一括0円でスマホを購入する 通信費からの値引きがついている状態ならかなりお得


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

一括0円でスマホを購入するということが最近は減ってきたように感じますが、一括0円でスマホを購入するということはどういうことなのでしょうか?

最近のスマホは実質表示が非常に多く、いわゆる実質価格で本体代金を算出しております。

本体代金が非常に分かりづらくなっており、通常ハイスペックモデルと言われるモデルなら10万円程度の価格設定のものが非常に多いです。

10万円程度の価格設定のものに関していえば、基本的には通信費からの値引きが入るため、5万円程度が実質価格となるわけです。

通信費からの値引きということがよくわからない

毎月の通信費が仮に5000円だったとします。端末補助がつく機種を購入して実質価格で48000円値引きが行われるとします。その補助というのは通信費の補助に当てられるわけです。

本体代金は10万円仮に払う必要があっても毎月2000円を通信費から減額するという方式で現在どこのキャリアも発売しているのです。

よって本体代金は実質価格で52000円ということになります。10万円のスマホが通信費から割り引くということで、実質52000円で販売しているというわけです。

とはいうものの本体代金は10万円です。基本的にすぐに解約とかした場合は値引きがありませんので、基本的には10万円の本体代金をすぐに払う必要があるわけです。

そういった問題があるわけです。それが通信のからくりなのです。

一括0円のスマホを購入すると?

先ほどの毎月通信費から2000円減額措置がついている場合一括0円でスマホを購入した場合、本体代金の支払いはないので、毎月通信費から2000円ひかれるだけなのです。実は一括0円で購入するということはそういうところにメリットがあるわけです。

ただし最近のスマホというのは一括0円で購入できるケースがあったとしてもその時は減額措置のないスマホがメインとなっているのです。

そのため端末代金の支払いは一括0円となっておりますが、残念ながら一括0円で購入した後通信費からの減額はありません。

先程5000円の通信費だった場合と言いましたが、5000円の通信費にかかわる値引きはありませんので、基本的に5000円は毎月払う必要があるのです。

また一括0円で購入した場合はたいていの場合縛りがついてくるので、すぐに解約すると解約違約金というものが発生するのです。

解約違約金が発生するとかなり高額な違約金をとられてしまいます。そのため最近はどうしてもその違約金がもったいないので、結果的に通信費を払い続ける必要があるわけです。

このように一括0円は一見お得なように見えますが、契約する時期や契約する機種によって毎月の維持費なども変動します。基本的には1年もしくは2年利用した時どうなるか?ということをメインに考えてみるほうがいいと思いますね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。