• HOME
  • ブログ
  • Android
  • GALAXY FEEL2 ギャラクシーフィール2 SC-02L スペック 発売日 価格 docomo with対象 安く維持可能

GALAXY FEEL2 ギャラクシーフィール2 SC-02L スペック 発売日 価格 docomo with対象 安く維持可能


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

ドコモからGALAXY FEEL2という比較的安価なスマホが発売されました。

GALAXY FEELというスマホはすでに発売中ですが、それの後継モデルとなります。

安く維持することが可能ということで、FEELシリーズは実は結構人気があるモデルとなっております。

またFEELシリーズというのはスペックも非常に高く、スペックが高いわりには価格もかなり安価ということで、かなり人気が出ているのです。

docomo with対象製品となっており、docomo with対象製品というのは、機種変更を行うまで永遠に1500円毎月の通信費から値引きが行われるという施策になっているのです。

そのため毎月1500円の値引きを狙ってかなりの人が契約を行うわけです。通信費というのは、固定費を語る上で結構大きい出費となりますからね。

毎月1500円が継続的に引かれるということは、かなりいいと思いませんか?家族4人が仮に1500円毎月引かれるとなると6000円毎月出費が減るのです。それは本当に大きいことです。そのため契約する人はどんどん増えていっているのです。

それではどのようなスペックになっているのか紹介したいと思います。

GALAXY FEEL2のスペック

GALAXY FEEL2
寸法 149 x 70 x 8.4mm
重さ 168g
OS Android 8.1 (Oreo)
画面サイズ 5.6インチ
解像度 HD+(720×1480)
ディスプレイ Quad HD+ Super AMOLED
プロセッサ Exynos 7885 Octa core(2.2GHz+1.6GHz)
RAM 4GB
内蔵ストレージ 32GB
microSD 最大512GB
前面カメラ 16MP、f/1.9
背面カメラ 16MP、f/1.7
WiFi 802.11ac
Bluetooth v5.0
Payment NFC対応(Felica含む)
カラー フロストホワイト、オーパルブラック、オーロラピンク
バッテリー容量 3000mAh
センサー 加速度センサー, 角速度センサー, 地磁気センサー, 照度センサー, 近接センサー, 気圧センサー, 指紋センサー, ホールセンサー
その他 IP68防水防塵

こちらがスペックとなっております。CPUに採用されているExynos 7885というものは、SnapDragon636相当と言われており、日本で発売されているスマホの中ではミドルレンジレベルとなっております。

Exynos 7885というCPUはあまり聞き慣れませんが、サムスンが製造しているCPUとなっております。

スペック的にはミドルレンジのスペックとなっておりますが、格安スマホという位置づけになると思いますので、そういう位置づけで見るのであれば、十分ではないでしょうか。

ハイスペックモデルには当然ながらスペックは及びませんが、普通に利用するのであれば、このモデルでも全く問題ないでしょう。

それこそハイパフォーマンスを要求されるゲームなどをする人ならちょっと物足らないスペックとなりますが、ゲームをせずにウェブ閲覧やユーチューブなどを閲覧する人にとってはまず満足できるスペックになるかと思います。

インカメラの画素数が非常に高いことが特徴的

セルフィーもアウトカメラ並みの高画質撮影が可能に。 雰囲気のあるハイクオリティなセルフィーが撮れる「自分撮りフォーカス」、顔のラインを細くしたり、目の輪郭をくっきりさせることができる「美肌モード」や、自分そっくりのアバターを作成できる「AR絵文字」など、多様な撮影機能とモードで、スマホカメラに新たな楽しみを。

こちらGALAXYのホームページに掲載があった文書の転機ですが、インカメラは1600万画素となっており、インカメラにチカラを入れている印象となっております。

インカメラは男性はおそらくそれほど利用することはありませんが、インカメラは女性を中心に利用する人は非常に多いです。

いわゆる自撮りに強いスマホということです。

このような自撮り棒を利用して写真を撮るなんてシーン結構見かけること多いですよね。

このようにインカメラのスペックが高いと自撮りを行う人も結構いるのです。

GALAXY FEEL2の予約開始日及び発売日は?

予約に関してはすでに開始されております。


ドコモオンラインショップから予約を行うことが可能となっております。

ドコモオンラインショップというのは事務手数料が無料となっており、非常に購入しやすくなっております。

また頭金に関しても設定されておりませんので、店舗で購入するよりもお得に購入できるケースが非常に多いです。

そのため予約をして購入する人もかなりいるのです。

また発売日は11月上旬と案内されており、発表後割とすぐの購入を行うことが可能となっております。

せっかく購入するのであれば、予約をして事前に購入してもいいのではないでしょうか。

docomo with対象スマホ 毎月維持費が1500円下がる

docomo with対象のスマホという位置づけとなっており、毎月の維持費が1500円下がります。

これはかなりのメリットではないでしょうか。

docomo withというのは、毎月の維持費をそのスマホを契約している間継続的に下げてくれるという施策となっており、現在ならiPhone6sが非常にお得となっているのです。

基本的にこのdocomo withという契約はかなり契約者数を伸ばしてきており、最安値で280円から維持できるということで、非常にメリットがあります。

こちらdocomo withに関しての記事を掲載しているのでこちらも合わせてご確認いただければと思います。

このように安価にスマホを維持する上で非常にメリットの高いスマホとなっているのです。ぜひ検討してもらいたいですね。

毎月の割引が永久に1500円割引になるということはかなりメリットのあることかと思います。

1500円とはいえ、本当に数年間維持するとそれだけでかなりお得に維持することが出来ますからね。

長期間維持したいと考えている人なら間違いなくオススメできるかと思います。

昨今スマホの維持費に関してはかなり見直されていると思います。

docomo withは本当にそういう意味では280円〜維持が可能ということで、かなりオススメできる契約になるかと思います。

ベースモデルはGALAXY A8

GALAXY FEEL2のベースモデルはGALAXY A8となっております。

日本ではGALAXY Aシリーズというのはあまり知られておりませんが、Aシリーズというのはミドルレンジのスマホとなっております。

最近ならGALAXY A9というモデルでクアッドカメラが搭載されるモデルが発売されるなど世界的には割とメジャーなシリーズとなっております。

SIMフリーとして購入するならこれくらいの価格帯ということになります。

日本でAシリーズとして販売されないのか不思議ですが、ドコモはGALAXY FEELという名称でこの後も継続して販売するのでしょうかね。

docomo withとして非常に安価に手に入れるのであれば、docomoの回線とセットで購入するほうが間違いなくお得なような気がしますね。

GALAXY FEEL2のケースなどを紹介

GALAXY FEEL2のケースなどを紹介したいと思います。




こちら比較的安価なケースとなっております。

昨今ケースを購入する人はネットでもかなりの人が購入しております。

保護フィルムなども付属してあるものもありますので、そちらも合わせて購入いただければと思います。

手に入れる前にケースの購入はしておきたいものです。

やはりケースがないと傷などが不安ですからね。実は結構スマホは傷がいくものなのです。そのためどうしても傷がいってしまうと一気にテンションが下がります。

傷がないようにケースなどを利用して使いたいものです。

発売日ではなく、事前にケースを購入しておくことが最近は普通になってきております。
アマゾンや楽天などの大手通販サイトでは事前にケースを購入することが可能です。

なぜそのようなことが可能なのか?ということですが、すでにGALAXY FEEL2というのは別モデルで販売されていたり、またケース製造メーカーに対しては情報を流しているんですね。そのためケースメーカーはスマホの販売と同時にケースを販売することが可能になるわけです。

スマホのケース及び保護フィルムというのは、最近は必須となっております。つけていることが当たり前ということで、事前購入を是非検討してください。

大画面なことがありがたい

フレームの厚さを極限に抑え、画面の大きさを最大限に広げたInfinity Display。より広くなった5.6インチの大画面で、圧倒的な没入感と大迫力の映像を楽しむことができます。Super AMOLED (有機EL)ディスプレイを搭載し、色鮮やかで高精細、日中の屋外や明るい場所でも鮮明に映像を映し出します。

完全なベゼルレスというわけではありませんが、かなりベゼルレスに近いかたちとなっております。

5.6インチというかなりの大画面となっており、ここまでの大画面であればかなりいいと思いませんか?

昨今はハイエンドモデルで大画面のモデルが非常に多くなってきたわけですが、価格がそこまで高くないモデルでも大画面モデルというものが非常に増えてきました。

そのため大画面化が進むAndroidでは低価格のモデルでもこのような大画面かつベゼルレスというモデルが非常に増えてきているのです。

これはかなりおすすめできるかと思いますね。

写真などを撮るときの被写体をほぼベゼルなしで映し出せるということも魅力の一つでしょう。このモデルを購入するということは安く使いたいという人にとっては本当にありがと思います。

価格的にはかなり安価な価格設定となっており、維持費もかなり安価です。

維持費を下げたい人にとっては本当にこの機種はありでしょう。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA