2018 iPhone 6.1 アイフォーン スペック 発売日 価格 予約 予想 噂 まとめ


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

2018年に発売されるiPhoneの情報をまとめてみたいと思います。

2018年に発売されるiPhoneというのは、今のところ最新の情報ではiPhoneという無印のiPhoneになると報じられております。

今まではiPhoneというのはiPhoneの後に数字が入っておりました。

iPhone8とかiPhoneXとかです。それが2018年に発売されるiPhoneというのはその名称がなくなる可能性が高いということがわかっております。

それでは2018年に発売されるiPhoneというのはどのようなiPhoneなのでしょうか。

iPhone 2018年モデルのスペック予想

iPhone2018年モデルのスペックを予想してみたいと思います。

2018年に発売されるiPhoneというのはCPUがA12になると言われております。

A12 Appleの最新CPUは7nm TSMCの独占供給 消費電力低減に期待

こちらの記事を見てもらいたいのですが、A12と呼ばれるCPUというのはTSMCで製造されることがわかっております。

また独占供給になるということで、iPhone8の時と同様です。またプロセスルールが7nmになるということで省エネになるようですね。

処理能力に関してもA11と比較しても20〜30%程度処理能力がよくなると言われております。

処理能力に関していえば年々向上しているわけですが、非常に期待できる速度になるかと思います。

続いてRAMの容量ですが、iPadProでは4GBのRAMを搭載しているモデルも発売されております。iPhoneではまだ3GBのRAMを搭載したモデルしか発売されておりません。2018年モデルのiPhoneでは4GBのRAMを搭載したモデルに期待したいところです。

RAMの容量が大きいとそれだけいろいろなアプリを動作させることが可能となり、複数のアプリの立ち上げでも問題はなくなるでしょう。

トリプルカメラに期待

なんとトリプルカメラが採用される可能性があるというのです。

トリプルカメラというのは、今まで発売されたスマホの中でもP20 Proくらいしかありません。

これはかなり期待できるのではないでしょうか。トリプルカメラを搭載するモデルというのはまだ認知度も非常に少ないわけですが、トリプルカメラが採用されるのであれば、市場の期待もかなりのものになるかと思います。

トリプルカメラがiPhoneで採用されるということになると今後間違いなくトリプルカメラの市場というものは増えてくるでしょうね。

とはいうもののトリプルにするというだけで部材の価格もあがることは間違いないと思います。他にはトリプルカメラを1つの写真にする為のソフトの開発など結構難易度は高そうですね。

それでもトリプルカメラが搭載されるということは非常にいいことだと思いますので、かなり期待できるのではないでしょうか。

トリプルカメラの発売はなさそう

トリプルカメラの発売はなさそうです。残念ながらデュアルカメラとなっております。

ある意味これは仕方ないのではないでしょうか。デュアルカメラだったとしても当然ですが、かなり期待できることは間違いないでしょう。

iPhoneは写真撮影が非常にきれいにとれるため、期待できそうですね。

デュアルカメラを搭載するモデルというのは、5.8インチモデルそして6.5インチモデルの2つのモデルとなっております。

これら2つのモデルがデュアルカメラを搭載する見込みです。

6.1インチモデルも別途発売される予定になっておりますが、こちらのモデルではシングルカメラとなる見込みです。

ただし価格は安価なので、そこは諦めるしかなさそうですね。

シングルカメラ搭載モデルはLCDを搭載

シングルカメラを搭載するモデルというのはLCDを採用する可能性が非常に高いことがわかっております。

またそのモデルというのはiPhone8sという名称になるかもしれないということです。

iPhone8sというのはiPhone8の後継という位置づけのようですが、実際にはiPhone5cのような見た目になるかもしれません。

iPhone8cという名称ひょっとしたらなるかもしれませんね。

カラフルなモデルのiPhoneが発売される可能性が高いということで、注目度というのはかなり出てくると思います。

2018年モデルのiPhoneは6.1インチモデル iPhone 2018に

iPhone 2018というモデルも発売される見込みになっております。

そちらの名称というのは6.1インチモデルとなっているようです。iPhone 2018という名称になる可能性があり、他には無印のiPhoneということになるかと思います。

その無印のiPhoneというのが6.1インチのiPhoneとなる見込みになっているのです。

iPhoneの名称に関しては色々言われており、名称は未だに世の中に出てきておりません。

ただし今のところ最も信憑性の高い名称情報というのは、6.1インチモデルでiPhone 2018となり、6.5インチはiPhoneXsPlusもしくはiPhoneXPlusになるそしてiPhoneXはiPhoneXsとなる可能性が高いと言われております。

名称問題というのは非常に気になるところですが、名称問題を解決するためには実際の発表を待つしかないのかもしれませんね。

完全秘密主義のAppleから出てくる情報というのは発売日までないでしょうね。

6.1インチモデルがiPhone 2018となるかどうかに関してはまだ噂レベルとなっております。それでもおそらく名称としては間違いないかと思います。

単純なiPhoneという名称になるということは以前から言われていましたからね。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。