総務省 4年縛りの携帯の契約の明確化 結果的に消費者はオトクとはいえない


   ドコモ契約ならドコモ光がお得    

ドコモ光契約でキャッシュバック 通信費が下がる

総務省が4年縛りという契約に関して明確にする必要があると述べています。

総務省はここ数年携帯のキャリアにかなりの制限を加えてきました。

そのため契約しづらいということを総務省主導のもとに契約出来ないということがかなり出てきております。

MNPは一部の人が儲けているためダメだということで、MNPでの高額キャッシュバックなどの禁止を言い続けてきました。

そのためキャリアとしてはスマホが売れないということで、新しいプランを色々出してきております。

4年縛りの説明義務

携帯電話の4年縛りの販売プランの説明義務
問:
 もう1問お伺いします。本日一部報道で、いわゆる携帯電話の4年縛りの販売プランについて、総務省が携帯大手などに販売時の説明を義務づけるという報道がありました。事実関係の確認と狙いを教えてください。
答:
 大手携帯電話事業者では、利用者が端末代金を4年間の割賦払いにして、2年経ったあとで新機種に買い替えて同じプログラムに入り続ける場合に限り、代金の支払いを最大半分まで不要にするプログラムを提供しています。
 このプログラムは、利用者が安く端末を買う、そういうメリットもありますが、途中で事業者を変更すると支払不要と思っていた代金の支払いを求められるため、事業者を変更しづらいというデメリットもあり、「4年縛り」と言われています。
 総務省で開催してきた「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」で取りまとめいただいた報告書では、利用者にはこういったデメリットもあることを理解した上で、このプログラムを選んでいただく必要があるとして、大手携帯電話事業者に利用者への説明を求めるべきとする提言をまとめていただいたところです。
 総務省ではこれを受けて、いわゆる4年縛りを大手携帯電話事業者や販売代理店による契約前説明の対象とする消費者保護ガイドラインの改正の手続きを進めてまいります。

こちら4年縛りの件に関して伝えられている質問と答えですが、元々4年縛りというものはありませんでした。

4年縛りはありませんでしたが、4年縛りになることにより、消費者というのは契約しづらくなることは間違いありません。

この4年縛りというのはauやソフトバンクが出しているプランとなっており、4年間で機種の分割を行うため2年間なら実質半額でスマホを購入できるプランです。スマホの価格が非常に高額になってきたことからこのようなプランが出てきました。

それに伴い、MNPをすることをしづらくなるということです。

4年縛りなどというプランは消費者にとってオトクか?

正直なところ4年も同じ事業者に縛られることは美味しいことではありません。

2年でも美味しくないわけですが、4年となればかなり縛られるわけです。とはいうものの4年間縛られるということで、かなり消費者としては辛いでしょう。

4年縛りというプランはその時に利用しているスマホを下取りとして出されるため消費者としてはかなり美味しくない仕組みです。

ソフトバンクの「半額サポート for iPhone」
auの「アップグレードプログラムEX」

これらの仕組みがその仕組みとなっておりますが、この仕組を利用して購入することは消費者としては美味しいとは一概に言えませんね。

そもそも下取りに出したくない人はかなり辛い仕組みでしょう。総務省は自分で自分の首を締めるという自体になっていることなのでしょうか。

スマホ業界はここ数年でかなり変わりました。今後も総務省はどのような規制をもうけるのでしょうか。結果的にキャリアとのいたちごっこになっているのではないでしょうか。

ソフトバンクへのMNPで高額キャッシュバックをもらいたい人

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。