スマホの下取りはお得なの? メリットは?過去の思い出がスマホには入っている

スマホの下取りサービスというものを各社実施しておりますが、スマホの下取りサービスというのはお得なのでしょうか?

下取りサービスを利用する人がかなり増えてきており、下取りサービスというのは当たり前になりつつあります。

そんな下取りサービスですが、本当にスマホを下取りに出すということはお得なのでしょうか?

どんなメリットがあるのでしょうか?

下取りのメリット

下取りサービスのメリットですが、なんといってもスマホを買い換える時に今利用しているスマホを高額で買い取ってくれるということです。

下取りサービスがない場合というのは新しいスマホを購入する時はスマホ代金が発生しますが、下取りに出すと実質下取り機種により値引きが発生します。

そのため結果的に新しく購入しようと思ったスマホを安価に購入することが可能になっているのです。

新しく購入しようとしているスマホに関しては、最近は10万円を超えるスマホもあり、非常に高額になっています。

それを実質下取りに出した分安価に購入することが可能ということで、それが最大のメリットとなっております。

それでは下取りが本当にお得なのか考えてみたいと思います。

下取りはどの程度で買い取り可能?

下取り機種というのは、買い取りをしてくれるので、今所持しているスマホがどれくらいの価格で買い取ってくれるのか調べる必要があります。

<ドコモ下取り>
https://www.nttdocomo.co.jp/campaign_event/shitadori/03.html

<au下取り>
https://www.au.com/mobile/trade-in/mnp-trade-in/

<ソフトバンク下取り>
https://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/shitadori-norikae/

こちら下取りの金額が掲載されているページとなっております。

iPhone7Plusならかなり高額に下取りを行ってくれることがわかるかと思います。

下取りをする上で今所持しているスマホによって買い取り価格が異なるということを覚えておきたいですね。

本当にそれでも下取りに出すメリットというものはあるのでしょうか?

下取り機種は今所持しているスマホ

当然ですが、下取りをしてくれる機種というのは今所持しているスマホになるわけです。今所持しているスマホが下取りに出されるわけです。

ある意味思い出の詰まっているスマホということになるかと思います。

思い出の詰まっているスマホを売却するという行為が簡単にできる人ならいいと思いますが、そういうことをすることを嫌う人もいるわけです。

基本的に初期化はするわけですが、今利用しているスマホいわゆる個人情報が入ったものを売却するということに抵抗を示す人もいることは間違いありません。

そのあたりを気にする人なら下取りに出すメリットというものはほぼありません。

一番気になるのは写真などのその端末に入っている情報の抜き出しなどです。いわゆる思い出が入っているわけですので、それらの思い出を売却してしまうということは本当に抵抗のあることかと思います。

売却するスマホのバックアップを撮る 写真はフォトを利用

売却する前にはスマホのバックアップをとるということは必須かと思います。

ただし最近ではグーグルアカウントやAppleIDなどに電話番号などが紐付けられております。

そのため基本的には新しいスマホにしたところで、再度新しいスマホで設定するとそれらの電話番号というのは復活することが可能です。

アカウントに紐付いた情報を管理してくれているので、非常に便利です。また売却した後に新しいスマホを買うわけではなく、新しいスマホを購入した後に売却という流れになりますので、基本的にデータの移行に関してもなんらかの方法で移行を行うということは可能になります。

今は移行ツールなどもかなり整っており、実はあまり気にすることはないかと思います。

また写真に関してもフォトというグーグルのサービスを利用するとクラウド上にバックアップを取得してくれます。

クラウド上に動画や写真をバックアップしてくれるため、それもアカウントに紐付いて別のスマホから閲覧を行うことが可能になるのです。

そういう意味では基本的に電話番号や写真に関しても移行を行うことが可能となっております。

そのため今あるスマホが手元からなくなってもそこまで問題はないかもしれませんね。

過去の思い出が詰まっているため手放したくないと思ってもそれがお金に変わるのであれば、ある意味仕方ないのかもしれません。

下取り価格がiPhoneが良好

下取り価格に関してはiPhoneが非常に良好です。基本的に古い機種であったとしてもそこまでの値崩れは起こしません。

買い替えを継続的に検討するのであれば、iPhoneを所持しておくことが一番メリットのあることではないでしょうか。

Androidは残念ながら下取り価格が割と値崩れしやすくなっており、すぐに価格が下がってしまいます。

どうせ下取りに出すならiPhoneのほうがオトクな感じはしますね。

そのためiPhoneユーザーはまたiPhoneを買うといういわゆるスパイラルに入るわけです。それはそれで構わないと思いますが、日本市場に関してはそのようなスパイラルもあり、iPhoneが非常に売れるわけですね。

下取りを検討して最新のiPhoneに買い替えを毎回検討している人ならiPhoneの購入もありかもしれませんね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。