サムスン 折りたたみスマホを開発中 GALAXY X?


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

サムスンは以前から折りたたみのスマホを開発しているといわれておりましたが、実際に折りたたみのスマホとして発売される可能性が非常に高いことがわかりました。

折りたたみのスマホというと最近なら「M」というスマホが発売されましたが、またそれとは異なるようです。

Z-01K 2画面 スマホ ドコモ M「Axon M」スペック ZTEが企画機種を提供

こちらがその折りたたみのスマホとなっておりますが、このスマホは本体が折りたたまれており、画面が折りたたまれているわけではありません。

ある意味企画モデルと言われているモデルとなっております。

画面が折りたたまれる

画面が折りたたまれるような見た目になっていることが特徴となっております。

画面が折りたたまれるというスマホは以前から噂されておりました。

プロトタイプに関しては3つのOLEDのパネルを搭載しており、各パネルの大きさは3.5インチになる予定となっており、折りたたみを開放すると7インチクラスの画面になる予定になっております。

大きさとしては7インチというのはかなり大きな画面サイズを誇る製品となることは間違いないと思います。

3つの画面が存在するということは、普段は折りたたんで利用する1つの画面のみを見るということになります。そして広げると7インチの大画面になるというわけです。

これは2019年のMWCにて発表されると思われます。

まだ1年近くありますが、このような製品が出てきたらかなり面白いですね。

価格は非常に高額になるのか

普段は3.5インチの画面を見て、動画などを見るときだけ7インチの内部のパネルを見るという形になると思われますが、スマホとタブレットの2つを持っているような感じのスマホになることは間違いないでしょう。

ただしこのようなものを開発することはかなりのコストがかかっていることは言うまでもありません。

そのためこのスマホの開発にはかなりのコストがかかっており、販売価格もかなり高くなるのでは?と予想されます。

OLEDパネルが3つあるということはそれだけでも部材のコストはかなりのものであると思われます。

部材価格がかなり高くなるので、販売価格にもフィードバックされるわけです。折りたたみのスマホというコンセプトはかなり面白いわけですが、実際に手にすることはできるのでしょうか。

どちらかというとそちらのほうが心配ですね。

引用元:thebell

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。