ドコモオンラインショップは事務手数料無料で契約ができる

au TORQUE G04 スペック 発売日 レビュー 価格 防水 防塵

auからTORQUEというスマホが発売されていることは知っている人も多いと思います。

TORQUEはG03というモデルが最新なのですが、それの次のモデルに関してかなり期待したいと思います。

TORQUE G04のスペックを予想

TORQUEというスマホは販売してから1年以上経過しており、次のモデルに関してもかなり期待している人が多いと思います。

それでは次のモデルというものはどのようなモデルになるのでしょうか?

TORQUE G04に関して予想してみたいと思います。

2018年の間に発売されると予想されるのであれば、TORQUE G04のスペックというのは、基本的にミドルレンジになるかと思います。

現行発売されているG03は完全なミドルレンジモデルとなっております。

ミドルレンジモデルということで、G03はSnapDragon625というCPUを搭載しております。

おそらくそれから推測するとSnapDragon6番台が搭載される可能性が非常に高いことがわかるかと思います。

au TORQUE G03 トルクG03 スペック 発売日 レビュー 評価 評判

2018年8月8日

こちら参考になるかと思いますので、G03のスペックなどを紹介している記事を紹介しておきます。

こちらを参考に考えるのであれば、スペック的にはミドルレンジレベルになる可能性になるかと思います。

RAMに関しては4GB程度になるかと思います。このあたりは改善されると思われます。

防水、防塵にはすごい性能を発揮

やはり防水や防塵に対してかなり力を注いでいるために、防水防塵性能はかなりのものではないかと思います。

基本的にこの防水防塵というのは最近では当たり前の機能の一つです。

それよりも上位いわゆるワンランク上の機能を望んでいる人が多くなっているのです。

この防水防塵機能のワンランク上ということはかなり激しい場所などで利用しても本体にはあまり影響がなく故障することがありません。

故障しないということは、本当におすすめしたいですね。

最近のスマホは故障するケースというのはかなり少なくなりましたが、それでも故障するモデルというものは少なからずあります。

故障しないスマホという意味ではかなりおすすめできるモデルとなっております。

auからの発売になるのか

やはりこのTORQUE G04というスマホはauからの発売になると思われます。

auが京セラともつながりがあり、販売しやすいのです。

京セラ系の社員はこのTORQUEを所持しているケースが非常に多いですからね。

結果的に他社で扱うということはなくauからの取扱になると思われます。

auは昨今かなり改革を行っており、日本市場でもかなり人気があります。売れ筋はiPhoneなどのスマホですが、このようなニッチなスマホも発売しているということで、期待している人は多いでしょうね。今後にはかなり期待したいと思います。


こちらがauのオンラインショップとなります。

[clink url=”https://keitaijoho.com/au-online-shop”]

こちらオンラインショップのメリットを掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

2018年の秋モデルに期待

2018年の秋モデルに期待できると思います。秋モデルというのは、たいてい10月ごろに発表会が行われます。

発表会が行われるとこのようなモデルというものは間違いなく注目を浴びるのです。

なぜ注目を浴びるのかということですが、最新モデルのように華やかさはそこまでありませんが、TORQUEというイメージは今までとは異なります。

どういうことかということですが、防水や防塵に特化したスマホというのはそれほど多くはないのです。

むしろ少ないのです。そのためこのようなモデルの発売があると間違いなく人気を集めるわけです。

常にニーズがあるスマホとなっておりますので、TORQUEに関してもかなり期待されるスマホになるかと思いますね。

2019年には発売があるか

2018年には残念ながら販売はされませんでした。となるとやはり期待したいのは2019年ということになるかと思います。

2019年の夏モデルにでも販売されるのではないかと思います。

Gシリーズというのは、非常に人気の高いモデルとなっており、ガテン系の人にはやはり好まれる機種です。

スペック的にはそこまで高いわけではありませんが、過酷な環境でも十分耐えることのできるそのフォルムが気に入られているのです。

スペックは抑えているので、価格もそこまで高額にはならないでしょう。

今ならSnapDragon670あたりを搭載してくるのではないでしょうか。

世間的にはミドルレンジといったところでしょうか。

ハイエンドとは若干異なる味付けとなる可能性も非常に高いと思われます。ハイエンドモデルというのは、価格もかなり高くなり10万円前後のスマホになりますからね。7万円程度なら10万円を超えるようなモデルからするとまだ安価に販売出来ているほうだと思います。

そのあたりの価格帯として販売してもらえることがユーザーにとっても喜ばしいところではないでしょうか。


動画でスマホを解説

動画でスマホを解説しています。最新スマホの情報を掲載中 チャンネル登録お願いします。



スマホ・ガジェット専門サイト

スマホのガジェットを専門に紹介しているサイトです。海外スマホなどを紹介しているページです。日本ではあまり見ることのできないモデルを発見できるかもしれません。