• HOME
  • ブログ
  • au
  • アップグレードプログラムEXに再度加入不要 4年縛りが緩和 利用者の負担軽減

アップグレードプログラムEXに再度加入不要 4年縛りが緩和 利用者の負担軽減


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

auはアップグレードプログラムEXというプランを出しております。このプランに加入している人はいわゆる4年縛りというものになります。

この4年縛りというものが緩和されるようです。

アップグレードプログラムEXへの再加入が不要

アップグレードプログラムEXとはそもそも何?という人もいるでしょう。

「アップグレードプログラムEX」は、ご加入から25カ月目以降に新たな機種に機種変更した場合、それまでご利用いただいた旧機種の分割支払金残額(最大24カ月分)が無料(支払不要)となるサポートプログラムです。

auのサイトからの引用ですが、25ヶ月目以降に新たな機種に機種変更した場合、それまで頂いていた旧キスの分割支払い残高が無料となります。

普通は2年縛りで24ヶ月だけじゃないの?と思うかもしれません。実はこのアップグレードプログラムEXというのは48ヶ月の割賦に契約いただくことがその条件となっております。

いわゆる4年縛りです。48ヶ月間の割賦契約を組みますが、このアップグレードプログラムEXい加入することで、残債を払うことなく機種変更を行うことが可能なのです。

このアップグレードプログラムEXは毎月390円の支払いがあり、それを毎月払うことで、実質半額でスマホを機種変更することが可能となっております。

アップグレードプログラムEXだけ聞くと非常によく聞こえるわけですが、今まではまださらに落とし穴がありました。

2年後機種変更した場合再加入する必要

<アップグレードプログラムEXの場合>
対象機種を12カ月間ご利用後、機種変更

<アップグレードプログラムEX(a)の場合>

対象機種を6カ月間ご利用後、機種変更

機種変更後も「アップグレードプログラムEX/EX(a)」に再加入
機種変更した際、旧機種を回収させていただくこと

こちらがアップグレードプログラムへの加入の条件となっております。この中の適用条件の中に再加入というものがあります。

機種変更後も「アップグレードプログラムEX/EX(a)」に再加入

これが4年縛りを助長しているという結果になるわけです。結果的に2年後もまた同じプランに加入する必要があるということです。

実はこれが大問題なのです。

結果的に2年後に機種変更した場合でも再度同じプランに加入する必要があるということで、実は無限ループに陥るわけです。

この無限ループというのは永久にauと契約し続ける必要があるということです。これが4年縛りの抜け出せないループです。

auは条件を緩和

auはそのアップグレードプログラムEXの条件を緩和する動きを取りました。

機種変更後も「アップグレードプログラムEX/EX(a)」に再加入という条件を削除するようです。

ただし時期に関しては明言しておりません。

それでもこの4年縛りがなくなる可能性があるということが一歩前進といったところではないでしょうか。

このことでかなりもめていたようです。今回のこの対応というのはau含めソフトバンクも同様の動きをとると思われます。

各社既存の顧客の確保に余念はありませんね。それでもちょっとこのやり方はどうなのでしょうか?個人的にはやりすぎと言わざるを得ません。

少しはこれでマシになるのかもしれませんが、エンドユーザーにとっていい方向になることは間違いないと思います。

特典適用時の機種回収には注意

特典を受けるためには条件というものが必要となります。

条件というのは以下の通りです。

<アップグレードプログラムEXの場合>
対象機種を12カ月間ご利用後、機種変更

<アップグレードプログラムEX(a)の場合>

対象機種を6カ月間ご利用後、機種変更

機種変更後も「アップグレードプログラムEX/EX(a)」に再加入
機種変更した際、旧機種を回収させていただくこと

2018年9月時点ではauのホームページではこのように案内しております。

この中で一番注意いただきたいのは、旧機種の回収です。

いわゆる下取りとして機種を出す必要があるわけです。そのため利用したあとに家族が利用しようと思うのであれば、残念ながら機種は回収されるので家族が利用するということは出来ません。

その時には家族が新しい機種を再度購入してもらう必要があるわけです。

これが一番の注意ポイントとなっております。実はこれが非常に分かりづらい原因ですね。

このアップグレードプログラムというのは毎月のスマホの機種代金を抑える効果があるわけですが、残念ながら機種が回収されてしまうために少し微妙な施策となっております。

それでも毎月の維持費を考えるのであれば、このプログラムへの加入はお得なことは間違いありません。過去に発売されたスマホをコレクションのようにもっている人にとってはこのプログラムというのは不要なプログラムになるのではないでしょうか。

ただしこのプランを選択しないと本当にかなり高額な支払いになるためかなり躊躇している人も多いことは間違いないかと思います。

もう少し料金プランをわかりやすくしてもらわないと正直なところついていくことがかなり難しいと思いますね・・・

特にiPhoneが発売された時というのは料金プランを見直す人が多いわけです。その時にはプランももっとわかりやすくしておいてもらわないとかなり厳しいと思います。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。