにくくなる状況は続くでしょうね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA