iPhone2018年モデルではサイドにTouchID? 6.1 インチモデルがかなり売れる

iPhoneの2018年モデルが今後発売される予定になっておりますが、TouchIDがなくなるかもしれません。

iPhone2018年モデルに期待している人も多いと思います。iPhone2018年モデルでは3つのモデルが発売されるといわれております。

2018年モデルでは3つのモデルのうちiPhone9と呼ばれるモデルが一番売れ筋になると思われます。

今回iPhone9と呼ばれるモデルに関しては6.1インチとして登場する予定になっているようです。

また今回発売される予定のiPhoneではホームボタンが排除されると言われており、ホームボタンが排除される予定になっており、TouchアイディーはひょっとするとサイドにTouchIDが動くかもしれません。

iPhoneのカメラに期待

iPhoneはカメラに関しては期待できます。

iPhoneのカメラというのは、もともと非常にきれいです。今iPhoneテンで撮った動画があります。

動画性能に関してはかなり期待できると思います。iPhoneも2018年モデルではトリプルカメラにはなりませんが、今後トリプルカメラも検討しているようです。

2019年モデルではトリプルカメラを搭載したモデルが発売されるかもしれません。

2018年に発売されるiPhoneでは6.1インチモデルではシングルカメラです。

合計3モデルのうちの2つのモデルではデュアルカメラを検討しているようですね。

デュアルカメラであれば、劇的な進化はないかと思いますので、こちら小画面に出ている動画を見てもらえればどれくらいの動画が撮れるのかわかるでしょう。

これくらいの動画が撮れたら問題ありませんよね。

iPhone 5cのようになるかもしれない

iPhoneの6.1インチモデルはファイブ・シーのようになるかもしれません。

いろいろな配色が楽しめます。

非常に期待できると思いませんか?

ただしこの6.1インチモデルはスペック的には一番のロースペックになっているのです。

とはいうものの価格は一番安価になっております。

価格は799ドル程度からになる可能性が非常に高いことがわかっております。

価格を下げて大画面化してアンドロイドからのユーザーをiPhoneのユーザーに変更させる狙いがあるようですね。

iPhoneのユーザーがアンドロイドにいくことはあまり想定されておりませんが、逆は結構ありそうですね。日本市場でもかなりiPhoneの人気がましてきております。

今後間違いなくiPhoneにユーザーが流れていくことでしょうね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。