2018年 秋 冬 2019年 春モデル ドコモ au ソフトバンク 最新スマホ オススメ


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

2018年の秋以降に発売されるモデルを紹介したいと思います。

2018年の後半から発表されるモデルとなっており、2018年から2019年の春モデルにかけて発売されるスマホとなっております。最新のハイスペックスマホが登場します。オススメモデルも登場する予定です。

それでは、どんなスマホが登場するのか紹介したいと思います。

まずは秋モデルが登場するとやはり気になるのは予約情報ではないでしょうか。

各社から発売されると予約することが可能となります。予約に関してはオンラインショップを利用する人が最近非常に増えてきており、オンラインショップを紹介しておきたいと思います。

各社オンラインショップの情報

<ドコモ>


ドコモオンラインショップは9月以降MNP及び新規、機種変更すべての購入で事務手数料が無料になります。普通に店舗で購入する場合だと事務手数料というのは2000円(税抜き)や3000円(税抜き)をとられてしまいます。

それがないということでかなり期待できるのではないでしょうか。

ドコモオンラインショップ限定の施策となっており、これからも継続的に同様の施策が行われるということで、非常に期待してもいいのでないでしょうか。基本的に機種変更をするのであれば、ドコモオンラインショップがおすすめです。

<au>


<ソフトバンク>

<ワイモバイル>


ワイモバイルというのは、最近かなりの人が購入しております。格安SIMということで、非常に人気になっております。

<UQmobile>

こちらが各社のオンラインショップの情報となっております。オンラインショップを利用することで、秋モデルの購入も比較的ラクに行うことが可能となっております。

ぜひこちらも合わせてご確認いただければと思います。

2019年の学割の併用時期にもピッタリ

2019年の春モデルというのは学割のシーズンに合わせて利用することが可能となっており、非常にメリットのある買い物ができるスマホが多いのです。

この時期の施策というのは基本的にはパケット増量や基本料金が値引きになるという価格的なキャンペーンと何かモノをプレゼントされるという物質的なキャンペーンの両方が行われると予想されます。

そのため2019年の学割も同様のキャンペーン施策が行われると予想されます。

そのためこの時期に契約するスマホというのは動画などをかなり見れるようなキャンペーンというものをかなり行なうのです。

学割の時期に合わせてそのようなキャンペーンを行なうので、春モデルのスマホを利用するということは大画面で動画が見やすいスマホを選択するということを覚えておきましょう。

大容量を利用できるということはかなりメリットのあることですからね。

基本的に大容量プランというのは、かなりメリットのあるプランとなっており、本当にいいプランです。それに学割を併用することで動画を楽しむことができるということもかなりオススメしたいですね。

XPERIA XZ3

XPERIA XZ3がまずは発売される予定となっております。XPERIA XZ3という機種はXPERIA XZ2の後継モデルとなっており非常に人気が高いモデルの一つになるでしょう。

XPERIAシリーズの中でもXZシリーズがフラッグシップモデルになると思われます。

XPERIA XZ3はデュアルカメラが搭載される予定になっているなど非常に期待できるスマホになっていることは間違いないかと思います。

XPERIAシリーズの中のフラッグシップモデルが登場することは間違いないでしょう。日本市場では1年に2つの大きなバージョンアップとして発売されており、XPERIA XZ3に関してもかなり期待が高まることは間違いありません。

こちらにXPERIA XZ3の情報を掲載しておきます。

フロントデュアルカメラの搭載に関してもかなり期待できるかと思います。

XPERIAシリーズの中でも最も人気の高いモデルです。XPERIA XZシリーズというのは半年に1度のペースで開発をしており、本当にすごいと思います。

秋モデルの中では最も注目を浴びるスマホになることはほぼ間違いないと思います。秋モデルとして毎年発売されているXPERIAシリーズなので、注目度はかなり高いでしょうね。

最新の情報ではXZ3はシングルカメラになる可能性があるという報道も報じられております。

シングルカメラになるということで、落胆もしたくなりますよね・・・

こちらが最新の画像となっております。シングルカメラを搭載しておりちょっと残念な感じもします。

シングルカメラなら不要と思う人もいるかもしれません。確かに今回のXPERIA XZ3は見送ってもいいのかもしれません。

XZ3が発売と同時にPREMIUMモデルが安価にならないかなぁ〜なんて思ってしまいますよね。

基本的に次のモデルが発売されると前モデルというものは値下がりします。XZ2は間違いなく値下がりすると思いますが、基本的にはXZ3と同じようなスペックになると思いますので、XZ2という選択肢もありかもしれません。

XPERIAシリーズは1年に2回発売されるということで、かなりスペックのアップいわゆる機能追加がそこまで行われません。

そういうことを考えると今後もそういうことには期待したいですね。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



iPhoneXS及びiPhoneXSMAXの発売が開始

iPhoneXS及びiPhoneXSMAXがついに発売になります。

2018年秋モデルというわけではありませんが、iPhoneがこの時期に発売されるということは、確実に他社のAndroidスマホにとっては間違いなくライバルになることは間違いないでしょう。

Androidスマホはこの時期にiPhoneと戦うことになり、かなりの人が契約に関して悩む時期となっているのです。

iPhoneは相当人気が高いわけですが、価格もかなり高めに設定されていることにより、Androidスマホにシフトする人もかなり多いかもしれません。

ある意味iPhoneは強気の価格設定になっていることは知っている人も多いでしょう。

iPhoneXS及びiPhoneXSMAXに関してもやはりAndroidスマホと比較した時に特別感は否めません。

それだけiPhoneというのは人気があるということなのです。

これから10月にかけてもiPhoneXRの発売もあり、確実にライバル視されることは間違いないでしょう。

10月の下旬のGALAXY NOTE9から始まり、Xperia XZ3の発売がくると思われますが、iPhoneと比較しても本当に悩ましいところですね。

GALAXY NOTE9

GALAXY NOTE9も8月9日に発表されるということで、日本市場でも秋モデル以降に発売されることはほぼ間違いないかと思います。

GALAXY NOTEシリーズの中の最新モデルが9となっており、今回はSペンの進化に注目が集まるスマホとなっております。

こちらにGALAXY NOTE9のスペックなどの情報を掲載しておりますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

今回の一番の目玉はSペンで通話が可能になる可能性があるというものです。

Sペンは今まではスタイラスとしてペンとして利用するにしか過ぎませんでした。それがSペンを利用して通話なども可能になる可能性があるようです。

それはかなり期待できる機能の一つではないでしょうか。Sペンの進化に関してはかなり期待できるかと思います。XPERIAシリーズと間違いなくこのGALAXY NOTE9は比較されると思われます。

とはいうものの用途として見た時にGALAXY NOTE9とXPERIA XZ3では違うので、購買層はそれほどかぶらないのかもしれません。

とはいうもののこの2つのスマホはどちらも男性的要素が非常に強いスマホとなっておりますので、少し微妙な部分ではあります。

それでも今回はXPERIA XZ3はフロントデュアルカメラを搭載するなど、女性ウケするような機能も充実するようなので、そこに関しては期待したいところですね。

最大容量が512GBに

GALAXY NOTE9の最大容量が512GBになる見込みです。かなりの大容量モデルになることが予想されており、非常に期待できるかと思います。

大容量モデルが昨今かなり増えてきております。このGALAXY NOTE9に関していえば最大容量が512GBというのはiPhoneとの差別化という観点もあるかと思います。

おそらくその大容量モデルであったとしても価格はiPhoneXよりも安価な価格になると思われます。

512GBという巨大な容量なら動画などはかなり入れることが可能となっており、動画をたくさん撮りためたいと思っている人には本当にすごい容量となっております。

そこまでの大容量モデルなら動画の撮りために関してもほぼ問題ないでしょう。2年利用したところで、ほぼなくなることはないかと思います。それくらいの容量となっております。

iPhoneXs iPhoneXsMAX iPhoneXRの購入



AQUOS R2 Compact

AQUOSシリーズの中でもCompactモデルの発売にはかなり期待したいところです。Compactモデルというのは、ドコモがXPERIA XZ2 Compactというモデルを発売しておりますが、AQUOS R2 Compactに関してもかなり期待したいところです。

こちらにAQUOS R2 Compactの予想記事を掲載しておきます。AQUOSシリーズは現行のAQUOS R2が発売され、スペックが非常に高く初めてデュアルカメラを搭載したことに関しても驚かされました。

AQUOS R2 Compactでもデュアルカメラの搭載というのはかなり期待できるものと思われます。

2018年の間に発売されるとなるとスペック的にはSnapDragon845を採用し、RAMの容量は4GBくらいになると思われます。

基本的な性能はAQUOS R2と変わらないレベルになると予想されると思われます。

Compactモデルの市場に対する期待感というのはかなりのものかと思います。

2018年に発売されるiPhoneも6.1インチが一番の廉価版モデルになる可能性もあり、市場は大画面化していっているわけです。そんななかで小型モデルの存在感というのはかなりのものがあるかと思います。

小型モデルというのは、それだけ需要があるわけです。胸ポケットなどにはCompactモデルのほうが入れやすいですからね。大画面モデルも悪くはありませんが、トータル的にCompactモデルのほうが持ち運びがしやすいという利点もあるわけです。

そういう意味ではCompactモデルには期待したいところです。AQUOSシリーズというのはデュアルカメラを搭載したことから正直なところかなりがんばっているのではないでしょうか。

売れ筋モデルとしてかなり期待できるところまでやってきたと思います。

そんな中でのAQUOS R2 Compactモデルとなっており、非常に期待できるモデルとなっております。

iPhoneもコンパクトモデルが排除される予定になっておりますので、コンパクトモデルの需要というものはかなり高まると予想されます。

コンパクトモデルの需要にのっかってこのようなコンパクトモデルというものは継続的に発売してほしいと思います。

XPERIAシリーズでもコンパクトモデルが発売されておりますが、それはdocomoしか発売されております。

このAQUOS R2 Compactなら各社から発売される見込みになるかと思います。docomo、au、ソフトバンクから発売されるとかなりの露出があがるかと思いますので、人気はかなり上がるかと思います。

Huaweiにはかなり期待

こちらHuaweiの最新モデルになる予定となっております。Huaweiの最新モデルはかなり期待できるモデルになりそうです。

Mateシリーズというのは2018年時点でソフトバンクから発売されております。ソフトバンクから発売されているAndroidスマホは非常に珍しいわけですが、Huaweiのフラッグシップモデルがまたソフトバンクから発売されるかもしれません。

このHuaweiのスマホはかなりスペックも高く相当人気が出るモデルになることは予想されます。

Huaweiはここ最近かなりスマホに力を入れており、日本市場では相当力を入れていると思われます。

今のHuaweiの実力なら日本製のスマホの上位に立つことも可能ではないでしょうか。

Huaweiのスマホというのは複数発売されると思われますが、やはり期待したいのはMate20 Proではないでしょうか。

P30はおそらく発売されないと思われますが、Mate20 Proの発売の可能性は十分にありえます。

Mateシリーズというのはソフトバンクからも発売されており、かなり人気も出てくるのではないでしょうか。それくらい素晴らしいスペックのスマホとなっております。

Mateシリーズはまだ日本ではそれほど馴染みはないのかもしれませんが、今後Pシリーズとともにかなり日本でも出てくると思われます。

Huaweiは実際のところ廉価版モデル以外にもハイスペックモデルにも期待したいところです。

他にはタブレットという選択肢もあるかもしれません。タブレットもHuaweiは製造しており、タブレットなら割と低価格なものからラインナップも揃っています。

auは廉価版のHuaweiモデルの可能性

auは廉価版のHuaweiのスマホを発売してくる可能性があります。Huaweiはauに対して廉価版モデルをすでに投入しております。その流れからすると廉価版モデルを投入してくる可能性は十分にありえるかと思います。

廉価版モデルを投入してくることで他社と比較して競争力も持てるということです。

また廉価版モデルを投入するとそれがUQでも利用できるスマホとなっており、UQとの流用も可能なのです。そういうことをトータル的に考えると格安スマホとしてauから発売するというのは一つの手なのです。

廉価版スマホは格安スマホとなり、子会社でも販売するという一石二鳥な感じになるわけですね。

そういうことをトータル的に考えるとauの販売方法というのはかなり賢いのかもしれません。

他社では残念ながらそのような販売方式というものはできないのです。auは廉価版モデルを投入してくることで、2つの市場で利用できるスマホの投入ということいなるわけですね。

廉価版のスマホというのは、キャリアから発売することで、格安SIMを販売している事業者からするとやめてほしいと思う事業者も多いですが、auから格安スマホに乗り換えることができない人たちも非常に多いのです。

要するにネットなどで購入しようと思う人というのはあまりいません。そういうことを考えるとやはり格安スマホはauのようなキャリアからも一部販売するしか方法がないのです。auショップなどに来店した時にスマホに興味はあるものの、どうやって使っていいのかわからないという人も結構います。

そういう人たちにとってはこのような格安スマホというのは絶対に必要なアイテムとなるわけです。

そういうことを考えるとやはりこのような格安スマホをキャリアから販売するということは必要なのかもしれません。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。