iOS13はiPadを中心したOSになる可能性が高い ファイルシステムが変更になる

iOS13という最新のOSの話題が出てきました。

iOS13というのはiPhoneやiPadに搭載されているOSとなっておりますが、iOS13はiPad中心の改修になっていると報じられております。

こちらのTwitterからの情報となっております。

iPadは現在のiOS11で使い勝手の向上などがかなり図られました。

この下にあるアイコンなどがiPadでは出て来るようになり、非常に高速にアプリを立ち上げることができるようになり、iPadを利用している人にとってはかなり便利な機能になったと言われております。

Twitterの内容を翻訳すると

幾分。 iOS 13「Yukon」には、アップデートされたファイルアプリを含む、iPadに特化した大きな機能アップグレードもあります。作品の中には、MacOSのようなアプリのタブ、同​​じアプリが並んでいるもの、Apple Pencilのものなどがあります。ホームスクリーンの再設計は、iPadに重点を置いています。

Twitterの内容を翻訳すると上記のような意味となります。

MacOSのようなアプリのタブが出てきたりと再設計はiPadに重点を置いているということです。

iPadに重点を置いているということなので、iPadを購入するのであれば、今年でもiOS13にアップデートされることは間違いありません。

iPhoneの変更はあまりないのか

iPhone側の変更はあまりないのか?ということが非常に気になるところではないでしょうか。

iPhone側の変更は現在のメッセージを見る限り読み取ることは出来ません。

iPhone側の変更というものはほとんどないのでしょうか。実際にiPhone側の変更というものはすでにiOSは完成されたOSに近いかたちになってきており、これ以上の変更はそれほど望まれていないということになるかと思います。

またユーザーインターフェイスが変更になるということに伴いユーザービリティの低減になります。

一番大きいのは問題点のブラッシュアップなどがあげられると思います。いわゆるバグやセキュリティの穴というものはiPhoneでも存在します。それらを防ぐということが非常にいいとAppleも考えている部分が強くあると思います。

iOS11が発表され、今年9月には正式にiPhoneやiPadに反映されることは間違いないということがわかりました。 そうなるとiOS...

こちらにiOS12の新機能などが掲載しているページがありますので、こちらも合わせてご確認いただければと思います。

iOSというのはもうバージョンが2018年で12までになってきたのですが、かなりのバージョンアップを繰り返しております。

特に大きな新機能に関しては不要なのではないでしょうか。

iPhone8 /Plusの購入はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

フォローする