• HOME
  • ブログ
  • Android
  • Qualcomm SnapDragon675 スナドラ675 2019年 初旬に登場 マルチコアAIエンジン搭載

Qualcomm SnapDragon675 スナドラ675 2019年 初旬に登場 マルチコアAIエンジン搭載


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

QualcommはSnapDragon675を2019年の初旬にも発表するようですね。

今回発表されたSnapDragon675というモデルというのはQualcommによると以下の能力に長けているようです。

・ゲーム機能
・AI機能の飛躍的向上
・最先端のカメラ

これらの機能に長けているといいます。

現在発売されているSnapDragon670と比較しても当然スペック的に見ると上位モデルとしての位置づけとなるようですね。

ゲーム機能

Snapdragon 675は、フレームレートの高いスムーズなゲーム体験を提供するように設計されたSnapdragonモバイルプラットフォームの異機種混在コンピューティングの優位性が発揮されるスマートフォンから最も高度なゲームを求めています。 Qualcomm Technologiesは、ゲーム開発者と協力して、次のレベルのゲーム体験を600層に提供しています。 Unity、Unreal、Messiah、NeoXなど、いくつかのゲームやゲームエンジンが最適化されています。 Qualcomm Technologiesは、Vulkan、OpenGL 3.2、OpenCL、Snapdragonプロファイラなどの一般的なツールとAPIもサポートしています。

キャプチャー

クアルコムSpectra 200シリーズISPの驚異的なパワーを引き出したSnapdragon 675は、スマートフォンユーザーが昼夜、スローモーション、およびAIの助けを借りて、プロフェッショナルレベルの品質で画像やビデオをキャプチャできるように設計されています。 Snapdragon 675は、テレフォト、広角、超ワイドの画像キャプチャ、強化されたポートレートモード(Bokeh)、3Dフェイスロック解除、「壮大な」セルフ機能など、前面または背面のトリプルカメラ構成をサポートしています。 さらにSnapdragon 675は、1秒以下のバーストに限らず、HDで拡張されたslo-moビデオクリップを無制限に録音できます。

AI

マルチコアAIエンジンを搭載したSnapdragon 675モバイルプラットフォームは、AIアプリケーションで最大50%の全体的な改善を実現するように設計されています。 マルチコアAIエンジンは、写真やビデオをキャプチャし、ユーザーの声を学習して適応させ、バッテリ寿命を最適化することで、情報を取得して究極のパーソナルアシスタントになるモバイルデバイスの能力を向上させるように設計されています。 異種コンピューティングを通じて、Hexagon DSP、Adreno GPU、およびKryo CPUは、協力してAIアプリケーションをデバイス上でより高速かつ効率的に実行するように設計されています。 Snapdragon 675でサポートされている追加のAI使用例には、カメラ(シーンとオブジェクトの検出、画像スタイルの転送、ポートレートの再点灯)、セキュリティ(顔のロック解除、支払いのセキュリティ)、音声と翻訳が含まれます。 グローバルISVは、Megvii(Face ++)、NetEase、SenseTime、Thundersoft、Trio.AIなどのプラットフォームもサポートしています。

CPUがこれらの機能を全面的にサポート

CPUがこれらの機能を全面的にサポートするのです。ある意味かなりの機能をサポートしていると思います。

今回はゲーム機能に特化した形のCPUとなるようですね。そのためゲームをメインに押し出しているようなAndroidに採用されることが予想されます。

とはいうもののSnapDragonの6番台というのは、ミドルレンジくらいに搭載されているCPUとなっておりますが、実際にこの675もそのレンジのものになると思われます。

それでも6番台の最上位となっております。

2019年に登場するということなので、今後かなり期待できるのではないでしょうか。

2019年のミドルレンジに搭載される予定になっており、このCPUが搭載されているモデルというのは、ミドルレンジの中で最上位に位置するモデルということがわかるでしょう。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA