iPhoneXR iPhoneXs iPhoneXsMAX データ移行 機種変更時の電話番号などの引き継ぎは?


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

iPhoneXrの予約が開始されます。

2018年10月19日16時1分からとなっており、今執筆している時間からするとそろそろですね。

docomo-300x68

au-300x67

sb-300x67

こちら各社オンラインショップとなっております。

iPhoneを現在利用しており、新しいiPhoneXRなどの最新機種を購入した場合にどうすればデータ移行ができるのか非常に気になるところではないでしょうか。

データ移行という方法は実はかなりよくできているのです。

本当に簡単にデータ移行を行うことが可能となっております。

一度iPhoneを所持したらiPhoneから抜け出せなくなる理由というのはこのようなことにもつながるのかと思います。

それでは動画で解説してみましょう。

旧iPhoneから新iPhoneにデータを移行する方法

こちらの動画を見てもらえればすぐにわかるかと思います。

データ移行の時間というのは10分もかかりません。

基本的に自分のちからですべて行うことも可能となっております。

また今回の動画中では、新しくiPhoneを設定するとしておりますが、既存のiPhoneを選択することも可能です。

既存のiPhoneを選択した場合

既存のiPhoneを選択した場合アプリのダウンロードが行われ、まさに今利用している状態と同じiPhoneが出来上がるのです。

これは本当にすごい機能だと思いませんか?

iPhoneだけが新しくなり、設定などすべての項目が引き継がれるのです。

iPhoneを買おうと思ったけどデータ移行のやり方がわからないという人にとっては本当にありがたい機能だと思います。

ただしアプリのダウンロードで気をつけなければいけないのがWi-Fi通信をしているかどうかではないでしょうか。

私の環境ではWi-Fi環境で実施しているので、Wi-Fiの環境も引き継がれるのですが、Wi-Fi環境がない場合はひょっとするとLTE回線を利用してアプリのダウンロードが行われる可能性もあります。

その場合は無駄にパケットを食うので気をつけたいところです。

そのため基本的にはWi-Fiのある場所でこういう作業は実施したほうがよさそうですね。

完全にAppleの囲い込み

ここまでデータの移行が簡単に行われるということは本当に便利ですよね。

10年ほど前ですが、ガラケーを持っていた時に赤外線通信ですべての設定から何から何まで移行するという人もいましたが、実はそれと同じくらい便利な機能となっております。

完全なAppleユーザーの囲い込みです。これはいい意味での囲い込みとなっているかと思います。

ここまで便利にデータの移行が行われるのであれば、本当に何も意識する必要はありません。

全く意識することなく、データの移行及び設定が終わるのです。

一番ありがたいのはWi-Fiなどのパスワードを含めて移行ができるということです。通常そこまで移行できることはないかと思いますが、Wi-Fiでもつながるわけです。

すべて自動的にデータの移行が完了するのです。

本当にこの機能というのはかなり便利な機能ですよね。逆にiPhoneからAndroidに乗り換える理由が見つかりません。

基本的にそれだけで終わるわけですから、かなり便利なのです。

iPhoneからiPhoneの機種変更は全く気にすることなし ただし・・・

上記の通りiPhoneからiPhoneの機種変更というのは全く気にすることはありません。

むしろかなり楽観視していても問題ないでしょう。データの移行及び設定も10分程度で完了するわけです。

ここまで早く移行できるので、通常であれば、全く問題ないです。

ただし気になる点もいくつか存在します。

SIMフリーのスマホならどうするの?ということがオンラインショップなどで買った場合はどうするの?

このような時にどうするのでしょうか?

実はこれらまでは設定の移行ではうまくいかないケースがあります。

SIMフリーやオンラインショップなどで購入した場合はLTE通信を行なうための開通手続きをする必要があります。

SIMフリーの場合は新しいSIMを準備する必要があります。

その時のSIMというのは格安SIMでも問題ないでしょう。

オンラインショップなどで購入した場合というのは基本的には開通手続きをする必要があります。

通常SIMフリーを購入する人というのはある程度リテラシーが高い人なので、自分でも解決することができるかと思います。

オンラインショップなどで契約する人は開通手続きというのは非常に簡単です。

開通するためのマニュアルというものが同梱されているので、そのマニュアルを見ながら開通手続きをすれば全く問題なく開通を行なうことが可能です。

そのため契約時には中にSIMを入れた状態で発送をお願いしましょう。オンラインショップで契約した時は契約時に中にSIMを同梱して発送するという部分がありますので、そこは間違いなくSIMを同梱した状態で発送してもらいましょう。

そうすることで開通手続きが非常に簡単に行えます。

開通手続きもそうですが、機種変更の手続きもそうですが、ネットですべて完結し、自己完結で新しいiPhoneを利用することが可能となっており、最近は本当に便利になったかと思います。

データの引き継ぎや電話番号、設定などの移行は新しいiPhoneを購入しても誰でもできるので、安心して購入してもらっても問題ないかと思いますね。

iPhoneなら次もiPhoneになる理由はそこにある

iPhoneを購入したら前モデルからのデータ移行というものを行う人がほとんどです。

当然ながらiPhoneを購入したら次もiPhoneにしたくなるという理由はここにあるわけです。

本当に便利な機能になっているのです。

簡単にデータ移行を行うことが可能となっておりますので、簡単にデータ移行を行うのであれば、iPhoneからiPhoneなのです。

機種変更もそうですが、他社への乗り換えもiPhoneからiPhoneなら非常に簡単に乗り換えることが可能となっているわけです。

ここまで簡単なら他社への乗り換えの検討もありかと思いませんか?

これはiPhoneからiPhoneへの機種変更が便利ということで、MNPを推奨しているわけではありませんが、MNPのほうがお得に購入することができるということもあり、メリットを感じるならそれはそれでもOKでしょう。

MNPに関してはこちらも合わせてご確認ください。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA