• HOME
  • ブログ
  • ドコモ
  • ドコモの通信費が下がる スマホの本体代金と分離で料金プランもわかりやすくなる可能性が高い

ドコモの通信費が下がる スマホの本体代金と分離で料金プランもわかりやすくなる可能性が高い


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

ドコモが通信費を下げるように検討していることがわかりました。

総務省が主導で行ってきた料金プランがわかりにくいということや料金が高止まりしているという指摘に対する施策ということになるかと思います。

ドコモの料金は現在本体代金+利用料という形で提供しておりますが、本体代金の支払いを月々サポートという形で通信費の割引を行っております。

そのためわかりにくいという指摘が今でもあるようです。

本体代金と通信費の分離が出来ていない

基本的に本体代金と通信費の分離が出来ていないということです。

仮に毎月5000円本体代金がかかる機種を購入したとします。毎月の支払いが5000円で24回支払うということは、本体代金は12万円です。

本体代金12万円の機種を購入するのですが、実際にはそこから月々サポートという施策が適用されます。

そして表記は実質価格仮に3000円と表記されるとどうでしょうか?本体代金が3000円なら買おうかな?と思うわけです。

3000円を24回で払うのであれば、本体代金が72000円になるのです。

しかしながらそれは実質価格です。2000円安くなっているというのは、通信費からの値引きなのです。

あくまでたとえですが、通常は以下の代金の支払いが発生します。

通話基本料+SPモード+通信費+本体代金

ざっくりですが、これらが支払いに必要になります。そして先程の月々サポートというものを入れるとどうなるか?ということですが、支払いは以下のようになります。

通話基本料+SPモード+(通信費−月々サポート)+本体代金

イメージとしてはこんな漢字です。

本体代金が安くなっているわけではなく、通信費が安くなっているのです。このことが非常にわかりにくいというわけです。

長く使い続けた場合はどうなる?

実は長く使い続けた場合というのはどうなるのでしょうか?端末の支払いは通常24ヶ月で終了します。

そのため24ヶ月目以降の支払いはどうなるのか?というところですが、24ヶ月目の支払いは以下のようになります。

通話基本料+SPモード+通信費

これだけになるのですが、この通信費が高いというわけですね。

2年間に渡り、月々サポートという手法で通信費の値下げは行われましたが、2年経過すると月々サポートが終了し、通信費の実質的な値上げが行われるわけです。

そのため2年経過すると正直なところお得感がありません。

実質このような施策というのは、2年以上経過したら次のスマホの購入を検討しなさいということなのでしょうが・・・・

それでもこれではあまり納得感ありませんよね。

ということで、このあたりも含めて通信費と本体代金の分離をしなさいという指導が総務省からも出ているわけです。

そうなると単純に以下のような支払いになるわけです。

通話基本料+SPモード+通信費+本体代金

こうなるわけで、元の支払いになるわけです。元の支払いになるということですが、実際にはこの通信費にあたる部分の値下げが行われる可能性が非常に高いということです。

毎月の維持費を下げるためにはこの通信費を下げるということは非常に重要なことかもしれません。

結果的に毎月の通信費というのは、自分のチカラではコントロールできませんからね・・・これが下がることを望んでいる人というのが非常に多いと思います。

とはいうものの現在世の中では4割下がるといっているようですが、実際に4割下げることはできるのでしょうか?結構難しいような気もしますが・・・

それでも現在それに取り組んでいるということでしょうからそれに関してはがんばってもらいたいですね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA