iPhoneXsPlusの価格は1200ドルと非常に高額なiPhoneになる予定

iPhoneXsPlusと呼ばれるiPhoneの2018年モデルですが、最上位モデルのPlusモデルではかなり高額な価格が設定される予定になっております。

なんとか価格は1200ドルとなっており、現在円安の日本からすると14万円程度のスマホになる可能性が非常に高いことがわかりました。

そこに消費税などを入れると15万円を超えるiPhoneになる可能性が非常に高いです。

一般庶民では買えない

iPhoneの代金が15万円くらいになるということで、正直なところ一般庶民では購入することがかなり厳しいのではないでしょうか。

10万円を超える価格設定でもかなり高めの設定ですが、15万円というと本当に買う気が失せるレベルですよね。

相当高額な価格に設定される可能性が高いと思われます。

ただし日本の場合はこれは一括価格ということで、実質価格で考えるのであればもう少し安価な価格設定になると思われます。

それでも10万円前後の価格設定となるでしょう。実質価格で10万円前後というのは本当に高額ですからね。

ハイエンドモデルの価格上昇

スマホの価格はハイエンドモデルを中心にどんどん上がってきております。

GALAXYシリーズでもここ2年ほどで15%程度価格があがったということなので、iPhoneも価格に関してはどんどん上がることは間違いないかと思います。

iPhoneの価格が上がるのであれば、それに伴って他社もねあげしてくる可能性があると思われます。

価格設定というのはメーカーとしてもかなり難しいところかと思いますが、エンドユーザーは言われた価格を買うか買わないかという選択肢があるだけで、基本的にほしければ買うだけです。

iPhoneXsPlusと呼ばれる新しい大きさのiPhoneが発売されたということで、市場の期待値というのはかなり高まると思われます。

ただしあまりにも高額なためほしいけど購入できないということで、敬遠する人も多いでしょう。

15万円の価格設定ということは日本で2年契約しても1ヶ月あたり、5000円を超える端末価格となるわけです。

これは序章にすか過ぎない?

このスマホの価格ですが、まだ序章にしか過ぎません。

おそらくまた数年で価格は値上がりするでしょう。いわゆるグローバル価格と呼ばれるものが適用されているのです。

自動車の新車価格が高くなってきているように、iPhone含めたスマホの代金も徐々にあがってきているのです。

当然ですが、部材価格も上がってきているので、仕方ないといえば仕方ありません。

今後まだ価格が上がっていくことが予想されます。後数年で端末価格は20万円程度になる可能性が十分にありえるのです。

そこまで高額なスマホを2年に1度購入し続けるということは非常にもったいないことです。とはいうものの最近のモデルはバージョンアップやバッテリーなどの問題などを色々抱えており、残念ながら2年ほどで端末を交換するということは普通になりつつあるわけです。メーカーも儲けるためにかなり頑張っているわけなので、仕方ないことなのかもしれません。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人
  1. この記事へのコメントはありません。