MacBookAir 2018年モデルの登場が予想される 価格などの情報は?


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

MacBookAirというAppleから発売されている小型のマックは知っている人も多いと思います。

そろそろ次期モデルとして登場するようです。

MacBookAirというのは廉価版という位置づけとなっており、MacBookよりも安価な価格設定となっております。

ほぼ10年ほど見た目に変更がなく銀色で薄い本体となっております。

このMacBookAirですが、更新される可能性が非常に高いのです。

当初の予定ではiPhoneXSと同時

当初の予定ではiPhoneXSと同時に発表される予定でしたが、残念ながらそのタイミングではなかったようです。

近々iPadの発表が予定されており、ひょっとするとそのタイミングから発表になるのかもしれません。

もともとは9月に発表されるということでしたが、まだ現時点では発表されておりません。

現行のモデルの発売日が2017年6月7日となっており、そろそろ1年以上が経過しております。

そろそろ次のモデルを待っている人も多いのではないでしょうか。

ちなみにこれがわたしの所持しているMacBookAirです。通常執筆活動にはMacBookAirを利用しており、そろそろ1年経過するので、MacBooAirのリプレイスを検討したいところですが、さすがに同じモデルは2ついらないので、やはり必要なのは次の新しいモデルということになります。

MacBookAirの価格帯は?

MacBookAirの価格というのは98,800円〜となっており、実は他の機種と比較しても非常に購入しやすい価格帯となっております。

iPhoneXSよりも安価な価格帯ということになり、実はiPhoneを所持するよりも非常に購入しやすいモデルとなっております。

iPhoneと比べることはよくありませんが・・・それでもiPhoneよりも安価な価格設定になっているということです。

iPhoneよりも安価に購入できるということもあり、本来なら爆発的に販売されてもいいはずですが、そこまで爆発的には販売されておりません。

パソコンというジャンルではWindowsがまだまだ強いのではないでしょうか・・・

WindowsXPの頃はまだまだWindowsも使いやすかったのですが、どんどん新しい機能が搭載されWindowsと比較しても本当に使い勝手が悪くなってしまいました。

個人的にはMacBookのほうが確実に使いやすいものとなってしました。

MacBookAirの価格帯からすると同等のWindowsパソコンもこの程度の価格帯で購入することができるので、正直なところ同じくらいの価格帯ならMacBookAirの購入を勧めたいですね。

MacBookAirに求めるスペック

それではMacBookAirに求めるスペックを記載したいと思います。現行のMacBookAirのRAMの容量ですが8GBとなっており、すでに8GBになっているため、RAMの容量に関しては16GBになることはないでしょう。

RAMの容量に関しては同じになると思われます。基本的に普通の作業をしているのであれば、8GBのRAMがあれば普通に動作させることが可能ですからね・・・

むしろ16GB以上のRAMがほしいのであれば、MacBookProをオススメしたいですね。そちらならファイナルカットなどの大容量のRAMを利用するアプリも割とサクサク動作させることが可能ということもあり、Proなら必要なのかもしれませんが、Airではそこまでの大容量のRAMは不要です。

8GBで価格を抑えてもらえるほうがいいのかもしれません。

続いてCPUですが、こちらの更新はあるかもしれませんね。

現行でCore i5 5350Uを搭載しておりますが、6300UこれくらいのCPUはせめてほしいものです。すでにWindowsパソコンではこれくらいのCPUが当たり前になっており、5000番台を採用しているものというのは非常に少ないのです。

6000番台のCPUは最低でも必須でしょう。そこまでアップグレードさせるとかなり動作速度としても改善するのではないでしょうか。

MacBookAirも1年以上使っていると遅いと感じることもたまにあります。基本的にはそこまで遅いと感じることはWindowsと比較した場合ないのですが・・・それでも全くないということはありませんので、やはり6000番台は必須かと思います。

欲をいえば7000番台もありではないでしょうか。それならいわゆるCPUの底上げが行われるということになり、動作速度や起動時間などもかなり改善されるような気がします。

これらCPUというのはパソコンを司るいわゆる頭脳です。これらが早いとサクサク感が一番味わえるかと思います。

それでも基本的にはAppleというのは専用OSを採用しており、ハードに最適なように作られているので、少しくらい部材のスペックを落としてもきっちりついていってくれるので、そこまで気にすることはないかと思いますが・・・

それでもどうせ買うなら最新のものをオススメしたいですね。

あとは周辺機器の箇所ですが、USB Type-Cの搭載があるかもしれないといわれております。

実はこれは賛否が分かれる部分かと思います。パソコンにつけるガジェットの大多数がUSBです。

このUSBが本当に便利なのです。USBを利用するということがどれだけ便利なことか・・・ということはUSB Type-Cのみのガジェットを持った時に本当にわかります。

わたしはProも利用しておりますが、Proを利用する時にはUSB Type-Cのみなので、変換をしないと利用出来ないものがたくさんあります。そのため基本的には変換をしているわけですが・・・

変換がないと本当に使い勝手が悪いです。それらのことを含めて検討してもらいたいですね。それでもMacBookAirの販売に関しては非常に気になるところです。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA