Foxconn 2018年に発売される iPhoneの製造の大半を任されることが判明

Foxconnというメーカーは知っている人も多いのではないでしょうか。iPhoneの組み立てメーカーとなっており、毎年かなりのiPhoneの組み立てをおこなっております。

2018年にもFoxconnでiPhoneの組み立てが行われる予定になっており、2018年の予定でもかなりの数のiPhoneがFoxconnにて製造される予定です。

FoxconnではどれくらいのiPhoneが製造されるのか

iPhoneXの後継モデルにあたる5.8インチの有機EL採用モデルを100%製造するといわれております。

そしてiPhoneXPlusと呼ばれる6.5インチモデルの製造を90%、6.1インチの液晶を搭載したモデルを75%製造するといわれております。

かなりの数のiPhoneを製造するということです。

Appleはファブレスと呼ばれており、工場は持っていません。いわゆる技術や開発のみを行うのがiPhoneの役割なのです。

最近はこのファブレスという言葉もかなり浸透してきており、工場は他社にて行うということが一般的になりつつあります。

ファブレスというやりかたはノウハウを提供する元の会社というのは、実は工場を持つというリスクがありません。

工場にはかなりの投資を行うため工場を持っているというだけでかなりのリスクになるのです。

そのリスクを最小限に行うということもファブレスが流行ったという魅力なのです。

Foxconnはまだ成長する

FoxconnはFoxconnでかなり美味しいのです。iPhoneという世界的に見ても売れているスマホの製造を行っているという技術力がかなり評価されていると思われます。

組み立てといってもそれほど簡単なわけではなく、量産で生産させるためにはかなりの技術が必要になるわけです。

そういうことをFoxconnはできるわけですから世界的な評価もかなりのものであるかと思います。

FoxconnにしてもAppleにしてもかなりウィン、ウィンの関係であることは間違いありません。

iPhoneはある意味一巡しています。一巡というのはほしいと思っている人にはたいてい渡ったという意味です。

一度iPhoneを利用すると次もiPhoneを利用するという非常に好循環になっていることは知っている人も多いでしょう。

確かにiPhoneを持ったら次もiPhoneを持つという好循環なわけですが、世界的に見るとiPhoneは非常に高いスマホです。

そのためまだAndroidで我慢している人も多いことは間違いありません。もう少し価格的に安価なものも発売してもらいたいと思いますが、やはり厳しいのでしょうかね?

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。