iPhone Ⅺ イレブンという名称になる可能性が高いことが判明


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

iPhoneXの後継モデルに関して触れられているツイッターがありました。

ツイッターの情報によるとiPhoneXの名称というのはD22 (or D2x)がiPhoneXの型番で2018年に発売されるモデルの型番はD33 (or D3x)となるということです。

これはどういうことかということですが、iPhoneX型番の後継モデルという位置づけということになりますので、その後継モデルとしての名称はⅪ(イレブン)になる可能性が高いということです。

ただのiPhoneになるという情報も

iPhoneⅪになるという情報もありますが、ただのiPhoneになるという情報もあります。

名称に関しては色々なところで噂されており、非情に気になるところです。

結果的に名称のことだけですが、2018年の9月12日には発表されるとも言われております。

また今回のiPhone2018年モデルでは、一番安価なモデルが6.1インチとかなりの大画面になることも予想されており、大画面化がすぐそこまでやってきております。

iPhoneXでノッチというものが登場し、今後もこのノッチというものが業界のスタンダードになってくることは間違いないでしょう。

ノッチがついているスマートフォンというのは、日本からもいくつか発売されております。

このようなAQUOS R2のようなスマホでもノッチを採用するようになりました。最近ではこのようなノッチを採用するスマホというものが非情にふえてきていることは間違いありません。

ノッチを採用するモデルというのは、今後もiPhone含めて増えてくるでしょうね。それだけ大画面化することができますので、大画面化しつつ本体サイズを抑えることができるというメリットがあります。

iPhoneの2018年モデルもおそらくそういう形で変化していくのではないでしょうか。iPhoneの名称はⅪとなるとかなりすっきりするのですが・・・

となれば2019年モデルはⅫとなるのでしょうかね・・・そのあたりも非常に気になります。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。