au ソフトバンクの4年縛り契約 本体代金半額キャンペーンにドコモ社長が苦言


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

auとソフトバンクの4年縛りというものが非常に問題になっていることはしっていますか?

4年縛りの契約が最近非常に増えてきており、4年間契約することで、本体代金が半額になるというキャンペーンになっております。

本体代金半額ならいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、この4年縛りの契約自体が独占禁止法にひっかかると言われております。

4年縛りの内訳

4年縛りという契約というもの自体の存在も知らない人が多いと思います。4年縛り自体がここ最近出てきた契約形態となっており、4年間も縛られるというとかなり長期間同じキャリアしか契約し続けることができません。

これ自体がかなりの問題となっているようです。

この4年縛りというのは、ソフトバンク、auともに2年後に端末を売却することを前提に割賦を48ヶ月にするというもので、毎月の負担額をへらすという狙いがあるわけです。

最近のスマホの価格は非常に高額になっており、24回払いから48回にすることで、価格が下がったように見せるということで売上を伸ばしました。

ただしこの48回にする条件として24回払った後に今利用しているスマホを売却するいわゆる次の機種変更時に交換するという狙いがあるわけです。

そしてまた同じように48ヶ月の4年縛りに契約させるという狙いがあるわけです。そのことにより、同じキャリアから抜け出すことがかなり厳しくなります。48回ものスマホの代金を払いながら、次に所持する時も同様に48回払いにするわけです。

本体代金は確かに半額ですが、その間に通信費などかなりの負担はするわけです。結果的にかなり高額な通信費をそのキャリアに払う必要があるわけです。

キャリアからすると非常に賢い選択肢を与えたように思うわけですが、エンドユーザーからするとそれが一概にいいかと言われると微妙な感じです。

エンドユーザーへのメリット

とはいうもののずっと同じキャリアで契約し続けることを前提に考えると別にエンドユーザーからすると悪いプランではありません。

また今までは下取りをメインにやっていたものを実質半額で下取りに出すということになりますので、考えによってはそれほど悪い施策には思えません。

2年も利用したスマホを半額で下どってくれるわけです。普通に考えたら中古の世界で2年も利用して半額で下取りに出せるということはあまりないのではないでしょうか。

特にスマホに関しては2年でその市場はガラッと変わります。そんな中で半額の下取りというのはかなり美味しいのです。決してエンドユーザーが損をしているというわけではありません。

そのためエンドユーザーのすべてがこの施策に反対しているわけではないのです。ただし普通に考えると今までの2年縛りから4年縛りに変わったということで、エンドユーザーからも反感を買う声というものが非常に多いことは間違いありません。

ドコモ社長はこの2社に苦言

ドコモとしてはこの4年縛りというのはユーザーが他社へ乗り換えるなどの行動を起こそうとした時に4年も縛られると行動を起こせなくなると苦言を呈しております。

ドコモははじめからこの4年縛りという契約にはしないとも言っており、実際に4年縛りという契約はありません。

またこの4年縛りですが、条件から外れると下取りに出すことができなくなり、結果的にすべての料金を払う必要になるのです。

それはエンドユーザーからするとかなり高額な料金の支払いとなるわけで、エンドユーザーとしては美味しくないとも苦言を呈しています。

確かにそういうことはあるかと思います。ドコモはこの4年縛りという契約を持ってくることはないでしょう。今後も同様にこのような縛りをするつもりはないと公言しております。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。