2018年に発売されるiPhoneに期待したい機能 ディスプレイ内蔵 指紋認証機能


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

2018年に発売される予定のiPhoneですが、期待したい機能というのはディスプレイに内蔵された指紋認証機能ではないでしょうか。

iPhoneXから指紋認証機能というものがなくなりました。

認証はFaceIDとなり、顔面認証ということになりました。この顔面認証ですが、基本的にはマスクなどを利用している人は利用することができません。

そのためFaceIDを利用しようと思ったらマスクを外す必要があるわけです。

便利なものはtouchID

FaceIDを利用している人はそこまで不便だと感じる人もいないかもしれませんが、touchIDも併用できるほうが間違いなく便利です。

ディスプレイ内蔵型になれば画面サイズは大きくなり、非常に便利なことがわかります。

iPhoneXは大きさとしてはiPhone8とあまり変わらない大きさでありながら画面サイズは5.8インチとなっているのです。

それはホームボタンがなくなったことにより、本体サイズを大きくすることなく画面サイズを大きくできたわけです。

またノッチというものを採用しノッチ部分も含めて画面サイズとなっているわけですので、5.8インチという大画面になっているわけです。

そのためiPhoneXの見た目を継承しつつ、touchIDを採用するのであれば、ディスプレイに内蔵するしかありません。

技術的にはできそう

ディスプレイにtouchIDを搭載することはすでに技術的にはできるようなのです。

GALAXYシリーズに関してもこのような噂は以前からありました。スマホの認証機能というのは最近かなり重要になってきており、スマホの認証をさらに便利にと感じる人も多いでしょう。

その中でもiPhoneというのは日本国内では約半数がiPhoneを所持しており、Androidよりもセキュリティ的にはきっちりしてほしいと思っている人も多いはずなのです。

それなら技術的にできるということで、2018年に発売されるiPhoneに関しては搭載してもらいたいですね。

後は技術的にできそうということと実用化とは少し別問題なので、期待はしたいところですが実際にできるのでしょうかね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。