• HOME
  • ブログ
  • Android
  • 値段が安いスマホはオススメできないのか 何が違うのか スペックって何?

値段が安いスマホはオススメできないのか 何が違うのか スペックって何?


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

値段が安いスマホと高いスマホがありますが、一体何が違うのでしょうか?

高いスマホと安いスマホって結果的に何が違うから価格の差というものになっているのでしょうか?

安いスマホを買うと何が違うのでしょうか?そのあたりまだよくわかっていない人も多いと思います。

安いスマホと高いスマホの差

簡単にいうなら性能の差なのですが、高いスマホと安いスマホの決定的な違いですが、実は性能の差以外では特に何もありません。

それでは性能の差というのはどういうものなのでしょうか。

ここでいうところの機能の差というものはあまりなくあくまで性能の差なのです。

性能差は動作速度によるものが大きいです。動作速度が高いものは早いものが多いです。

その時の動作速度といっているのはどういうことをさすのかですが、やはりいちばんはアプリの立ち上げ時間でしょう。

昨今のスマホはアプリの立ち上げもかなり早くなっているので、そこまで気にすることはないかと思いますが、アプリの立ち上げに関してはかなり早いです。

アプリの立ち上げがかなり早いので、実はそこまで性能差というものはわからない人が多いです。

一番わかり易いのはゲームをした時です。

ゲームといってもグラフィックに乏しいゲームではありません。ゲームというのはグラフィックが非常に激しいゲームをしたりすると顕著にあらわれてくるでしょう。

その時というのはどうしても安いスマホというのは遅延が発生する可能性があるのです。

その時は安いスマホを利用しているということである程度諦めるしかないかと思います。

カメラの差

実はこれは結構でかいです。カメラは安いスマホでもついているのですが、カメラで動画や写真を撮った時にどうしても安価なスマホではキレイな写真を撮ることができません。

カメラ性能は顕著に出てくるかと思います。とはいうものの高いスマホでもカメラ性能がよくないスマホもあります。

一概には言えませんが、基本的に安価なスマホのほうがキレイな動画や写真を撮るときはどうしてもイマイチになるケースが多いのです。

それが一番注意したいところですね。

最近は安価なスマホでもデュアルカメラを搭載しているモデルというものが増えてきました。基本的にデュアルカメラを搭載しているスマホというものは安価なモデルだったとしてもそれなりにキレイな動画などを撮ることが可能なので、そういうスマホを利用したいですね。

カメラ性能というのは、どうしてもわかりやすくかなりの人が使う機能の一つです。機能の差という意味では高いものも安いものも同じようにカメラがついているので、気にすることはないのですが、やはりカメラ性能というのは非常に気になる部分ではないかと思います。

画面解像度に差

画面の解像度に差があったりすることが結構あります。

最近は安価なスマホであっても高解像度のものが結構出ておりますが、どうしても安価なスマホというのは解像度が低いものが多いです。

解像度が低いものというのは、どうしても画質が荒くなります。

といってもそこまで気にすることはないかもしれませんが、どうしても高いスマホで見た見た目と安価なスマホで見た見た目というものは異なるわけです。

どうしてもこのあたりに性能の差というものが現れます。ある意味仕方ないことかもしれません。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。