iPhoneは6.1インチの液晶搭載モデルが最も売れる 価格も799ドルと予想

iPhoneの2018年モデルの話題がかなり出てきており、どんなモデルが発売されるかの情報もかなり出揃ってきました。

その中でもiPhoneの6.1インチモデルはかなり販売台数を伸ばすと予想されております。

iPhone6.1インチモデルというのは液晶を搭載したモデルとなっており、位置づけとしてはiPhone8の後継モデルとなる可能性が非常に高いです。

液晶モデルが一番安い

iPhoneの中でも6.1インチモデルというものが発売される予定になっておりますが、その6.1インチモデルが最も安価な機種として発売される予定になっております。

価格は799ドルからとなっております。おそらく他のスマホと比較してもかなり高額なわけですが、iPhoneの中では結構安価な価格設定になっております。

おそらく他のモデルなら899ドル〜とか999ドル〜という価格設定になる可能性が高いと思われます。

液晶モデルというのは、価格としては他のiPhoneと比べて部材の価格が安価だからだと思います。

iPhone6.1はシングルカメラ

iPhone6.1インチモデルはシングルカメラを搭載したモデルになると予想されます。

他の有機ELを搭載しているモデルというのはデュアルカメラですが、シングルカメラです。

iPhoneはシングルカメラでもかなりキレイな写真を撮ることが可能となっており、そこまで気にすることはないかもしれませんが、一番安価なモデルでも799ドルするのです。

それならシングルカメラよりもデュアルカメラにしてほしいと思うユーザーは相当多いと思います。

そういう意味ではちょっと残念な感じもしますね。

シングルカメラからデュアルカメラへiPhoneXやiPhone8Plusで実現できているのであれば、一番安価なモデルでもデュアルカメラは持ってきてほしかったです。

今後も低価格なiPhoneはシングルカメラモデルになっていくのでしょうか。ちょっと残念な感じもしますが、仕方ないことかもしれませんね。

発売日が10月に伸びる可能性

6.1インチモデルの発売日が10月に伸びる可能性があるようです。おそらく6.1インチなので、かなり大量に製造しないと販売台数が間に合わないということなのでしょうか?

6.1インチモデルは一番人気が出るモデルになるということはAppleも予想しております。

今回はAndroidの一般的な大きさの画面サイズよりも大きくする狙いがあるのです。

そしてAndroidユーザーを一気に取り込むという狙いがあるようですね。

Androidの一般的なサイズより大きくするということは非常に大胆な発想ですが、かなり期待したいところですね。

発売日が10月になるので、日本では他の秋モデルとかぶる可能性があります。

Android機種と同じタイミングで発売することにより、日本ではどうしても人気はiPhoneですからかなり期待できるのではないかと思います。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。