2018年に発売されるiPhoneは名称はそのままのiPhoneとなる見込み

2018年に発売されるiPhoneは名称はそのままのiPhoneとなる可能性が非常に高いことがわかりました。

現状ではiPhone8及びiPhone8Plus、iPhoneXの3モデルが発売されておりますが、実際のところこれに後継モデルの名称となるのであれば、iPhone9になるのかiPhoneX2になるのかそのあたりはまだ未定です。

そのままのiPhone

結果的にそのままのiPhoneのほうがしっくりくるのではないでしょうか。

とはいうものの何世代目かわかりませんので、巷ではiPhone9と呼ばれる可能性が高いですが、実際には9世代目というわけではありません。

普通に2018年に発売されたiPhoneと呼ばれるのか・・・そのあたりはどうなるのか今のところはわかりません。

それでも実際にはiPhoneはそのままのiPhoneとなる可能性が非常に高いと思います。

iPadもそのままのiPadとして発売

iPadもそのままのiPadとして発売されました。それから考えるとそこまでびっくりすることではないのかもしれません。

iPadはiPadとiPadProモデルの2つの呼び方があります。

それなら可能性としてあるのはiPhoneProとiPhoneという2つの呼び方になる可能性があります。

iPhonePro ○○インチモデルなんて呼び方になるのかもしれませんね。

Proという名称をつけるほうが実際のところしっくりくる可能性が高いのかもしれません。

3モデルのiPhoneが2018年に発売

2018年には3モデルのiPhoneが発売されると言われております。

3モデルのiPhoneというのは先程お伝えしたようにProモデルとして2種類そして普通のiPhoneとして1種類のiPhoneが発売される可能性があります。

すべてのモデルでiPhoneという呼び方になるのでしょうか。

そのあたりは不明ですが、やはり3モデルも発売されるのであれば、それなりに区別した呼び方にはしたいですね。

発売は2018年の9月ごろと予想されておりますが、呼び方に関しては直前まではっきりと決まりません。

そのためあくまで噂レベルの状態で9月を迎えることは間違いないでしょう。

2017年と同様に発表は9月に行い、iPhoneXのように発売は11月とかになるのでしょうか。

複数のモデルが登場するということで、そういう可能性も拭えませんね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。