SnapDragon 710 新CPUが登場 ミドルハイのスマホに搭載される予定


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

SnapDragon710というCPUが登場しました。こちらのCPUというのはミドルハイのスマホに搭載される予定になっているようです。

SnapDragon710といってもわからない人も多いかと思います。

SnapDragonとは?

SnapDragonというのはQualcommが発売しているCPUの名称となっております。

SoCと呼ばれることもあります。SoCというのは統合パッケージのことで、スマホを動作させるためにはCPUだけでは動作させることができません。

CPUだけではなくそれ以外にも通信モジュールなどもあります。それらの統合パッケージとなっております。

SnapDragonというのはそれらの統合パッケージが入ったものとなっております。

そしてそのSnapDragonと呼ばれるCPUの710という新しい型番が発表されたのです。

SnapDragon710はミドルハイの位置づけ

SnapDragon710というのはミドルハイの位置づけとなっております。一般的に日本で発売されているスマホというのは、たいていのスマホにSnapDragonが入っております。

SnapDragonというCPUというのは、日本ではフラッグシップモデルでは8番台が採用され、ミドルレンジは6番台、4番台はローレンジに採用されるケースが非常に多いのです。

今回は6番台と7番台の間にあたる710というモデルが出てきました。

2018年でいえばハイエンドのものであれば、SnapDragon845と呼ばれるものがあります。

SnapDragon650というものはミドルレンジとして登場しております。これらのCPUはキャリアモデルで採用されるケースが非常に多く、スペック表を見てもわかる人も多いのではないでしょうか。

SnapDragon710はどのスマホに搭載された?

そしてSnapDragon710というスマホはどのスマホに搭載されたのでしょうか。SnapDragon710というスマホはXiaomiから発売されているMi8と呼ばれるスマホに搭載されました。

世界で初めて採用されたスマホとなります。

日本ではまだ採用実績はありませんが、スペック的には845までは不要という人にとってはぴったりなCPUとなります。

今後7番台というものが認知されると日本でも採用するスマホというものは発売されると思われます。

GooglePixel3に採用の可能性

今後GooglePixel3に採用される可能性があるとの情報もあります。

GooglePixel3世代目に採用されるということですが、Pixelシリーズはまだ日本でも発売はされておりません。

Pixelシリーズというのは、日本で発売を望む声もあるものの、残念ながら発売はされていないのです。

SIMフリーモデルならGoogleのホームページから購入することが可能なのですが、キャリアモデルとして登場していないため、残念ながら購入はできません。

Pixelシリーズも購入できるようにしてもらいたいですね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。