2018年 iPhone 生産を開始 労働者に契約更新時の臨時ボーナス支給

Foxconnは、契約を更新する労働者のために最大2,000元(295米ドル)の一時的なボーナスを提供しているようです。

これはiPhoneの生産開始を意味するということになります。iPhoneを生産する上で人というのは重要なファクターとなります。契約を更新することで、今までのように熟練された人を継続的に雇うということです。

一人数万円という価格的にはそれほど高くはないのですが、それでも契約更新時にボーナスを払うというのは労働者としては非常にありがたいことですね。

世界最大級の組立工場

Foxconnは世界最大級の製造工場となっており、iPhoneの製造を担っております。2018年に発売されるiPhoneというのは、3モデル発売される予定になっており、有機ELのモデルが2つそして液晶モデルが1つ発売される予定になっております。液晶モデルに関しては一番売れるモデルと予想されており、おそらくiPhone8の後継モデルという位置づけになるのではないでしょうか。

カメラはシングルタイプのものとなっており、他の有機ELを搭載しているモデルというのはデュアルカメラとなっております。

デュアルカメラのiPhoneがほしい人はどうしても有機ELタイプのものを選択するしかないと思われます。iPhoneはシングルカメラでも十分キレイな動画を撮ることが可能となっており、正直なところそちらのカメラでも十分なのでは?と思います。

それでもどうしてもデュアルカメラモデルがほしいという人は有機ELモデルになるでしょう。一番心配なものは価格です。価格はどうしても有機ELタイプのモデルというのは非常に高額な価格になるかと思います。まだ価格的には不明ですが、10万円を超えることは間違いないでしょう。

日本でも一番の売れ筋はiPhone8です。iPhoneの中では一番安価なモデルとなっておりますが、一番安価なモデルが一番売れるわけです。高額モデルというのはどうしても売れにくくなります。その理由はやはり高額だからということが一番の理由でしょう。価格が高いモデルというのはどうしても心理的に悩むところではあります。

毎月の維持費だけを算出するとどうしても価格が安価なモデルでも高額なモデルでもそれほど変わらないのかもしれませんが、やはり高く感じてしまうのでしょうね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。