ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

GALAXY NOTE9 iPhoneXsMAX 比較 違い 2018年の大画面スマホ対決

日本国内で今後GALAXY NOTE9が発売される見込みになっております。

すでに海外では、GALAXY NOTE9の発売は開始されております。

今回発売された2つのスマホは非常に大画面となっており、気になっている人も多いでしょう。

この大画面モデルのどちらかを購入しようかと考えている人も多いと思います。

それでは2つの機種のスペックに関して紹介したいと思います。

それより前に各社キャンペーンを開催中です。

<ドコモ>


<au>


オンラインショップでの購入は自宅から購入することができるので、非常に便利です。特にdocomoの場合はオンラインショップ限定で事務手数料が無料のキャンペーンを実施しているのです。これはかなりオススメできるかと思いますね。

本当にオススメできるモデルです。どちらにするかは本当に悩ましいところです。

GALAXY NOTE9のスペック

Galaxy Note9
寸法 161.9 x 76.4 x 8.8mm
重さ 201g
OS Android 8.1 (Oreo)
画面サイズ 6.4インチ
解像度 2960 x 1440(516ppi)
ディスプレイ Quad HD+ Super AMOLED
プロセッサ Snapdragon 845 or Samsung Exynos 9810
RAM 6GB or 8GB
内蔵ストレージ 128GB or 512GB
microSD 最大512GB
前面カメラ 8MP、f/1.7
背面カメラ Dual cameras:
12MP、f/1.5, f/2.4(ワイド)
12MP、f/2.4 (テレ)
LTE Cat.18 Enhanced 4×4 MIMO, 5CA
WiFi 802.11ac
Bluetooth v5.0
Payment NFC, MST
S-Pen 106.37 x 5.7 x 4.35mm、3.1g
バッテリー容量 4000mAh
認証センサー 虹彩認証、指紋、インテリジェントスキャン(虹彩+指紋)
その他 IP68防水防塵

こちらがGALAXY NOTE9のスペックとなっております。基本的にAndroidを搭載している為、単純比較という点では難しいと思いますが、それでもAndroidのスマホの中では最高のスペックを誇るスマホとなっております。

さすがGALAXYといったところでしょうか。またGALAXY NOTE9というのはスタイラスであるSペンが付属されているというところも非常に重宝するのではないでしょうか。

iPhoneXsMAXはApplePencilに対応するかもしれないという情報もありましたが、実際にはApplePencilの利用はできません。

あくまで噂レベルでした。そのためApplePencilというのはiPadで利用するのみとなっているのです。

最大の違いというのはこのスタイラスというところになるかと思います。

iPhoneXs及びiPhoneXsMAXのスペック

 

ドコモオンラインショップなら事務手数料が無料でお得
docomo ドコモ au SB ymobileL
機種 iPhone XS iPhone XSMAX
仕上げ
大きさ 143.6×70.9×7.7mm 157.5×77.4×7.7mm
重さ 177g 208g
OS iOS12 iOS12
CPU A12 A12
RAM 4GB 4GB
ROM 64、256GB、512GB 64、256GB、512GB
画面サイズ 5.8インチ 6.5インチ
解像度 2,436 x 1,125ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
2,688 x 1,242ドット 458ppi 1,000,000:1コントラスト比(標準)
Super Retina HDディスプレイ
画面その他 True Toneディスプレイ
広色域ディスプレイ(P3)
3D Touch
最大輝度625cd/m2(標準)
耐指紋性撥油コーティング
複数の言語と文字の同時表示をサポート
カメラ デュアル12MPカメラ(広角と望遠)
広角:ƒ/1.8絞り値
望遠:ƒ/2.4絞り値
2倍の光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
デュアル光学式手ぶれ補正
6枚構成のレンズ
クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
パノラマ(最大63MP)
サファイアクリスタル製レンズカバー
裏面照射型センサー
ハイブリッド赤外線フィルタ
Focus Pixelsを使ったオートフォーカス
タップしてフォーカス(Focus Pixelsを利用)
写真のスマートHDR
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
ローカルトーンマッピング
高度な赤目修正
露出コントロール
自動手ぶれ補正
バーストモード
タイマーモード
写真へのジオタグ添付
画像撮影フォーマット:HEIF、JPEG
ビデオ撮影 4Kビデオ撮影(24fps、30fpsまたは60fps)
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(最大30fps)
ビデオの光学式手ぶれ補正
2倍の光学ズーム、最大6倍のデジタルズーム
クアッドLED True Toneフラッシュ
1080p(120fpsまたは240fps)スローモーションビデオに対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
連続オートフォーカスビデオ
4Kビデオの撮影中に8MPの静止画を撮影
再生ズーム
ビデオへのジオタグ添付
ビデオ撮影フォーマット:HEVC、H.264
ステレオ録音
TrueDepthカメラ 7MPカメラ
ƒ/2.2絞り値
進化したボケ効果と深度コントロールが使えるポートレートモード
5つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ))
アニ文字とミー文字
1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)
写真のスマートHDR
ビデオの拡張ダイナミックレンジ(30fps)
映画レベルのビデオ手ぶれ補正(1080pと720p)
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
Retina Flash
裏面照射型センサー
自動手ぶれ補正
バーストモード
露出コントロール
タイマーモード
カラー ゴールド、シルバー、スペースグレー
対応バンド FDD‑LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、66)
TD‑LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
防沫性能、耐水性能、防塵性能 IEC規格60529にもとづくIP68等級(最大水深2メートルで最大30分間)
その他 Face ID、指紋認証センサー、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサー

画面サイズは0.1インチ差

画面サイズは0.1インチ差しかありません。この0.1インチの差をどうみるかです。

iPhoneXsMAXというのは、この0.1インチ差であったとしても実際にはノッチなどがあり、有効に使える画面の差というのはそこまでありません。

それでも若干ですが、XsMAXのほうが大画面となっているわけです。

それはそれでいいのですが、これをどう見るかです。

最近はAppleだからとかAndroidだからということはありません。

基本的にできることというのは同じなのです。そのためこの差をどう見るかでしょう。

0.1インチ差となっており、そこまで気にするレベルではないかと思います。

GALAXY NOTE9の発売がそろそろ開始されます。

動画比較

この2つのモデルですが、2つのモデルを同じ状態で動画撮影してみました。

GALAXY NOTE9 iPhoneXsMAXで撮った動画を比較して比べてみる 違いは?

2018年10月31日

こちらの記事を見てもらいたいのですが、2つの同じモデルで動画撮影を比較しているページとなっております。

どちらのほうが動画撮影機能が上なのでしょうか?

いわゆるカメラ比較となっておりますが、カメラの性能は両方共にどちらも素晴らしいと思います。ただし夜間だけを見ると正直なところGALAXY NOTE9のほうがいいような気がします。

Samsungは最近カメラにかなり力を入れており、F値の低いモデルを投入したりと暗い場所での撮影に関してもかなり向いているモデルを発売しております。

Samsungのカメラ性能は非常に高く、世間的には4つのカメラを持つモデルも搭載していたりするわけです。

GALAXY A9 ギャラクシーA9 2018 スペック クアッドカメラ搭載 性能は?

2018年11月27日

このようなモデルも発売されており、カメラ性能に関してはかなり期待できるのではないでしょうか。4つのカメラを持つモデルというものは世界でもほぼないのではないかと思います。

少なくとも日本のキャリアモデルとして流通しているものでは、そのようなモデルはありません。

今後Samsungのカメラ性能に関してはかなり期待したいところですね。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA