キャッシュバックという文言はもうほとんど使えない 使うと違反に スマホ購入時

キャッシュバックという言葉が以前は横行しておりましたが、最近はキャッシュバックなどという言葉を利用することが非常に難しくなってきているようです。

数年前まではツイッターなどにもキャッシュバックなどという情報があったり一括0円などという言葉が横行しておりました。

残念ながらそういう言葉というものはほとんど使えなくなってきているようです。

auでは利用されているようですが、ドコモ、ソフトバンクではほぼ使われることがなくなってきました。

総務省の指導によるものが大きい

やはりこれは総務省の指導によるものが大きいことは間違いありません。基本的にはキャッシュバックという言葉をネットなどでオープンにしてしまうということが問題なのです。

一括価格に関してもネット上ではあまり出てくることがなくなりました。そのため残念ながらネット上でドコモ、ソフトバンクのキャッシュバック情報を探すことが非常に難しくなってきております。

それでも一部の店舗ではそういう約束を破った形でそういう情報を掲載している店舗もあります。

ある意味危ない綱渡りをしているという状況なのです。今キャッシュバックという言葉を使っての契約を行うことは基本的には禁止されており、総務省がキャリアに対してかなりの制限を加えております。

それに伴い販売店にも強い圧力を与えているわけです。販売店は当然ながらそれを守るべくキャッシュバックという言葉を使わない形で契約をとるように努力をしているわけです。

とはいうものの販売店というのはいわゆる売れてナンボの世界の話をしているわけなので、経営はかなり厳しいと思われます。

実際はどうしているの?

キャッシュバック情報というのは口外しないというのが基本となっておりますので、信頼できる顧客には情報を出したりしております。

それこそ店員の友人などには話したりしております。

またキャッシュバック情報というのは、店舗にいけば直接聞くことも可能なケースが非常に多くあり、キャッシュバック情報を知りたければ、店舗に直接足を運ぶ必要がある可能性が非常に高いわけです。

キャッシュバック情報を出してくれない店舗が非常に増えてきたということで、さらにMNPなどを行う人というのはかなり少なくなってきております。

キャッシュバック情報というのはごく特定の人のみぞ知るということになっているかと思います。

ブログなどに掲載されている情報はどう?

ブログなどの情報というのは、正しいことがかなり多いと思います。

ツイッターなどの情報をまとめている情報ということも真意の元はツイッターにあるわけです。

そしてブログなどの情報というのは、足で稼いでいる情報もあるため、実際には結構正しい情報ということも多いかと思います。

結果的にネット情報で情報を仕入れる人もかなり多いと思います。

ネット情報というのは、結果的に○○のブログの情報を見ましたが正しいですか?という情報を含めて結果的に自分で確認する必要も大事かと思います。

ネット上で情報を稼ぐということも重要ですが、それなりに安価な情報が出ている代理店ならそれなりの情報としては正しいものが多いかと思います。

ブログに出ている情報は決して間違っている情報ばかりではありません。正しい情報もかなり出ているわけです。

ブログの情報を鵜呑みにすることは正しいとは思いませんが、いくつかの情報を元に自分の信頼性の高い情報に変えていくということも非常に重要かと思います。

キャッシュバックは形をかえて存在

スマホの契約でキャッシュバックをもらうことができないということも実際にはあります。

ただし情報としてはスマホを契約する時に○○をついでに契約するということを条件にキャッシュバックを出すということもあるわけです。

ようするにキャッシュバックを出すのはスマホの契約ではなく別のものをついでに契約することによりキャッシュバックを行うというものです。

ある意味これは抜け穴なのですが、そういうことをすることによりキャッシュバックの抜け穴を探しているということも販売店の工夫といえるかと思います。

販売店というのはある意味スマホが売れないと儲けることができないのです。儲けようと思ったらそれなりに気合を入れて販売する必要もあります。

その中で結果的に顧客がつかないと儲けることができません。そのため本来ならキャッシュバック情報を付与したいにきまっているわけです。

しかしながらキャッシュバック情報というのは形をかえて存在することは間違いありません。それでも販売店というのは契約がほしいのです。

キャッシュバックがほしいから契約をするということも重要ですが、下取りなどを検討することによりさらに美味しい契約にかえるということを契約者はいつも考えているわけです。

現在では2年間契約することは基本となっているわけで、2年間スマホを維持してもキャッシュバックと下取りで儲けることができるということがあれば、契約をする人が多いわけです。いわゆる携帯乞食というわけです。

そういう人をメインにした売り方をする店舗も多いことは間違いありません。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。