iPhoneXsPlus アイフォンXsプラス スペック 6.5 仕様 発売日 レビュー 価格 2018年モデル

2018年に発売されるiPhoneの名称はiPhoneXsPlusになるかもしれません。

iPhoneXの後継モデルとして発売されるiPhoneになりますが、大画面モデルの準備も行っているようです。

大画面モデルの画面サイズというのは6.5インチサイズとなる可能性が非常に高くかなり大画面になっているようです。

大画面モデル含めて3種類のiPhoneが2018年では発売される見込みとなっております。iPhoneは市場でもかなり人気のあるスマホとなっており、日本市場でも今の段階からほしいと思っている人はかなり多いと思います。

それではどのようなスペックになるのか紹介したいと思います。

iPhoneXsPlusのスペックを予想

iPhoneXsPlusのスペックを予想したいと思います。iPhoneXsPlusのスペックというのは、iPhoneXの後継モデルとなりますので、スペック的にはiPhoneXを引き継ぐと思っておいたほうがいいでしょう。

今の段階で出ているスペックを紹介しておきたいと思います。

CPUと呼ばれるいわゆるコンピュータの頭脳はA12と呼ばれるものを採用する予定となっております。A12というCPUというのは、7nmプロセス・ルールにて製造される予定となっており、スペックとしては非常に高くなると思われます。

現行のiPhone8などに搭載されているA11と比較しても30%程度はCPUとしてはよくなるものと思われます。

続いてRAMですが、こちらは4GBになると予想されております。iPhoneXのRAMの容量は3GBとなっており、それよりも容量が増える予定です。

RAMの容量が増えるとゲームなどをする時にカクツクということがなくなります。カクツクということがなくなるということは、ゲームなどを快適に行うことが可能です。

とはいうもののAndroidスマホと比較してもiPhoneに搭載されるRAMの容量というのはそこまで大きくはありません。

iPadPROと同じRAMの容量になるということです。

続いてROMの容量ですが、ROMは512GBまで対応させるようですね。512GBというとかなりの大容量のROMとなります。

そこまでの大容量のROMを搭載しているモデルというのもAndroidスマホでも非常に少なくなっており、市場の期待はかなり高まるかと思います。

市場としてもそこまで大容量のROMを搭載しているモデルというものはあまりありませんので、かなり期待できるかと思います。

動画や写真を大量に残しておきたいという人にとっては本当にオススメできるかと思います。

iPhoneXPlusは6.5インチモデル?

iPhoneXPlusは6.5インチモデルになるのではないかと言われております。

3つのモデルが2018年に発売されるといわれておりますが、その中の6.5インチモデルというのはiPhoneXPlusになると言われております。

大画面モデルというのが今非常に人気が高く、iPhoneでも液晶モデルで6.1インチのモデルが発売される予定になっております。

そのモデルは10月の発売になる可能性も高いと言われております。

iPhoneXPlusというのは6.5インチという今までにないくらいの大画面のiPhoneとなり、非常に期待できますね。

発売は9月の予定

発売は9月ごろになる予定となっております。2018年9月ごろに3つのモデルが同時に出てくるとも言われております。

3つのモデルというのはiPhoneの3種類のモデルです。

それならもう1つのモデルというのはiPhoneXsとなる可能性がありますね。iPhoneXの後継モデルの名称はiPhoneXsとなるのでしょうか。

Plusモデルとして現在名称で出ているものがiPhoneXsPlusなのであれば、iPhoneXsという名称になる可能性は十分にありますね。

sという名称はiPhone6s、iPhone5sなどに採用されていた名称のルールであり、iPhoneXからそのsルールが付与される可能性も高いですね。

6.5インチモデルに進化

こちらのiPhoneXsPlusは6.5インチとかなり大画面化として進化する予定になっております。

2018年に発売されるiPhoneの名称ですが、色々な説が出ておりますが、実際には6.5インチモデルの名称というのはiPhoneXsPlusになる可能性が高いです。

他にはiPhoneXsとなり、iPhone(2018)となる可能性が高いとも言われております。

基本的には、6.5インチモデルのiPhoneというのは、今までにないレベルの巨大なサイズとなっており、相当でかい画面になるでしょう。

大画面化してもiPhoneのクオリティは下がることはないかと思いますが、一番気になるのは画面の解像度などです。

画面の解像度は本当に気になると思います。基本的に画面の解像度というのは、大きくなればなるほど解像度はよくなる方向です。

大画面化することにより、他社から発売されているAndroidよりも1回り大きなモデルとなります。

大半のAndroid機種が6インチ未満です。それよりも大きくなるのです。一部のスマホで7インチ前後のモデルもありますが、そういうものは例外として6.5インチというのは今までにないレベルの大きさです。

ここまでの大画面モデルは今までなかったので、かなり期待できると思います。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。