大画面のiPhoneはAndroidの乗り換えをかなり考えている Appleの新戦略

大画面のiPhoneが2018年に発売される予定です。

一番の廉価版にあたるiPhoneは6.1インチという大画面になると予想されております。

6.1インチの大画面ですが、そのiPhoneが発売される理由というのが、Androidからの乗り換えというのです。

大画面化はどんどん進む

iPhoneは現行では4.7インチの画面のモデルが一番小さいモデルとなっております。

4.7インチでも昔に比べたらかなり大きな画面になりましたが、iPhoneというのはAndroidスマホからすると小ぶりな機種が多いです。

そのためAndroidのような大画面モデルを購入しようとするとPlusモデルの購入が必須でした。

実はPlusモデルというのは発売された当時と比較しても徐々に販売台数を伸ばしているのです。

ということは、世間的には徐々に大画面化が進んでいるということになるわけです。

実はこの大画面化というものはAndroidスマホでは顕著にあらわれております。Androidスマホは徐々に大画面化されており、6インチを超えるスマホも当たり前のように出てきております。

5インチでも5インチ後半は当たり前になってきました。

そのためAppleは大画面のスマホを投入することにより、Androidユーザーからの乗り換えを考えているのです。

6.1インチは相当大きい

6インチを超えるようなAndroidスマホというのはまだあまり発売されておりません。6インチ未満の画面サイズを持つモデルが非常に多いのです。

そんな中での6.1インチモデルの発売となっております。

また2018年に発売される6.1インチモデルの価格というのは一番安価な価格に設定されて発売されると言われております。それは有機ELを採用する他のiPhoneと比べても実は液晶を搭載するからです。

液晶を搭載するということで、実は価格が一番安価に設定されるわけです。そのため6.1インチという大きさであったとしても最も安価なモデルということになります。

安価なモデルの人気はiPhoneではかなりのものです。安価なモデルは結構みんなだいすきなんですね。

当然といえば当然でしょうね。価格が安くていいものというのはみんなかなり好きなのです。当然のことですね。

2018年に発売されるiPhoneはAndroidからの乗り換えというのもかなり進んでいくことは間違いないと思います。大画面のほうが間違いなく動画などを見る時はいいですからね。そういう新しいAppleの戦略が2018年から盛り込まれているわけです。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。