スマホの維持費を安くしたい人は 格安SIMを選択することが本当にいいのか?


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

スマホの維持費を安くしたいと思っている人は非常に多いと思います。本当にスマホの維持費を下げるために格安SIMを選択するということがいいのでしょうか?

スマホの維持費を下げる目的だけで格安SIMを選択しても問題ないのでしょうか?

この格安SIMというのに契約しても大丈夫なのか非常に不安に思う人も多いと思います。

それでは本日は格安SIMを契約しようと思っている人に対して格安SIMがどんなものなのかお伝えしたいと思います。

格安SIMは本当にいいの?デメリットはないの?

格安SIMに関しての一般的なことをお伝えしたいと思います。すべての格安SIM会社に当てはまるわけではありません。

私も実際に格安SIMを利用しておりますが、格安SIMでよかったこともありますが、当然ですがデメリットもあるわけです。

そのデメリットに関して持論をお伝えしたいと思います。

・通信速度の遅い時間帯がある。
・端末を自分で調達する必要がある。(最近はセット販売のものも増えてきた)
・設定を自分でする必要があることが多い。
・通信ができなくなった場合(故障など)自己解決する必要がある。
・MNPをする時に現在利用しているスマホが利用できない期間がある場合がある。

これらがデメリットかと思います。一般的なデメリットを記載しておりますので、すべての格安SIM会社に当てはまるわけではありません。

そこは注意いただきたいのですが、結果的に自己解決できない人は持つことは難しいと思います。

一番困るのは故障時です。故障時は非常に難しい可能性が高いですね。

まずは故障をするとネットなどで検索して調べたいと思う人も多いと思いますが、バックアップ回線がないと故障している端末で検索などをすることができません。

そういうことを考えるとある程度自己解決できる人でないと厳しいでしょう。それが端末要因による通信障害なのかSIM破損などによる通信障害なのかということなどの障害の切り分けもある程度自分で解決する必要があるわけです。

その自己解決能力が高い人ならそれほど問題なく解決することが可能かと思いますが、そうでない人はやはりかなり厳しいと思います。

最大のメリット

最大のメリットというのはやはり料金です。キャリアと比較した時にほぼ間違いなく料金を下げることは可能となっております。

料金が下がるということはかなりのメリットです。というかそれ以外はメリットというのはあまりないのです。

お金を払うことに対して躊躇している人はいいと思いますが、通信障害などで通信できない期間などがあれば相当苦労します。

メリットとデメリットが両極端なことが多いわけです。

キャリアを契約し続けるメリット

キャリアを契約し続けるというのもメリットの一つです。キャリアを契約し続けるということは一般的に考えるとキャリアを契約し続けるということは高額な料金を支払続けるということです。

ただし故障時は近所にショップがあることが多いでしょう。ショップに駆け込むことができればたいていの課題を解決してくれます。

故障時は代替え機を貸してくれる可能性も高いわけです。また端末の保証などもそうです。結果的にキャリアと契約し続けるということで、様々なメリットがあるわけです。

そういうことを考えるとキャリアと契約し続けるということもメリットになるわけです。そのかわり高いことは引き換えになるわけですね。

よってピンポイントで格安SIMを利用したいと考える人もいるでしょうね。

普段はキャリアのSIMを保管しておいて一番安価な契約としておいておいて、格安SIMを利用するなんて人もいるわけです。

そういう使い方をする人もいるのです。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。