ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

2020年のiPhoneではUSB Type-cになるのか 汎用的なコネクタに変更

元々2018年の時点で次期iPhoneにはUSB Type-Cが搭載されると言われておりました。

実際にコネクタなどの写真なども公開され、期待していた人も多かったのではないでしょうか?

しかしながらiPhoneの2018年モデルではすべてのモデルでLightningが搭載されており、残念ながらこれはUSB TypeーCは対応されることはありませんでした。

となるとやはり期待したいもしくはニュースになる出来事として2019年モデルのiPhoneではUSB Type-Cが搭載される可能性というのは非常に高いのではないでしょうか。

基本的にUSB TypeーCというのはAndroidスマホでは一般的になっており、非常に汎用性の高いものとなっております。

また伝送速度に関してもかなり高速なので、iPhoneで採用されるとしても全く問題ないと思われます。

USBの形状としても結構オススメしたいですね。

Lightningもそうなんですが、上下がないというところも非常に評価できるかと思います。基本的に上下のないケーブルというのは挿しやすいですからね。割と暗い場所でも挿しやすいというメリットがあるかと思います。

iPhoneがUSB Type-Cになったらメリットは大きい

iPhoneがUSB Type-Cになったら非常にメリットは大きいです。そのメリットというのはAndroidと共有になるという部分やMacBookもUSB Type-Cを搭載しており、非常にメリットがあるかと思います。

互換性のケーブルが大量に出ているということもかなりのメリットかと思います。

Androidと共通のケーブルになりますので、周辺機器が非常に安価に購入することが可能になるかもしれません。

この周辺機器というのはApple純正の周辺機器も大量に発売されておりますが、サードパーティ製のものも大量に発売されることになるでしょう。

それはAndroid、iPhone共通のものになるかと思いますね。

そういうことを考えると間違いなくお得に利用することが可能かと思います。

基本的にiPhoneというのは音楽系の周辺機器というものもかなり世の中には出回っており、それらがAndroidと共通になると開発コストは今よりも確実に下がるでしょう。

当然ながらAndroidからiPhoneへの乗り換えという点においてもやりやすくなります。当然ながら逆も然りですが・・・

AndroidとiPhoneの互換性がかなり上がることは間違いないでしょうね。

基本的に相当オススメできることは間違いないかと思います。とはいうもののデメリットもあるわけです。

iPhoneでUSBーCを導入するデメリット

最大のデメリットというのは今iPhoneを利用している人がもっている周辺機器を利用することが出来なくなります。

新しい新型のiPhoneが発売されるとその周辺機器は利用できません。今まで利用していたiPhoneを継続して利用する必要があるのです。

それが最大のデメリットでしょう。

人によっては数万円もの投資を行って周辺機器を持っている人もいるわけです。

実は私もその一人なのですが・・・それが最大のデメリットではないでしょうか。

周辺機器が利用出来なくなる可能性が高いということが非常にデメリットのあることではないでしょうか。

iPhoneでのUSB-Cの導入というのは以前から言われており、2018年に発売されるiPadでもUSB Type-cが搭載される予定になっております。

世の中はどんどんUSB Type-Cになっていくわけですね。

当然ながらデメリットもありますが、新しい何かを採用する時というのはどうしてもそういうものは出てきます。

デメリットばかり言っていたら次に進みませんので、ある意味仕方のないことではないでしょうか。

iPhoneにUSB Type-Cが採用されるというところに関しては歓迎したいところですね。

2018年のiPadからUSB TypeーCが搭載

上記で少し記載しておりますが、USB Type-Cの採用というのは、2018年モデルのiPadからになると言われております。

iPadで採用されるとほぼ間違いなく採用されると思われます。

当然ながらそれに合わせた新しい周辺機器というものも発売されるでしょう。

周辺機器というのはiPad及びiPhoneにも対応されると思われます。2019年なら当然ながらある程度対応することも可能でしょう。

先にiPadで試験運用して、iPhoneユーザーへの流布とするようですね。

確かにUSB Type-CというのはiPhoneユーザーには馴染みのないことでしょう。

それでも世の中の流れとして変わっていくのであれば、仕方ないことかもしれません。

iPhoneでもiPadでも同じインターフェイスを採用するということで、ユーザーとしては結果的にスムーズに移行を行なうことも可能になるかと思いますね。

USB Type-CにならなかったiPadmini

2019年に発表されたiPadminiですが、USB Type-Cになりませんでした。

ということはUSB Type-Cになる可能性は非常に少なくなりました。

Lightningケーブルというのは、iPadminiやiPad Airで搭載され、これから先もまだ継続して販売し続けることが可能となっております。

iPadPROではUSB Type-Cになっており、iPhoneもUSB Type-Cになると予想されましたが、残念ながら採用されることはないかと思います。

Lightningはいろいろなものが販売されており、周辺機器としては非常に充実しております。

そのためLightningでよかったという声もあるかと思いますが、Lightningというのは、正直なところいろいろ使い勝手もいいと思います。

iPhoneにLightningが搭載されているほうがいいと思う人もまだかなり多いのではないかと思います。

iPhone11ではLightningのまま

iPhone11ではLightningケーブルのままでした。

iPhone11でのLightningケーブルの維持というのは、賛否が分かれる部分ですが、周辺機器を利用している人にとっては、Lightningのままでも問題なかったのではないかと思います。

Lightningケーブルというのは、継続してiPhoneを利用している人にとっては非常に使い勝手のいいケーブルとなっており、iPhoneは日本のスマホ所持率の約半分を占めています。それだけの人がLightningケーブルを利用しているということであれば、Lightningケーブルでも問題ないかと思います。

Androidとは異なる形状をしていますが、Lightningケーブルを単体で持っている人も多いので、やはり借りやすいというメリットもあります。

しかしながら今後LightningケーブルからUSB-Cに変わったらどうでしょうか?AndroidはUSB-Cケーブルを利用していることが大半です。

iPhone12ではUSB-Cを採用か

USB-CがiPhoneにやってくるという情報は以前から言われておりましたが、iPhone12ではついにUSB-Cが登場する可能性が非常に高いと思われます。

iPhone12では完全に形状が変わるといわれており、本体のサイズもiPhoneXS、iPhone11のような形状から変更が行われる予定となっています。

iPhone12 /12 Pro /12 Pro MAX 2021年 5G スペック 発売日 予約 ドコモ au ソフトバンク

2019年10月7日

そのタイミングでUSB-Cの採用になるとも言われております。iPhone12は形状の変更が行われるため、かなりの人が期待していることは間違いないと思います。

画面サイズもMAXモデルは6.7インチまでサイズアップするといわれており、さらに大画面になります。

iPhone12にはかなり期待してもいいのではないかと思います。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA