• HOME
  • ブログ
  • iMac
  • Mac版 Google Chrome 67へのバージョンアップで 発熱がすごい かなり熱い

Mac版 Google Chrome 67へのバージョンアップで 発熱がすごい かなり熱い

GoogleChromeを利用している人もかなり多いと思いますが、GoogleChromeのバージョン67が出てきました。

個人的なバージョンは67.0.3396.87となっております。

こちらバージョンを確認したところです。

こちらPCならシステムモニタにあたる画面ですが、見てもらいたいのですが、エネルギー消費が本当にすごいです。

確かにかなりのタブは上がっているのですが・・・

Macの発熱がすごい

本当にMacの発熱がすごいことになっています。

今まではChromeを立ち上げただけではそこまでMacが熱くなることはありませんでした。

それがこのバージョンになってから発熱がかなりすごいです。

そのためバッテリーの消費がものすごいです。いつもの1.5倍のペースでバッテリーの消費が行われております。

普段なら4時間でも問題なくバッテリー不足に悩まされることはありませんでしたが、今は3時間起動でもうほとんどバッテリーがなくなりました。

カタログベースでは12時間のバッテリー持ちなのですが、とんでもない・・・といったところです。

それでも4時間程度利用できるので、Windowsよりマシか・・・といったところです。

Windowsより発熱はマシ

他に私はVAIOを所持しておりますが、VAIOはさらに発熱がすごいですね。

Chromeを起動していると発熱は本当にすごいです。Macどころの騒ぎではありません。

タブも5つくらい上げているだけでファンが普通に回りだすのです。

VAIOの2016年モデルを他で利用しているのですが、それと比較するとまだMacはマシなのかなぁ〜と思ってしまいますね。

VAIOの場合は原因はChrome以外にも普通にありそうですが・・・とにかくMacの発熱がすごいことになっているので、本当にこれは改善してもらいたいですね。

発熱さえ気にしなければMacは非常に快適

お恥ずかしながら実はChromeのタブは50くらい立ち上げています。

確かに発熱はあるものの、Mac問題ありません。

普通に立ち上がってくれるのです。そういう意味ではMacというのは本当にすごいなぁ〜と思いますね。

しかも私が普段利用しているものというのはMac BookAirです。

Mac BookAirというのはMac Bookの中では最もスペックが低い???モデルとなっておりますが、快適さではWindowsと比較すると本当にMacは素晴らしいと思いますね。

確かに発熱はありますが、それもChromeを利用している時だけです。サファリを利用すればそれほど気にすることはありません。

そういう意味でもMacは個人的にオススメできるガジェットの一つです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。