iPhone 2018はApple Pencil対応モデルに ただし有機ELのモデル限定

2018年に発売されるiPhoneはApplePencilに対応する可能性が高いと報じられております。

ApplePencilというのは最近巷では教育用のiPadに搭載されるなど、非常に人気のあるガジェットとなっております。

絵を書く人には最適

絵を書く人にとっては本当にこのガジェットというのは最適です。

絵を書いたり、文字を書いたりとPencilなので、基本的に文字を書くという動作に関しては非常に優れていると思われます。

私もApplePencilは所持しており、通常はタブレットを利用して文字を書いたりしております。

ただし絵を書いたりするということをしない限りあまり必要なガジェットではないかもしれません。

ある意味一部の人には非常に重要なガジェットになることは間違いないかと思います。

ペンを持ち出すと邪魔?

ApplePencilというのは鉛筆くらいの大きさがあり、結構大きいです。

そのため持ち出すということをするのであれば、正直なところ結構辛いです。

iPhoneはそこまで大きくないと思われますが、Pencilが結構大きいのです。

胸ポケットに入るんじゃないの?と思うかもしれませんが、正直なところちょっと厳しいかもしれません。

胸ポケットに入れようと思えば入れることは可能かもしれませんが、すぐに落ちてしまいます。

それくらい細長いのです。

またそれなりの重量もあるため、胸ポケットに入れて持ち歩くということは結構きついことかもしれません。

どこまで必要なのか

どこまで必要なのでしょうか?

ApplePencil対応したから購入しようと思う人は正直なところかなり少ないと思われます。

ApplePencilに対応して購入しようと思うのは教育用のiPadくらいかもしれません。

実はそれくらいiPhoneで対応したところで需要は少ないと思われます。

絵を書いたりする、文字でなにかを伝える必要があるという人以外はほぼ利用する用途としてはないかもしれませんね。

それでも今までなかった機能が付くということは非常にいいことではないでしょうか。

それはそれで期待してもいいのかもしれません。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。