Surface Pro 6世代目 大幅リニューアルで スペックも高性能になる可能性

SurfaceProの6世代目が今後大幅リニューアルで発売されるかもしれません。

Surfaceというのはマイクロソフトが発売しているいわゆるパソコンです。

Windows10Proが搭載され、中身に関してはスペックは非常に高いものとなっております。

最近ではビジネスの世界でも持っている人が非常に増えてきたという印象です。それの最新モデルであるSurface Pro6というのが、今後発売される予定になっているのです。

SurfacePro6の発売は2019年

SurfacePro6の発売は2019年になりそうですね。

SurfaceProシリーズというのは、6世代目で再設計されるという噂があるのです。

中身が更新されるわけではなく、刷新される可能性が高いということです。中身がリニューアルされるだけなら、そこまで驚きませんが、大幅リニューアルということで、非常に期待している人も多いのではないでしょうか。

大幅刷新されるということで非常に期待できるかと思います。

ベゼルレス、薄型には期待

大幅刷新ということで、中身は最新のものに置き換わるということは当たり前です。

中井だけではなく、やはり期待したいのはベゼルレス及び薄型ではないでしょうか。すでにかなり薄いSurfaceですが、iPadなどの形状を見るとまだまだ薄型にできそうですね。とりあえずそれなりに薄く作ってみたというレベルが今のSurfaceのような気がします。

本当に気合を入れて作るのであれば、さらなる薄型になる可能性があります。

またCPUにはインテルシリーズの採用は継続するようですね。インテルのCPUはSurfaceにもかなり提供しておりますが、今後もSurfaceには提供し続ける予定になっているようです。

最近ならQualcommもWindows用のCPUの発表がありましたが、Surfaceにはインテル製のものが使われるようです。

SnapDragon 1000シリーズをパソコン向けに新設予定

こちらにその情報が掲載されておりますが、1000という新しいモデルのCPUをQualcommも検討しているようです。こちらのCPUを採用する可能性が高いと思われます。

とはいうものの、Surfaceはいわゆるフラッグシップモデルとなっておりますので、CPUの変更などはある意味賭けの部分も多いと思います。

その賭けというのはCPUを他社製のものにすると売れ行きに影響するからです。それでもインテル製というのは今までの実績がありますので、今後もインテル製のCPUを採用する可能性が非常に高いと思われます。

廉価版モデルの発売

Surfaceが廉価版モデルの発売を行いました。廉価版といったところで、見た目はほぼ変わりません。

実際のところSurfaceの廉価版モデルといったところで、使えるのはWindowsです。スペックが若干抑えられているにしかすぎません。

こちらが廉価版のSurfaceとなっております。

最新のSurfaceがほしいと思っていた人にとっては若干残念な感じもしますが、とりあえずSurfaceがほしいと思っている人にとってはこれはかなりありがたいですね。

Surfaceというのは、いわゆるWindowsタブレットとなっており、iPadでも教育版のiPadが発売されるなど低価格化というものが進んでいるように感じます。

低価格なものというのは品質に直結しがちですが、コンピュータが世の中に出てきてからかなりの年月が経過しており、そこまで品質が劣化するということもほぼないかと思います。

教育用の廉価版Surfaceが発売されましたが、いわゆるProモデルの開発も並行で行っているので、6世代目というのは発売されると思われます。

Surfaceはほしい人にとってはかなりほしいタブレットなのです。最近ではビジネス用途に利用しているケースも非常に多くあります。

ビジネス用途に利用している人もSurfaceは結構使いやすいということのようなのでいいのではないでしょうか。今までの持ち運び用のパソコンと比較するとやはりCompactでかつ軽くなっているという印象のようです。出張などをする人は荷物がかさばるので、少しでも減らしたいというニーズにも答えているのではないでしょうか。

今後Surfaceというのは、どんどんシェアを伸ばしていくのではないかと思います。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。