スマホに傷が入った 傷を修復にはガラスコーティングがオススメ


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

スマホに傷が入ったなんて嘆いている人も多いと思います。スマホに傷が入ったら普通の人は単純に諦めるなんて人も結構多いと思います。

ネットなどを見ていると歯磨きがいいなんてことが結構書かれております。

実は歯磨きというものは研磨剤が含まれており、研磨をすることで傷があたかもとれたかのような錯覚になるだけで、実際は傷が取れているというわけではありません。

スマホの画面にはコーティングがされており、そのコーティングを研磨剤でとっただけにしかすぎないのです。

確かに傷は取れているように感じるわけですが、取れたというよりもコーティングを剥がして傷を目立たなくしたという感じです。

一般的にはコーティングがありコーティングのみが傷ついているということが一般的なのです。

そのため最近はフィルムを貼らずにコーティングを行うケースも増えてきているようです。

それではスマホの画面を保護するためのコーティングを紹介したいと思います。当然ながらコーティングにより修復も可能となっております。

スマホの画面を保護するコーティング

これらコーティングを塗ることで、結構耐久性もよく、スマホの画面の傷も防ぐことが可能となっているのです。

コーティングをするという発想は今までなかったかと思いますが、コーティングするほうが結果的に傷がいったときの修復ということで便利になるのかもしれません。

一番は傷をいかせないことが大事

一番重要なことはそもそも傷がつかないように普段から保護しておくということが非常に重要になります。

やはりその方法というのは、保護フィルムをつけるかもしくは手帳型ケースをつけるという方法です。

保護フィルムをつけるということは今まで普通の人は行っていると思います。保護フィルムをつけることで基本的に傷がついてもフィルムに傷がつくだけで、本体に傷が付くというわけではありません。

そのためフィルムをはる人はかなり多いと思います。

フィルムをはるという行為が嫌な人も実はいるのです。それは操作性です。実際にはほぼかわりませんが、若干ながらレスポンスが悪くなるという理由で、フィルムをはるのを嫌がる人です。

他には実際の見え方がフィルムをはると異なるという意見もあります。

フィルムによっては確かに見た目がかなり違うようなものもあるので、確かに見た目が変わる可能性というものは十分に考えられます。

そのためそういう人というのは、フィルムではなく手帳型のようなケースです。実はこれでかなりの傷を防ぐことが可能となっているのです。

手帳型ケースというのは最近使っている人もかなり多いことから特にきにすることなく利用できる環境になりました。

手帳型ケースを持っている人は本当に多いですよね。

私も今は手帳型ケースをしております。昔は消耗品という考え方からスマホ購入時でもケースをつけておりませんでした。

それが今はケースをつけるようにしております。やはりケースを利用することで、これらの傷を防ぐことができるという自己防御だと思います。

傷をつけたくないと思ったらはじめからケースなどは必需品かと思いますね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA